語学留学先を決める前に知っておきたい国の選び方

英語を身につけるために留学する人の

最初の選択は国選びから始まります。

英語を学べる母国語が英語圏では

アメリカ、カナダ、イギリス

アイルランド、オーストラリア

ニュージーランド、マルタがあります。

母国語が英語圏ではないけれども

英語を学べる国では

フィリピン、フィジーがあります。

国選びにあたって4つの基準で

選んでいくとスムーズに選択できますし

僕はこの4つから逆算して

決めていったのでご紹介していきます。

1:気候の違いを把握する

留学先の国選びには様々な要素が絡みますが

まずは、自分が過ごしやすいと感じる

気候の国や都市を選んだ方がベターです。

長期間滞在となると、気候が合わないと

滞在自体がストレスになり

勉強がはかどらないなんてことも

よく聞く声です。

寒さが苦手な人は、暖を求めて。

暑さが苦手な人は、雪を求めて。

そんな感じで、気候に合わせて

国を選ぶことをオススメします。

寒さが苦手な人は

アメリカ@フロリダ

オーストラリア@ケアンズ

フィリピン@セブ島

フィジー

などが良いと思います。

逆に、暑さが苦手な人は

イギリス

カナダ

ニュージーランド(日本が夏の期間)

オーストラリア(日本が夏の期間)

という選択肢があります。

ただし、同じアメリカ大陸でも

シカゴやトロントの冬はー10℃〜20℃

という寒さが待っていますし

西側の海沿いの

バンクーバーは、北に位置する割には

真冬でも厳寒になることは少なく

雪の日よりも雨の日が多いです。

真冬の気温は日本の東北地方の冬と

そんなに変わりません。

僕は、寒さが苦手なので

セブ島を選択。

そして、彼女がどうしても

カナダに行きたいとうるさいので

トロントは生き地獄に

なること間違い無しなので

バンクーバーにしてもらいました。

2:趣味や相性で選ぶ

スノボやダイビングなど

現地ならではのスポーツがしたい

観光を楽しみたい

のんびりしたい

などなど。

英語の勉強以外に

やりたいことがあるなら

その目的に合わせた国を選ぶことも忘れずに。

また、英語を習得したあとに

専門的な勉強をするために

専門学校や大学へ進学することを

視野に入れているなら

その分野が進んでいる国を

選んでおいた方がベターです。

また、文化や民族性で

興味のある国を選ぶということもアリ。

アメリカ人の明るさが好きという人。

世界一住みやすい国と言われる

カナダの都会と大自然の融合に心惹かれる人。

イギリス文化の紳士感がいいという人。

アイルランドの素朴さが魅力という人。

オーストラリアの自由溢れる開放感に触れたい人。

ニュージーランド人の暖かさと大自然に惹かれる人。

また、交通や生活に便利な都会がいいか

のんびりとした自然に囲まれて

勉強に打ち込める環境がいいか

というのも選択のポイントです。

セブ島は、ダイビングスポットで

有名ですので、満喫しようと思っています。

バンクーバーの都市も超楽しみですね。

3:予算で選ぶ

留学先選びの大きな要素として

お金の問題です。予算です。

留学の費用は学校によっても異なりますが

費用の相場は国によって変わりますし

都会か地方かによっても変わります。

国によっての違いは

その国の通貨の強さによって変わります。

つまり、物価です。

都会と地方の違いは、日本でも同じような

現象が見受けられます。

ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンの

大都市は高価格です。

続いて、バンクーバー、シドニーなども高い。

都市部では、授業料だけではなく

滞在費などの生活費も高いので

安い国と比べると1.5倍くらい

合計費用が変わってきます。

だったら地方の方がいいのかというと

地方では学校の選択肢が少ないのです。

なので、学校選びのリスクが高くなります。

短期のコースがあまりないし

小規模校が多いのでクラス分けも

かなり大雑把。

試験準備コースでは

都市部の学校の方が

水準が高いという例もあるくらいです。

当初は、

マルタ⇒バンクーバーorバンクーバーのみ

という予定でいましたが

その後、世界一周するので

予算を抑える方向に。

セブ島は、授業全てが

プライベートレッスンの割に

安かったので、セブ島にしました。

4:ビザの特徴

学生ビザを取得したり

ワーホリビザを取得したり

色々な情報が飛び交っていますよね。

でも、正直な話、ビザランをすれば

ビザはなくても大丈夫です。

滞在日数がギリギリになれば

一度国外へ観光に行き

また戻ってくるということを繰り返せば

数ヶ月間は大丈夫です。

僕らは、セブ島に3ヶ月間滞在しますが

留学先の日本人生徒は

みんなビザランをしていると

言っていましたので。

つまり、どこを選んでも一長一短です。

初の留学で英語を習得するのが目的なら

どの国を選んでも大差はないでしょう。

過ごしやすい国、過ごしてみたい国

そして、費用で選んでいくと

スムーズに選択出来るはずですよ。

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!