ノマドワーカーの必勝戦略

ノマドライフを目指して

「◯◯を始めたのですが上手く行きません!」

という質問をよく頂きます。

 

上記の◯◯には

・情報ビジネス
(コンサルティングなどを含む)
・アフィリエイト
(マッチングビジネスなどを含む)
・転売
(バイヤー業などを含む)

などがよく入ります。

 

転売をやっているけど上手くいかない…
アフィリエイトをやっているけど上手くいかない…
情報ビジネスをやっているけど上手くいかない…

などなどです。

 

そして、上記と同じくらいの量で

「やっぱり情熱や知識などがなければ
上手くいかないのでしょうか?」

という質問も頂きます。

 

これはビジネスの原理原則になるのですが
ビジネスの成功というのは

『情熱×リソース×需要』

この3つが掛け合わさって初めて
ビジネスは上手く回っていきます。

 

1:情熱

2:リソース

3:需要

 

この3つが掛け合わされば
どんなビジネスでも
必ず成功します。

しかし、どれか1つだけでも欠けていたら
まず上手く行きません。

稼げなくても続けたい気持ちがあるかどうか。

情熱『だけ』では成功はできませんし
情熱がなくても成功しません。

強い情熱があれば

・稼ぐ方法を必死で模索したり
・最新のノウハウや知識を勉強したり

と熱がないビジネスの何倍も
何十倍も行動的になれます。

また継続する事も苦ではないので
必然的に成功確率は高まりますし

×稼ぐ

ではなく

◎稼ぎ続ける

ことができます。

 

しかし、『情熱だけ』では
物事は上手くいきません。

 

たくさんの方にコンサルティングをしてきて
感じているのは・・・

「女性」は好きな事で儲けようとする

「男性」は儲かる事を好きになる

という傾向が強いです。

 

ある意味で、男性は
お金儲けそのものに
情熱があるとも言えます。

情熱の定義は難しいのですが

お金儲けへの情熱
ビジネスモデルへの情熱
扱っている商品への情熱
教えてくれている先生やメンターへの情熱
関わる仲間への情熱
お客さまへの情熱

など、様々あります。

どれかに情熱があれば、興味がない分野の
何倍も自然に努力できますし継続できます。

しかし…

「情熱があればソレでいいのか?」

と言えば、答えはNOです。

『リソース(資源)』が必要になります。

リソースとは

「見込み客リスト、知識、経験、資金
スキル、ブランドや信頼、人脈など」

に当たるのですが、リソースがあると
自然に成功は早くなります。

例えば、インターネットやパソコンが
得意であればネットを使った
ビジネスは比較的簡単にスタートできます。

しかし、パソコンを触った事もない人が
ネットを使ってビジネスをやろうとすると
タイピングから覚えないといけません。

パソコンが得意な人が1つのメールを
10分で書けるのに対して、苦手な人は
何日もかかってしまいます。

また見込み客リストを持っていたり
その分野の知識があれば
成功はもっとスピーディになります。

Amazonが急成長した理由とは?

例えばあなたが
ミカンを売ろうと思っていて
ミカンが大好物の人たちの
個人情報をたくさん持っていれば

「日本では珍しい最高のミカンあるぜ!」

とメール1本するだけで買ってくれます。

ビジネスで最も難しいのは
ゼロからイチにする時です。

特に見込み客リストも
知識もない新しい事業に
チャレンジする事が
一番労力がかかるのです。

新規見込み客リストを獲得するのには
時間とお金がかかります。

 

例えば、整体師さんや
マッサージ師さんに
この傾向が多いのですが

「本業があまり儲からないので
ネットを使って別事業を
やろうと思います」

という人がいます。

これはまた別の記事でお話しますが

『過去の延長線上にビジネスの種は転がっている』

ケースの方が多いです。

整体師さんの業界を詳しくは知りませんが
恐らくですがまだやっていない事
やれていない事が
たくさんあると思います。

何年も整体師をやってきた方であれば
顧客リスト、知識、スキル、人脈、信頼が
あるはずです。

それらを放り投げて、全くリソースのない
分野に飛び込むのはリスクが高すぎます。

今の時代、インターネットを
使う事は賛成ですが

『過去の延長線上に
 ビジネスの種は転がっている』

ことを意識して、まだその分野で
やれることはたくさんあると思います。

例えば
『ライバルが満たせていない欲』
をついた市場やサービスを探してみる。
他業種のマーケティングを取り入れてみる。
などたくさんあります。

僕はこういう考え方を活用して
地域でリサイクルショップを
営んでいました。
(今では事業を譲渡したのでやっていません)

出張買取専門という
リサイクルショップまで
持っていくのが面倒な人の
欲を満たすサービスです。

そして、買取業はあくまでも
フロント商品です。

そこから
お部屋の掃除
屋根の修繕
物販
引っ越し
遺品整理
などお客さまに合わせて
色々なビジネスラインに
乗っけていくのです。

買取業以外のサービスは
すべて紹介役に徹していたので
自分は何もしていません。

信頼のできる専門業者を
紹介してくれるからお客さまは嬉しい。

お客さまを紹介してくれるから
専門業者も嬉しい。

僕も嬉しい。

 

そういうことを
Amazonの機能にある
「この商品を買った人は
こんな商品も買っています」
というマーケティング要素を
取り入れただけで
利益が倍に跳ね上がったりするのです。

 

こんな事をやっている
リサイクルショップはないので
かなりいい感じでした。

 

今の仕事が死ぬほど嫌い
なら仕方がないですが

『稼ぐ』

ことが最優先の目的でしたら
知識も経験もリストもない分野に
いきなり飛び込むよりも
過去の経験の上からアイデアを
深く掘って出した方が
成功のスピードも確率も高くなります。

学生だし。サラリーマンだし。主婦だし。

という意見も聞きますが
営業マンであれば営業のスキルや人脈があり
少なくとも働いている会社の市場内のことは
素人よりも詳しいはずです。

その市場のニッチや、ライバル達の弱みも
見えやすいと思います。

主婦にしてもそうです。
主婦1年目の人からしたら
かなり詳しいはずです。

学生もそうです。
学生1年目の人からしたら
一人暮らし1年目の人からしたら
かなり詳しいはずです。

誰でもリソースは持っています。

情熱があってリソースがあればいいのか?

と言えば、これまた答えはNOです。

 

わかりやすい例で言えば職人さん。

職人さんは情熱もリソースもあります。

ものづくりが大好きで
長年培ってきた技術や経験もあります。

しかし苦しんでいる人が
たくさんいます。

なぜならビジネスで最も大切な
『需要』がないからです。

需要を生み出す力。
価値を適切に表現する力。

これらがないからです。

 

需要とは

「ある一定数の人が
お金を払ってでも解決したいと思い
積極的に探している状態」

です。

 

『ライバルが満たすことの
 できていない欲や問題』

をビジネスの世界では
『ニッチ』と呼びますが
このニッチでなければ
勝てることはできません。

ライバルや他の人が既に提供していれば
その人達との価格競争になるだけです。

 

例えば、流行している
『転売(せどり)』がありますが

「海外のアマゾンで仕入れて、日本のアマゾンで売る」

などと、歪みや価格差を利用した
さや取りビジネスがあります。

このモデル自体は素晴らしいのですが
多くの人が同じことをやるので
飽和しやすいです。

 

つまり情報商材でノウハウが販売され

「これを仕入れれば儲かるよ」
「こういう売り方をすれば儲かるよ」

と公開された時点で
仕入れが高くなり
販売価格は安くなります。

 

差益がとれなくなるか
市場に同じものが溢れるので
売れなくなるのです。

同じような場所から仕入れて
同じような場所に売る

これでは、ビジネスの大原則である

「安く仕入れて高く売る」

の真逆を行く羽目になります。

 

当然ですが、転売で儲けている人は
多く人が目をつけていないけど
需要がある商品やサービスを扱っています。

もちろん、同じものを仕入れて
同じ場所で売っても勝てる方法はあります。

 

『付加価値』をつけたり『売り先を変える』ことです。

 

例えば、僕は先日ドローンを購入しました。

みんなが同じようなテンプレートを使い
同じような文面で、同じような価格で売っています。
しかも同じような場所で。

ここで上手だなと思ったのは

「ドローンの細かい取扱説明書」
「保証期間2年」

などをつけて、ライバル達と差をつけます。

 

「買おう」と思っている僕は

「どうせ同じもので同じ値段なら
特典のついている方から買おう」

と思って、付加価値がついている人から
買いたくなります。

また売り先を変えるのも1つの手です。

例えば、みんながアマゾンで
売っていたとしたら
ヤフオクで売ってみる。

みんながネットで売っていたら
オフラインで売ってみる。

など、やり方は色々とあります。

話し出すと止まらなくなるので
この辺りで終わりにしますが
もしあなたが
「ビジネスが上手く回らない」
と思っていたら

情熱
リソース
需要&ニッチ

このどれがが欠けている可能性が高いと思います。

 

【ノマド力が飛躍的に向上する記事】

【旅好きは必見!クレカとマイルの裏ワザ集】

 

 

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する