なぜワーホリや留学でカナダに長期滞在の場合は現地で銀行口座開設した方がいいのか?

ワーホリや長期留学でカナダのバンクーバーやトロント、カリガリーなどにやってきた時に、まず、やっておくことと言えば、SINナンバーBCIDの取得を挙げられることが多いんですが、もう1つあります。

それが今回お伝えする現地の銀行での銀行口座開設です。

カナダでは、現金を持ち歩くという習慣が無く、多くの人が「デビットカード(銀行のキャッシュカード)」か「クレジットカード」を使用して普段の買い物をしています。そして、 ほとんど全てのお店でこれらのカードが使用可能です。

驚いたのは、屋台や移動販売でもカードが使えるという点です。東南アジアじゃ考えられません。いや、日本でもか。

そんなカナダの文化的背景を踏まえて、なぜ現地で銀行口座を開設した方がいいのかについてまとめてみました。

カナダで銀行口座を開設するメリット

f:id:libertyfactory:20160720032912j:plain

一番大きなメリットとしては、小銭を持ち歩かなくて済むのはもちろん、セキュリティー面からも安心出来る点です。なので、長期で滞在する場合は現地で口座を開設する事をオススメします。

国際プリペイドカードやクレジットカードではなく、なぜカナダの銀行口座開設をオススメするかというと、カナダの銀行口座を開設してもらえるキャッシュカードは、デビット機能付きのキャッシュカードなんです。

つまり口座にお金を入金すれば即日利用できますし、お金が手元に無くてもお店で使えますし、ATM引き出し手数料もかからないので無駄や手間がかからないというのが大きなメリットだと思います。

さらに、クレジットカード発行の際に必要な審査はないので誰でも入手できるという手軽さが嬉しいです。

給料の受取は現地銀行口座のみ

語学留学ではなく、ワーホリでカナダに渡航したとします。すると、きっと、どこかしらで働きますよね?

働いて得るお給料は、手渡しではなく現地の銀行振込が基本なので、現地で働く場合は必ず現地の銀行口座を作っておかなければいけません。

円高の際は、一工夫しよう

もちろん、マイラーにとっては、マイルが貯まるクレジットカードで決済をしてマイルを貯めていきたいところです。むしろ、それは基本中の基本でしょう。

そして今はカナダドル円約81円という円高の波が来ているので、日本発行のクレジットカード決済がお得です。しかし、カナダドル円が85円、90円と円安になっていったら損益的に損をしてしまうので、頃合いを見て使いこなすのがベターだと思っています。

ワーホリで働いたお金はカナダドルでもらうはずですから、円安になればなるほどカナダドルで消費する方がお得ということなんです。その場合は、積極的にカナダの銀行口座に入っているお金を使うのがベストです。

f:id:libertyfactory:20160720031521p:plain

引用:yahooファイナンス

ここ10年のカナダドル円の為替の推移図を見ても分かる通り、カナダドル円が80円を下回ることがそうそうありません。この辺りのバランスを見極めたいところですよね。

必要生活費を細かく分けると見えてくること

カナダでの滞在に必要な生活費は何があるでしょうか?そして、それらはカードで支払えるものでしょうか?それとも現金でしか支払えないものでしょうか?

この辺を整理しておくと見えてくるものがあります。例えば、僕の場合を例に出して考えていきましょう。

今は、カナダドル円81円という円高です。つまり、日本円を持っている僕からすると、割安で滞在出来ているんです。

今のカナダドル円81円という数字がここ10年間の為替のおおよその平均である90円くらいまで上がると、僕としては損をします。81円の頃から比べて「カナダでは約10%物価が上昇したという体感」になるんですね。

なので、僕としては、滞在中に必要な経費のほとんどを今のうちに支払っておきたいと考えます。

となると、真っ先に思い浮かぶのが家賃です。これはカード払いができないので、早めにカナダドルに変えておきたいところです。これは、貯蓄が許す限りですが、1年分の家賃+αを楽天銀行のオンライン海外送金サービスを利用してバンクーバー内で両替レートが一番良いとされているVBCEへ入金。

一気にカナダドルに変えて、残りは日本発行のクレジットカードで過ごそうと考えます。VBCEでの両替は高額になればなるほど専用レートが適用されるのでかなり良くなります。

と考えていましたが、実際にやってみるとクレジットカードを使った海外キャッシングで現地のお金を引き出すのが一番お得な方法でした。

海外キャッシングについての詳細は、下記記事を読んでみてください。

参考記事:【網羅】初めての楽天カード海外キャッシング!自動リボ払いを回避して繰り上げ一括返済するまでの流れ

カード払いできない大きなお金は円高のうちに変えておくのが鉄則です。逆に、渡航したタイミングが円安だった場合は、少し様子を見ながらという感じになると思います。

カナダでのクレジットカード利用には注意が必要

カナダでは日本で発行したクレジットカードを利用することも可能ですが、VISAかMasterしか使えないと思っておいた方がいいです。JCBやアメックス、ダイナースを使える場所がほとんどありませんので、ビックリしました。

そのため、渡航前にVISAかMasterを作っておいた方がいいですよ。

僕の相方は、マイルを貯めるカード(使いたいカード)がJCBのソラチカカードしかなく「カードが使えない。どうしよう・・・。」と絶望していましたので。

これらの体験を踏まえて言えることは、アジア圏ではJCBでの優遇が多いのですが、まんべんなく海外に行くならVISAかMasterの所持は必須です。出来ればVISAの方が使える場所が多いのでVISAをオススメします。

まとめ

そもそも、カナダでワーホリで働くとなると、カナダでの銀行口座が一部の職場を除いて必須になります。つまり、お給料の受け取りがカナダドルの為替での銀行振込が基本ですので、銀行口座開設しなければいけません。

語学留学での滞在の場合は一見不要なように思うかもしれませんが、プリペイドカードが盗まれた、クレジットカードがスキミングされた、財布を落としたなど、万が一の事を考えると口座を開設しておいた方が良いです。

特にVISAやMasterを持っていない方は、あると便利ですよ。

大量の現金を日本から持ち込んで、それを保管するのもいいですが、リスクがありますし心理的ストレスも抱えますからね。

生涯旅人というライフスタイルを構築する方法


・ハワイ行きのビジネスクラス航空券を無料でゲットする方法
・70%OFFになるホテル予約術
・ワガママなワイフスタイルを構築する方法
など、貯金を切り崩して旅をするのではなく、旅がライフスタイルをするために役立つ情報が満載です!

そして、何やらここでは言えない期間限定の 『超豪華特典』が付いています。

今のうちにゲットしてくださいね。
それでは、メルマガでもお待ちしています。