旅行を仕事に出来るチャンス!?Pokemon GOから学ぶ新しい世界一周や旅の仕方

ブログでは、結構真面目なことをつらつらと書いていますが、僕は根っからのファニーボーイです。世の中を少々フザケた視点で眺める傾向がありまして、ふとこんなことを思いついたので書いておこうと思います。

Pokemon GOと共に世界へ旅に出る青年の物語

ポケモンというのは、本来モンスターを倒しながらラスボスを倒しに行くというRPGゲームですよね。ですが、僕が知っているポケモンには、もう1つロマンがあった気がします。

それは、ポケモン全種類をモンスターボールに収めて、ポケモン図鑑を全部コレクションするというものです。僕の時代では、ポケモンの緑と赤でして、150匹全て揃えるとポケモン図鑑が完成するというものでした。いや、正確には、隠しキャラの「ミュウ」というものが存在して、151匹揃えて始めてポケモンマスターと言われるような時代でした。

ふと、思い出すだけで当時の記憶が鮮明に蘇ります。

わざわざクリスマスプレゼントに親からゲームボーイコネクタを買ってもらったりして、友達とポケモンを交換していたのが懐かしい思い出です。自分では捕まえられなかったポケモンは交換するという手法がブームとなっていました。

ピカチュウ、カイリュウ、ヤドラン、ピジョン…

そんなポケモンですが、初代ブームの渦中にいた僕は当時流行りに流行った「ポケモン言えるかな?」という歌詞がポケモンの名前しかない歌のCDが大好きでした。それを借りてきて、カセットテープにダビングして擦り切れるくらい聞きまくった記憶があります。

そんな初代ブームが落ち着くと、どんどんついて行けなくなっていきました。

金・銀が出たり、プラチナが出たり、ポケモンの種類も増え、もう何が何だかさっぱり分からなくなっていったのです。

僕が高校生の時に、小学生のいとこがポケモンをやっていたんですが、もう見たこと無いモンスターばっかりでした。

さらに進化を遂げたポケモン

今まではゲーム機でプレイするのが当たり前だったポケモンも、今となってはソーシャルゲーム流行の波もあって、スマホでGPS機能を駆使して出来るにまで進化を遂げたんですね。本当に素晴らしいです。

今、カナダにいるので、実際にダウンロードをしてやってみているんですが、本当にすごいです。本当に冒険している気持ちになれます。

だって、家のバルコニーにゼニガメがいたりするんですよ。

f:id:libertyfactory:20160720074551j:plain

これはすごいと思ったし、確かに熱中しすぎて危険だと言われていることもすごく理解できます。基本的に僕ら人間が外を歩かないとストーリーを進めることが出来ないし、ポケモンもなかなか現れてくれないので、歩きスマホをせざるを得ないゲームです。

やっぱり危険です。しかもこれを子供が手にしようもんなら、車の運転により一層の注意が必要になってくることは間違いないと思うので運転手側は、かなり恐怖です。

本当の意味でポケモンマスターの旅に出たらどうなるんだろう?

そういう現実的なことがパッと思い浮かんだんですが、少しフザケた視点でPokemon GOを眺めて見たのですが、結構現実的になりそうだなと思うので、色んな事を考えて大人の目線と子供の目線をごちゃ混ぜにして読み進めて欲しいんですが…

例えば、旅というものには色んな目的がありますよね。

世界中の食を探究したり、世界中のお祭りを探究したり、世界中のファッションを探究したり、世界中の文化を探究したりして色んな人が色んな旅をしています。

最近では、髪を切りながら世界一周をしたり、マッサージをしながら世界一周をしたり、ドローンで空撮しながら世界一周をしたり筆文字を書きながら世界一周をしたり、自分の持っているスキルと旅を融合させたコンセプトを創造して旅をしている人がいたりします。この人達も本当に面白い。

でもね、そんな強烈なコンセプトを持った旅人に負けじと、こんな旅もありだと思うんですよ。

Pokemon GO×世界一周の旅

それがPokemon GOをメインコンセプトにした世界一周の旅です。

モンスターボールを持って世界一周しながら、日々のPokemon GO実践日記を綴りつつ、インスタやyoutubeでも情報発信していってポケモンマスターだけではなく人生のマスターになっていく旅です。

こんな世界一周の旅をすれば、瞬く間に世界中の人気者になること間違いないんじゃないかなと思います。

ブログでは、すぐに大量のアクセスが集まってアドセンス広告を貼っていれば会社員の給料なんてすぐに超えるだろうし、例えば宿泊先のホテルやゲストハウスでポケモンを捕まえている写真とともに、ホテルレビューなんかの記事を書けば、アフィリエイト報酬にも繋がったりしますよね。立派なブログアフィリエイトです。

そんなノリで、ウユニ塩湖で捕まえたポケモンの写真をinstagramでアップする。マチュピチュで捕まえたポケモンの写真をinstagramでアップする。ピラミッドで捕まえたポケモンの写真をinstagramでアップする。ラスベガスで捕まえたポケモンの写真をinstagramでアップする。

はたまたモンゴルの大草原で、カビゴンなんかを捕まえた日には興奮して夜も眠れないだろう。

まだまだ組み合わせを考えたら色々出てきますよね。

ミュウツーとのツーショット写真。ピカチュウとガンジス川。リザードンとケニアのライオンを並べて「さあどっちが強い?」みたいなバトル的な写真もありかもしれない。

そんな事を、ブログをプラットフォームにして、instagram、youtube、facebook、twitterなどのSNSを駆使して本気でマーケティングを仕掛けていくような旅人が見てみたいです。きっとすごく儲かる気がします。

  • instagramのアカウントを育てる⇒ブログ誘導
  • facebookのアカウントを育てる⇒ブログ誘導
  • youtubeのアカウントを育てる⇒アドセンス収益で稼ぎながらブログ誘導

そして、ゲットしたポケモンを、販売する。(規約的に良いかどうかは分からんw)

そんな調子で展開していくと瞬く間にブログアクセスは100万PVとなり、その旅人はこう名乗り出すだろう。

「僕の仕事は、ポケモンマスターです」と。

そんな次元を超えた一世を風靡する職業を名乗る人が出て来る日はそう遠くはない気がしています。

気づいたら、youtuber、instagramerの称号を同時に手に入れて、カリスマブロガーと呼ばれて、いつしかPokemon GOの非常勤企画アドバイザーみたいな感じで開発メンバーに入っていたりして。

しまいには、自分のアカウントごとM&A的ノリで売却するなんてことまで成し得るかもしれないしね。

一気に億万長者ですよ。そして「ピカチュウと世界を旅したら億万長者になった物語」という書籍まで出版して世界的ベストセラーになるみたいなね。

と、バンクーバーの自宅の前で、ゼニガメをゲットしながらふとそんな事を考えておりました。

これも旅を仕事に出来る1つのネタだと思います。かなり大きな市場になっていることが分かっているので、ポケモンが好きな人は目指してみるといいかもしれません。

さらに英語を学んでおくと、攻め込めるマーケットが一気に拡大して、リーチ層の単位が1桁変わるので、受け取る収入も1桁変わることでしょう。

さあ、ポケモンをやりながら旅の準備と英語の勉強を進めましょう。

まずは、英語の体験レッスンを受けて体験を将来の先取りしましょう。ポケモンマスターの称号があれば、金髪美女のお姉さんを簡単に口説けると思いますよ。

口説き文句だけは頭に叩き込んでおいて損はないと思います。

金髪美女の英会話講師と無料レッスンしてみる

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!