不労所得生活中のノマドワーカーのブログマーケティング戦略とは?8月の月間PV数とメルマガ獲得数の推移

2016年8月のブログアクセス数とメルマガ獲得数

さて、まずは、2016年8月の結果から。

▼月間PV数 (35,116PV)

前月比997PV増

f:id:libertyfactory:20160901104722p:plain

▼月間メルマガ会員獲得数 (394名)

前月比45名増

総メルマガ会員数 2,847名

f:id:libertyfactory:20160901105713p:plain

ブログ更新しなくてもアクセスが安定していたので、丸一ヶ月更新しないとどうなるのか?という夏休みの自由研究がてら更新もメンテナンスもせずに放置してみました。

アクセスが落ちたり、メルマガ獲得数が減少するかなと思ったのですが、むしろ増えてしまいました。

でも、このまま完全放置というわけにはいかないと思うので、月に2〜3記事くらい更新していこうと思いますが、完全なる不労所得化に成功したと言えますね。

売れるブログの完成です。

上記データのブログをキッカケに生まれる収入は毎月30〜50万円とそこまで多くはありません。

しかし、完全に不労所得になっていることや会員制ビジネスになっているため毎月の収入の予測が把握できるというのが非常に優れた点です。

僕が不労所得に一番ロマンを感じる点は、自分が過去にやったことが、放っておいてもずっと誰かの役に立ち続けているということです。

自分がその場にいないと価値が生まれないというわけではなく、自分がいなくても価値が生まれ続けているということって凄いことだと思うんですよね。

言ってみれば、電柱や水道管のようなもので、最初に整備すれば後はメンテナンスだけしていればいいし、メンテナンスが手間であれば誰かにお願いしちゃえばいいわけです。

お財布も心もこんなに安定するビジネスモデルはなかなか無いように思います。

ブログを頑張っている方、起業して頑張っている方、これから副業で頑張っていこうとしている方には、ぜひ、不労所得を意識してビジネスに取り組まれることをオススメします。

自分一人で経営していた店舗ビジネスで平均月間利益100万円稼いでいたこともありましたが、こっちの収入の方が遥かに自由です。

労働して得た100万円よりも、労働しないで得る30万円の方が遥かに自由なんです。

世界中どこにいようが、旅をしていようが、趣味に没頭していようが、病気で入院していようが収入が入る続ける仕組みを作っておくことは、人生をより自由に豊かにしていきます。

ノマドワーカーのマーケティング脳を解剖

上記画像を元に何を基準にどこを大切にしていけばいいか?

僕が大切にしているマーケティング戦略に基づいて、僕なりの数字の読み解き方を解説していきます。

クリック数・・・773回
メルマガ登録・・・394名
メルマガ登録CV・・・50.97%
ブログPV数・・・35,116PV

まずは、これらの数字がどういう意味をなしているのかについてです。

「クリック数」というのは、ブログ内に貼り付けてあるメルマガ登録ページにクリックしてくれた月間の合計回数です。

なかには、数回クリックしてくれている人もいるので、人数ではなくあくまでも回数です。

2016年8月は、僕が運営しているブログを合計で35,116ページ閲覧があったのですが、メルマガ登録URLに773回クリックしてくれていたということになります。

つまり、1,000ページ閲覧ごとにメルマガ登録URLに22回クリックしてくれる計算になります。(クリック773回÷35,116PV=クリック率2.2%)

そして、クリック数が773回あるうちの394名のメルマガ登録に繋がっているので、メルマガ登録URLにクリックしてくれた人の50.97%がメルマガ会員になってくれています。

つまり、メルマガ登録URLにクリックしてくれた人の2人に1人がメルマガ登録してくれているということになります。

ここから数字を紐解いていくと、1,000ページ閲覧ごとにメルマガ登録URLに22回クリックしてくれた。

そして、そのうちの50%は登録してくれています。

つまり、1,000ページ閲覧があるごとにメルマガ登録者を11名獲得出来る媒体だということです。

なので、1日あたりの平均メルマガ会員獲得数は、約11名という計算になります。

ここまで数字を公開すると僕の実力が丸裸になってしまいますが、これが現時点での僕の集客力です。

自分で言うのも恥ずかしいのですが、ブログを使ってここまで集客できる人はほぼ皆無です。

ただ、アドセンスの平均クリック率が1%と言われている中、僕のブログのメルマガ登録URLのクリック率が2%出ているということなので、クリック誘導が基準値の2倍です。

キャラクターを全く出さず、かつ、コピーライティングの要素をなるべく排除して文章を配置しているので、コンテンツがよほどマッチしているのでしょう。

「煽らない・売り込まない」を徹底しつつ、共感マーケティングの要素をちょこちょこ入れているので、その分、反応率が高いのかもしれません。

なので、メルマガ会員の半分以上が女性です。

もちろんそうした方が、依存体質の人が来ませんし、質の高い人が集まるため、収益も出しやすいです。

煽られないと行動できないような人が集まらないので、コピーライティングのテクニックなんてそもそも不要になりますしね。

とにかくコンテンツ重視でブログ運営をしていけば、ビジネスが楽になっていきます。

本当に大切なことは、大量のアクセスを集めることではなく、バズらせることでもなく、テクニックを使うことでもないということです。

大切なことは、純粋な在り方と基本的な戦略とシンプルな仕組みです。

カフェで相談に乗っているようにブログを書くこと

ブログやSNSでの情報発信について、小難しいことを言っている人が多いですが、もっとシンプルに考えた方がいいと思うんですよね。

「その発信は誰が、どんな気持ちで読んでいるのか?」

という基本的な部分です。

もっと言うと、あなたは

「どんな発信内容だと、また読みたいと思うのか?」

という部分です。

ネットでの情報発信ってPC画面と常ににらめっこしているので、忘れがちになってしまうんですが、PC画面越しには人がいます。

そして、何か壁にぶつかって検索して来てくれているわけですから、それに対して、どんな回答をすれば喜んでくれるか?楽しんでくれるか?について考えるべきですよね。

なので、テクニックなんてどうだっていいんですよ。

だって、カフェで相談に乗っている時に、色んなコミュニケーションテクニックを駆使されて会話をされたら嫌じゃないですか?笑

同調の法則というテクニックがあってより心理的距離を縮ませるためのものがあるんですが、僕がコーヒーに手を伸ばしたら、相手もコーヒーに手を伸ばしたり。僕が腕を組んだら、相手も腕を組んだり。

これやられると、気持ち悪いですよね。

他にも無駄に共感ばかりだったり、あいづちが不自然だったり…。
変に尖っていたり、何か論点がズレていたり…。

やっぱり気持ち悪いですよね。

そうじゃなくて、情報発信というのは、カフェで相談に乗っているようなテンションでもっと寄り添うようにした方が自然だと思うんですよね。

ということがブログ運営を1年してみて小さな結果を手に入れた結果、感じたことでした。

結局、人と人ですからね。

その情報発信はオナニーになっていないか?というのは常に頭の片隅に置いて精進していきたいと思っています。

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する