知人の誘いでタイに移住!天国以外の何物でもないパタヤでの海外生活体験記

今回の記事は、知り合いからの一声でタイのパタヤに移住した高田さんの海外生活体験記です。天国のような生活を送っている高田さんの体験記をお楽しみください。

タイのパタヤに移住したキッカケ

私は現在、タイのパタヤに住んでいます。パタヤは首都バンコクから東に車で2時間ほど行ったビーチリゾートの街です。

日本に住んでいた時に、知り合いの人からタイでお店を開くから、店長してみないかと言われ、現在に至っています。今は、カフェを経営していて、厨房でパンを焼きながら、コーヒーを作る毎日です。

タイのパタヤでの毎月の生活費

パタヤに住んで1年半経ちました。家はパタヤのサービスアパートメントをお店のオーナーが借りてくれて住んでいます。

1カ月6万円程ですが、オーナー負担で私は払っていません。パタヤでも外国人が多く住む地域なので、相場は少し高いようですが、コンビニやショッピングセンターも近く、生活には全く困りません。

月々の生活費ですが、住居はオーナーが負担してくれて、光熱費も住居費に入っているので払っていません。主に使うのは遊興費ですね。

タイ人は騒ぐのが大好きで、特にパタヤは海沿いの街なので、現地の人もオープンな性格をしています。3日に一度は、スタッフと一緒に飲みに行きますが、6人で一度に8000円くらい使います。

一応店長なので払いますが、結構な出費ですね。でもそれでスタッフが真面目に働いてくれているので仕方ありません。

通信費はSIMをプリペイドカードでチャージしながら使っていますが、Wi-Fiがたくさんあるので、あまりチャージしません。交通費も、市内は基本的にバイクで、バンコクに行っても片道1000円くらいのバスで行けるのであまりかかりません。

こちらの最低賃金は日本円で15万円程ですので、贅沢をしなければ十分良い生活が出来ると思います。私はもうちょっともらっているので、毎月貯金が出来ています。

タイの僧侶には気をつけよう

言語は大変だと思いますが、中学英語が出来ていればタイでも問題無いと思います。タイ語は、練習すれば会話は出来ます。しかし、文字はとても難しいので諦めました。バンコクでしたら英会話やタイ語の教室があります。

また、タイは仏教の国です。家族の中から出家する人がいると、その家族は幸せになれると信じられています。ですので、田舎家族の次男や三男は仏門に入るので、僧侶はたくさん見ることが出来ます。

オレンジっぽい色の服を着ているのですぐわかりますが、僧侶は大事にしなくてはいけません。電車の優先席も僧侶は座ってOKです。飛行機を乗る時も、僧侶優先です。そして街の人は、僧侶に食べ物などを寄進します。

とても崇められているので、安易に記念写真を撮ったり、触ったりすると変なトラブルになることもあるので注意が必要です。

タイ生活が気になっている人へのメッセージ

タイの人は親日的な人が多い国であり、アジアの中で先進国並みの経済力があります。

私はパタヤに住んでいますが、日本の地方都市のような雰囲気で生活には困りません。
他の外国の人も多いので、英語力も日々向上しています。

日本では絶対体験出来ない事があるので、人生にとって貴重な経験を日々していると思っています。
タイは日本よりも物価が安く、バンコクに住めば日本の物が簡単に手に入るので、日本よりも良い生活が出来ます。

もし興味があるかたがいれば、一度バンコクに来て、1週間でも滞在してみてください。絶対住んでみたいと思うはずです。

英語が少し話せれば、日本人の仕事はたくさんあります。是非タイに来てくださいね。

編集後記

タイでの海外就職はかなり人気になっていますね。

僕もタイには4回行っていますが、日本人が本当にたくさんいるので、日本人の仕事がたくさんあるのも納得です。

PC1台で稼ぐことが出来れば、現地で働いてみることも出来ますし、パタヤやプーケットのリゾート地でゆっくり住んでみるのもありかと思います。

海外生活を経験しておくと、今後の人生は劇的に変化します。ぜひ、飛び込んでみましょう。

僕も海外生活を送り始めてから年収が増え、英語力も身につき良い事尽くしで、毎日面白すぎて笑いが止まりません。

生涯旅人というライフスタイルを構築する方法


・ハワイ行きのビジネスクラス航空券を無料でゲットする方法
・70%OFFになるホテル予約術
・ワガママなワイフスタイルを構築する方法
など、貯金を切り崩して旅をするのではなく、旅がライフスタイルをするために役立つ情報が満載です!

そして、何やらここでは言えない期間限定の 『超豪華特典』が付いています。

今のうちにゲットしてくださいね。
それでは、メルマガでもお待ちしています。