ブログにアクセスが増え始めると感じる不安や怖れを解消する方法

ブログをやっていて、アクセスを増やしたいんだけど、どうも人が集まり始めると怖くなるという経験はありませんか?

頭では、アクセスを増やすために頑張っているもののアクセスが減ると安心する。そんなギャップに苦しむ人向けに書いています。

少しでも心のモヤモヤが解消されるお役に立てれば幸いです。

もっともっと不安を掘り下げる

これは今回のテーマ以外でも言えることなんですが、不安を感じて行動がストップしてしまう時は、何が不安なのかをよく把握していないことで感じる不安が多いんですよね。

つまり、正体不明な不安こそが最大の不安ということです。知れば大したことないのに、知らないことで不安を感じることってたくさんあるよねってやつです。

外国人に話しかけるのが怖いのは外国人の性格を知らないからであって、性格を知ってしまえば怖くも何ともないみたいな。

なので、不安や怖れを感じているなら、その不安や怖れをもっと掘り下げる作業が必要です。これは頭で考えていても答えが見つからないので、一気に紙に書いていきます。

表面ではなく根本から見ていかないと堂々巡りになる

例えば、今回の「ブログにアクセスが集まってくると不安になる」ということをもう少し掘り下げて考えていきます。

僕はこの手法を「ツリーロジック」と呼んでいますが、今見えているものって枝葉の部分であって、その問題を作っているのは、もっと根っこの部分です。

何でもかんでも不安や問題が生じるのは、根本を辿ると一つに集約されることが多いので。

もちろん、僕にもそういう時期があったのでこういう記事をかいています。なので、当時の僕の例を一部挙げてみますので、一緒に見ていきましょう。

アクセスが集まることが怖いという本当の恐怖

まずは「アクセスが集まる=怖い」という不安や怖れをもう一段掘り下げていきます。最初の質問はこうです。「何でアクセスが集まると怖いのか?」と。

すると、こんな答えが出てきました。

「誰かに影響を与えてしまう」ということを怖れている。ここで初めて、不安が少し明確になってきます。でも、これではまだまだ足りないので、もう一段掘り下げていきます。「何で影響を与えてしまうと怖いのか?」と。

すると・・・

  • 自分の発信に自信が持てないから
  • 頼りにされるから
  • 間違っていることを発信していたら申し訳ないから
  • 誰かに批判されるかもしれないから
  • 誰かの人生に何らかの影響を与えてしまうから
  • 有名になってしまうかもしれないから

みたいな感じで色々と出てきたんですよね。

「おー、なるほど」と。こんな事を不安に感じていたんだと紙に書いて初めて気づいたことでした。

その時に僕はどう考えていたのかについて、ご参考になるかどうかは分かりませんが僕が解消してきた一部をシェアさせて頂きます。

誰かに批判される不安

とんねるずの石橋貴明さんがこんな事を言っていたんです。

人気というのは、字の通り人の気が集まるから人気になる。人の気というのは、良い気と悪い気の両方があるもの。だから誰かに批判されるのは当たり前のことなんだ。

悩んでいた当時は「引き寄せた!」と思いましたよね。目からウロコでした。そして、僕はこう思うようになったんです。

「たったひとりでも良いから、きちんと胸に届くような情報発信をしていこう」と。

そして、今になって思うのは、批判されるということは、誰かには共感として届いていることが多いですし、そもそも批判している人なんて暇つぶしor承認欲求を得るためにしかやっていませんからね。

なので、今では、批判が生まれるような記事はいい記事が書けた証だと思うように変化しました。暇つぶしの役に立てて良かったなと(笑)

誰かの人生に悪い影響を与えてしまう不安

僕の記事が誰かに悪い影響を与えてしまうと思っていたことがあったんですよね。でも、これについて深く考えてみたら、すごく傲慢な考えを持っていることに気づいたんです。

つまり、僕が誰かに影響を与えられる、僕が誰かの人生を左右できるという考えを持っていたということになるじゃないですかね。

この考え方は、僕の情報を目にする人は、人生が悪くなるという前提があったという裏返しなんですよね。被害妄想甚だしいわけですよ。

真実はこうなんです。僕は誰かの人生を変えることが出来ないし、誰かの考え方も変えることが出来ない。(←これって、情報発信をする上でめっちゃ大切な考え方)

そして、僕の記事が誰かに良い影響を与えてしまうと思っていたこともありました。分かります?僕ってめっちゃ傲慢だったんですよね。痛い奴でしょ?

誰かの人生に良い影響を与えてしまうという不安

で、僕は誰かの人生に悪い影響を与えてしまうことよりも、こっちの方に恐れを感じていました。誰かの役に立ちたいと思いながらも、自分がプラスに評価されるのが怖かったんです。

自分がプラスの評価を受け始めると、必ず新しい人間関係を持つことになりますよね。新しい人間関係を持つことやステージが上がることに対して、どこか抵抗があったんだと思います。

自分の快適な場所が広がることになるので、心の奥底では変わることを拒んでいたというかなんというか。

単純にセルフイメージが低かったのもあると思いますし、良くなっていく自分が怖かったんだと思います。

それはきっと、今まで見てきた人の良くなっていく姿が、僕から見たら良くなっていっているとは思えず、嫌な人になっていく姿が印象に残っていたりしたのかな。

でもこれは自分が悪くて、付き合っている人が自分とは合っていなかったんですよね、きっと。僕はずっと他人軸で振り回されて生きていましたから。

でも、自分の哲学というか信念を作ったことで楽になりましたね。

「こうなりたい姿」と「こうありたい姿」を作ったことで、大量のアクセスばっちこいと思えるようになりました。

ぜひ僕のろくでもない7つの人生哲学を覗いてみてください。前向きになれますよ。

参考記事:世界中旅をしながら稼ぐノマドワーカーの僕が旅をしながら創り上げた7つの人生哲学

有名になることへの不安

「え?」と思ったかもしれませんが、有名になってもいないのに、すでに有名になることを考えちゃっていたんですよね(笑)

やっぱり、僕って、ちょっと痛いでしょ?自惚れるなって思いません?普通に。

だって当時の僕は「ホームレス・無一文・人脈ない・仕事ない・性格歪んでる」どうしようもない人間だったんです。なのにも関わらずよくもこんな事を考えられたなと書いていて恥ずかしいですよ、本当。

傍から見たら、こんな状態の人間が有名になれるわけないって思うのが普通ですよね。何の根拠があってそう思ってるんだって感じじゃないですか?

でも、有名になったらどうしようって思っていたんです。これは深刻な問題でした。

この不安を友達に相談したら、大爆笑されて「とりあえず明日のご飯代稼ごっか」って馬鹿にされてましたからね(笑)うん、おっしゃる通り。

今も変わらず僕は全然有名じゃないですけど、でも有名になることを不安に感じていたってことは、有名になることを心のどこかで確信しているから出て来る不安なんですよね。

何か手応えを感じていなければ、絶対に感じることの出来ない感情です。なので、何か感じるものがあったんだと思います。

そして、有名になることの本当の不安って、大活躍しちゃって人生が止まらなくなっちゃうのが怖いんですよね。

お酒を飲みながら「いや〜人生って本当に大変だ〜」なんて言いながら、言い訳ばかりの人生を過ごすことが出来なくなっちゃうし、「俺はこんなことをやりたいんだ〜」と、夢を語るだけ語って得られる承認欲求を満たすステージから出なきゃいけないし、実際に有名になっちゃうと素敵な人達に囲まれちゃうし。

有名になってどんどん夢が叶っていくことって面倒だな、居心地悪いなみたいに思っていたんです。

まとめ

人は悪くなることよりも良くなることに対して強い不安や恐怖を感じます。良くなることに対して許してあげてください。

僕はブログを通して、絶対に一生出会わないだろう人と出会うことが出来ていますが、これって本当に楽しいです。なので、楽しくなる未来を許してあげてください。

カナダにいながら、東京、群馬、熊本、広島の方にコンサルさせてもらっていますが、このご縁もブログが無かったら絶対に無かったことですからね。

誰かに決めてもらう人生を失うかもしれませんが、人生を自分でコントロールするライフスタイルが手に入るのは間違いないです。

なので、せっかくブログに取り組んでいるなら、やっぱり思いっきりアクセス集めて欲しいなと思います。

なので、不安や悩みはなるべく明確に把握出来た方が楽になるので、ぜひ自分と向き合う時間を作って、不安や怖れを掘り下げて、紙に書き殴ってみてくださいね。

紙に書くということが大切です。

生涯旅人というライフスタイルを構築する方法


・ハワイ行きのビジネスクラス航空券を無料でゲットする方法
・70%OFFになるホテル予約術
・ワガママなワイフスタイルを構築する方法
など、貯金を切り崩して旅をするのではなく、旅がライフスタイルをするために役立つ情報が満載です!

そして、何やらここでは言えない期間限定の 『超豪華特典』が付いています。

今のうちにゲットしてくださいね。
それでは、メルマガでもお待ちしています。