グランビルアイランドはバンクーバーの良さを味わえるコンパクトな観光スポット

バンクーバーの名所の一つ。グランビルアイランドに行ってきました。

グランビルアイランドの様子や感想を書いていきたいと思いますが、グランビルアイランドの行き方や営業時間、場所だけを知りたい場合は、最後に書いていますので一気にスクロールしてくださいね。

グランビルアイランドに行ってきた

f:id:libertyfactory:20161203132105j:plain

バンクーバーのダウンタウンからバスに乗ること約10分。相方に連行されて、グランビルアイランドに行ってきました。

僕が普段、寒いことを言い訳に全く家から出ないので、このようにたまに強制的に相方に連行されます。

「何?グランビルアイランドって?面白いの?寒いし外に出たくないなぁ」と、駄々をこねる子供のように反抗していたんですが、行ってみると180°変わってしまいました。

グランビルアイランドってどんなとこ?

f:id:libertyfactory:20161203142018p:plain

相方に「グランビルアイランドってどんなとこ?」と質問すると「とにかくめっちゃオシャレで面白い場所なんだって!」の一点張り。

相方に言いはしませんでしたが「出た!右脳派の感覚人間ならではのふんわりした回答!QにはAで答えてよ!もうちょっと説明頑張れ!」と、思ったのは記憶に新しいです。(そんな所も可愛くて好きなんですが)

では、グランビルアイランドとはどういう場所なのかを簡単にご紹介します。

グランビルアイランドとは、7つのエリアで構成されたとにかくめっちゃオシャレで面白い中規模ショッピングモールです。(←お前も感覚人間やないか!)

近郊の農家が持ち寄った新鮮な野菜、精肉、鮮魚、お惣菜などの食品店舗が立ち並ぶ屋内のパブリックマーケット。

オシャレな雑貨店やおみやげ店が立ち並ぶエリア。ビール工場。レストラン。アートギャラリーなど。食と芸術を同時に楽しめる場所です。

この日は雨が降っていたのですが、雨の日でも十分に楽しむことが出来るので、雨の日のデートにもおすすめなスポットなんじゃないかなと思います。

一応、バンクーバーでは人気のスポットらしいです。

僕は、何を求めることもなく、ブログネタになればいいかという軽い気持ちでグランビルアイランドの中に入っていくと、どんどん引き込まれていきます。

グランビルアイランドのパブリックマーケット

シアトルのパブリックマーケットに比べると、活気づいた印象はなく、落ち着いていてめっちゃオシャレでした。

参考記事:はじめてのアメリカ@シアトル観光!パブリックマーケットの空飛ぶ魚と全米No.1のクラムチャウダー

f:id:libertyfactory:20161203132124j:plain

まず、最初に僕が足を止めたお肉屋さん?肉加工屋さん?です。生ハム、ベーコン、ソーセージ、サラミ、パテが並んでいて10分くらいずっと眺めていました。

僕はこういうのにだいぶ心が惹かれます。眺めているだけで白飯3杯はいけますよね。ワインなら1本空けられますよね。

好きなものを何種類も試食することが出来るので、ぜひ試食させてもらいましょう!ただし、マナーとして何かしら購入するのがベターです。

f:id:libertyfactory:20161203132142j:plain f:id:libertyfactory:20161203132203j:plain

だいぶ心が踊っていました。マーケットってワクワクしますよね。

f:id:libertyfactory:20161203132224j:plain

次に生パスタ屋さん。未だかつて食べたことのないラビオリがズラリ。おシャレすぎてドキドキです。

f:id:libertyfactory:20161203132309j:plain

お菓子もオシャレですよね。

f:id:libertyfactory:20161203132245j:plain

クリスマスシーズンだったので、クリスマスケーキが並んでいました。どこまで食べれるんでしょう?

f:id:libertyfactory:20161203132455j:plain

青果店に行くと、日本では馴染みのない野菜や果物がたくさん並んでいるんですが、一番驚いたのはこれ↑。こんな形のブドウは見たことがありません!新しい発見って楽しいですよね。

グランビルアイランドのレストランでランチ

f:id:libertyfactory:20161203132356j:plain

パブリックマーケットの一角にレストランというかフードコートがあったので、ランチです。シアトルのクラムチャウダーとどっちが美味しいか食べ比べてみました。

参考記事:アメリカの味に震えたぜ!シアトルで有名なパイクプレイスチャウダーの食レポ

f:id:libertyfactory:20161203132414j:plain f:id:libertyfactory:20161203150416j:plain

七三分けのライオンの姿でクラムチャウダーが登場してきました。真っ先に師匠の顔が浮かんできましたよね。キングですよね。

f:id:libertyfactory:20161203132431j:plain

パイを崩してクラムチャウダーを食べてみると、すごいハーブの香り!にビックリ。ローズマリーの香りが凄くて、クセありすぎでした。出来ればハーブ無しで食べたかったですね。お値段$9.5。

f:id:libertyfactory:20161203132333j:plain

隣にあるお店がスープストックのようなお店で、こっちにしておけばよかったと2人で後悔していました。久しぶりに隣の芝生が青々として見えました。

オリーブオイル専門店

f:id:libertyfactory:20161203132519j:plain

オリーブオイルが試飲できるようになっていたんですが、オリーブオイルの試飲って初めてでした。

200mlで$12くらいしたのですが、オリーブオイル×果物、オリーブオイル×ハーブというように色んな組み合わせで配合されているオリーブオイルは珍しいですよね。

グランビルアイランドのビール工場

f:id:libertyfactory:20161203132541j:plain

グランビルアイランドにはビール工場があって、飲み比べが出来るお店も併設されています。

ビールブランドがTシャツやジャケット、帽子などの衣類を作っていたのは驚きでした。ロゴがカッコいいので全然ダサくない。イケてる。

f:id:libertyfactory:20161203132612j:plain

グランビルアイランドの戦利品

f:id:libertyfactory:20161203132703j:plain

結局、牛タンスモーク、ラビオリ、パテ、フランスパンを購入してきて、家飲みをしました。

特に今回美味しかったのはパテです。

f:id:libertyfactory:20161203132638j:plain

本当に美味しくて、また来週買いに行く予定です。

グランビルアイランドまとめ

嫌々連行されて行ったグランビルアイランドでしたが、本当に楽しく美味しいものが多く並んでいるので、すっかりハマってしまいました。

バンクーバーの良さを感じられて

次回はビール工場でビールの飲み比べが出来るそうなので、ビールを堪能してこようと思っています。

バンクーバーで観光に困ったら、とりあえずグランビルアイランドに行かれるといいですよ。おみやげも手に入りますし、美味しいものにもありつけます。

グランビルアイランドの営業時間

営業時間:http://granvilleisland.com/hours(公式HPに飛びます)

グランビルアイランドへの行き方

ダウンタウンからは、Gastown、Waterfront、そしてGranville Streetを通る#50のバスが便利です。”West 2nd Avenue at Anderson Street”で下車。

その他ダウンタウンエリアから#4,7,10,14,16のバスを利用した場合は、グランビル橋を渡ってすぐのバス停で下車。橋の下の”Granville Island”のサインに沿って歩き、5分ほどでメインエリアに到着します。

多くの人が下車して、グランビルアイランドへ歩いていくので、分かりやすいです。

グランビルアイランドの地図

バンクーバーの観光は「ディープコーブ」もおすすめです。

参考記事:噂のドーナツと絶景を求めて!バンクーバーから日帰りで行ける観光地ディープコーブの行き方

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する