自由な人生を手に入れる前に知っておきたい旅するように生きる重要性

世界中を旅しながら自由に生きていて「何をやってもいい」「どれだけ時間をかけてもいい」という制限のない人生を歩んでいますが、ぶっちゃけいい部分ばかりじゃありません。

自由な生活にはきちんとデメリットもあります。

現段階で僕が感じているデメリットを書いておきたいと思います。

自由な人生のデメリット

「何をやってもいい」「どれだけ時間をかけてもいい」という状況になると、どうしていいか分からなくなることがあるんです。

なので、自分のやりたい事がない人にとっては、きっと、めちゃくちゃ苦しい生き方だと思うんですよね。

「やっべぇ、マジで何していいか分かんない!誰か助けて!!」

という道を絶対に通ることになります。

はじめのうちは、時間を自由に使える贅沢さが新鮮なので、昼間からビールが飲めて最高!とか平日のガラガラの映画館で映画を見れるのが最高!とか、非日常さがたまらなかったりするんですが、それが日常になってくると結構苦しくなってきます。

ビジネスをある程度自動化させると、本当に何もすることが無くなるので、まず社会との接点がどんどん無くなっていくんです。

お問合わせも来ない。来たとしてもメールで完結。1日の仕事時間10分で終了。23時間50分は全部自由時間。

やりたい事がある人にとってはどんどん目が輝いていって、天国のような生活が待っていますが、とりあえずお金の不安から解放されたいという理由だけで自由になると、廃人みたいになります。

なので、自由になりたいと思っている人は、絶対にやりたいことを見つけておいた方がいいです。

リミットを決めると人生が輝き、仕事の成果も格段に上がる

ある程度自由な状態で新しくビジネスを始めても、なかなか上手くいきません。少なくとも僕はそうでした。

理由は、ダラダラやってしまうんです。そして、変に満足していると気力すら湧いてきません。

先日、オンライン講座を作成して販売しましたが、これはリミットがあったおかげです。「1ヶ月でコンテンツを作成して販売まで終わらせる!」というリミットを自分で設けなければ絶対に数カ月経っても完成していません。

そういう意味では自律というものがめちゃくちゃ重要になってきます。

参考記事:自分を律する者だけが好きなことで生きていける

結果的に、1ヶ月でゼロから作って約50万円の売上を上げることが出来ました。

もうちょっと行くかな?と思ったんですが、自分が何もしなくても継続的に売上が上がっていくような仕組みを作ったので、ひとまずは良しとしています。

でもリミットを決めなければ、今もダラダラとコンテンツを作成して、販売まで届かずに売上を手にすることが出来なかったと思っています。

旅も仕事も時間に区切りがあるから一生懸命になれる。そして、人生もいつか訪れる「死」があるから一生懸命生きることができるんだと思うんですよね。

でも、自由になるとリミットがあるという意識が薄れてしまうので、パワーが湧いてこないんです。

リミットがあるからこそ、制限の中で出来るだけ充実させたいから、事前に準備をするし、一つ一つの物事・出来事に意味を付けたり、喜びや楽しみを感じようとするものだと僕は解釈しているわけですが。

区切りや制限というものが無くなると、だらだら寝て1日を過ごす日が何日も続いたり、ボケーッとしたまま過ごしてしまいます。

そこで、旅の経験が活きてくるわけです。

旅するように生きる

もし、旅するように生きることができれば・・・

もし、旅をしている時のように日常を送ることができれば・・・

1日の濃度が自然と高まっていくはずなんですよね。

時間というものが限られているものだと意識するからこそ全力を尽くしたり、出会いを大切にしたり、自分に置かれた環境や素晴らしい仲間の存在や健康などに感謝出来るようになります。

そういう色眼鏡をかけてみると、周りの景色も出会う人も、今までとは全く違ったように見え、鮮明にカラフルになっていきます。

自分のやっていることの何がムダで何が有益か。

これは、リミットを決めた時に初めて分かることもあると、改めて体感した今日この頃です。

限りある人生をどう充実させるか。

それは、終わりがあるという意識を強く持ち、物事に終わりを設定していくことが大事なことなんだと思います。

リミットってめっちゃ大事です。

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!