海外旅行のビザ(査証)って何?ビザの申請方法・必要書類・種類など全てを解説します!

海外に旅行に絶対必要なパスポート。パスポートさえ持っておけば大丈夫!と安心しきっていたら要注意です。

実は、国によっては、パスポートだけでは入国できず「ビザ」がないと入国出来ない国があります。つまり、ビザの取得が必須な国があるということです。

では、一体「ビザ」とは何のことなのか?どの国にも必要なモノなの?どうやって取得すればいいの?

海外旅行初心者の方の疑問にお答えしていきます。

「ビザ」って何のこと?

「ビザ」とは、他の国に入国する際に「私はこの国に入国しても良いと許可をもらっていますよ」という許可を証明する書類のことです。入国に必要となる証明書のようなものです。

国によって入国を許可する人の一定基準を設けていて、どのような人なら入国させてOKかの審査基準を各国が定めています。

例えば、いくらパスポートを所持していても、犯罪を犯す可能性のある人、不法滞在をする可能性のある人かどうかはパスポートだけでは判断することが出来ません。

そして、そのような人を受け入れてしまっては危険です。

そのため、「ビザ」という基準を設け「ビザの発行を拒否される人=事前審査でNGが出た人」というフィルターをかけ、入国ができないように制限をかけています。

「ビザ」には、国の治安維持や犯罪防止の役割があるということです。

また、その国に入国が許可されるかどうかの最終判断は、現地の入国審査官が決定します。ビザを持っていても、所持金が少なすぎたり、出国の航空券を持っていなかったりすると入国が拒否されることもあります。

ビザはどの国に入国するにも必ず必要なの?

「ビザ」というものは、国の信用度に大きく影響しています。

本来は入国する全ての国に「ビザ」が必要なのですが、日本人であれば、ほとんどの国で取得する必要がありません。

なぜなら、日本は世界でも有数の先進国ですし、世界的に見ても犯罪率が少ない国民。そして、日本人がたくさん旅行にきて、現地でお金を使ってくれれば、その国の経済が潤います。

つまり「日本人は信頼できるし、国の発展に役に立つ人種だから、ビザが無くてもいいよ。気軽に来てね。」と、ほとんどの国から優遇されているのです。

そのため、面倒なビザの手続き無し&ビザ取得にかかる手数料無しで入国できる国がたくさんあります。

裏を返すと、発展していない国や政治が不安定な国、犯罪率の多い国の人ほど、多くの国でビザ取得が必要になり、ビザ取得が難しいケースもあります。

つまり、日本人のように世界中の国に自由に行ける人種は、世界的に見て珍しいのです。

ビザの免除には条件がある

上述した通り、ビザが無くても入国出来る事を「ビザ免除」と言います。しかし、どんな条件でも免除されるわけではなく、一定の条件があります。

滞在日数

ビザ無しで入国出来る条件として、例えば、代表的なのが滞在日数です。ビザ無しで滞在できる日数に制限があります。

例えば、韓国にビザ無しで滞在出来るのは90日まで。タイは30日まで。イタリアは90日まで。などと国によってビザが無くても滞在可能な日数が決まっています。

それを超えて滞在する場合は、ビザの取得が必要です。

就労が出来ない

多くの国では、ビザが無い場合は、就労が出来ません。(※一部の国では短期就労であればビザ不要)

つまり、他の国で働くためには、就労用のビザを申請しなければいけないのです。

留学が出来ない

どれだけ短期間であっても、学校に通うことが出来ない国がほとんどです。

一部の国では学生ビザを申請する必要がある場合もあります。

ビザが要らないのは観光目的の場合に制限されている

ビザが無くても入国出来る場合は、短期間の滞在で、なおかつ観光目的の場合に限るということです。

また、ビザが不要の国でも、長期の滞在や、観光以外の目的で滞在する場合は、必ずビザの申請が必要かどうかを確認しましょう。

ビザの種類

ビザには大きく分けて5つの種類があります。海外初心者でなおかつ長期滞在を考えていない場合は、短期観光ビザだけで十分ですが、長期滞在をしたり、語学学校に通ったり、現地で働いたりする場合には、違うビザが必要になりますので、それぞれご紹介します。

1:短期観光ビザ

その名の通り、短期間の観光の際に必要なビザです。ビザが無いと入国出来ない国に渡航するには、必ず短期観光ビザが必要になります。

2:長期観光ビザ

15日以上、30日以上、90日以上など国が定める一定期間以上の観光をする場合には、ビザ無しで入国出来る国であっても、ビザを取得する必要があります。それが、長期観光ビザです。

長期観光ビザでは、ビザで決められている以上の期間の滞在や仕事を目的とした滞在、留学を目的とした滞在は出来ません。

長期観光ビザの日数以上に滞在する場合には、観光目的でも、以下のような違うビザの申請が必要になります。

3:学生ビザ

留学をするために必要なビザです。一部の国では、短期の留学の場合はビザが無くてもOKな国もあります。なので、留学目的で渡航される場合には、必ずビザ申請の必要があるかどうかの確認をしましょう。

そして、学生ビザがあると、一部の国では、働くことも出来ます。そういった選択肢が広がる事を考慮して、長期滞在する場合に、長期観光ビザではなく、学生ビザを取得する人も少なくありません。

4:ワーキングホリデービザ

日本とワーキングホリデー協定を結んだ国だけで取得出来る特別なビザです。

ワーキングホリデービザが取得出来るのは、2017年現在では以下18ヶ国です。

カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、台湾、香港、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア、ハンガリー、スペイン

細かい制度は国によって異なりますが

  • 半年~1年程度の長期に渡り滞在可能
  • 滞在中に現地に就労してお金を稼ぐことが可能
  • 学校に通うことが可能

など、観光ビザや学生ビザと比べても、かなり自由な行動が許されるビザです。ただし、各国で、ワーキングホリデービザを取得できるのは人生で1回のみで期間決まっていて、延長することが出来ません。

つまり、一度ワーキングホリデービザを使うと、その国でワーキングホリデービザを取得することは不可です。また、国によって年齢制限が設けられているため、年齢制限を超えると、取得が出来なくなります。

5:就労ビザ

多くの国では、就労ビザが無ければ働くことは出来ません。海外で働く場合には、必ず就労ビザの取得が必要です。

外国人が働くことにより、その国の国民が働く機会を奪われてしまうので、取得しにくいビザの1つです。就労ビザは長期間ですが、有効期間が決まっていて、それを過ぎる場合は、更新手続きが必要になります。

就労ビザは、永住権獲得のステップとして取得している人が多いのが特徴的です。

6:永住ビザ

永住ビザがあると、その国に永住可能です。そして、その国の人たちと変わらない生活をすることが出来ます。例えば、働いてもOK、学校に通うのもOK、滞在期間も制限なし、家も買えるなどです。

そして、日本国籍を変更しなくても取得出来るため、日本人であることを捨てる必要がありません。

しかし、どのような国でも取得するは非常に困難で、それなりにお金もかかります。

例えば、預金額、職業、年齢、学歴、語学力、就労歴など、その国が定めているいくつもの条件をクリアする必要があります。また、取得までに長い時間がかかるので、弁護士と相談しながら進める人も多いです。

しかし、これらをショートカットする方法もあります。

それが、その国の国籍を持つ人と結婚をする方法です。その国の国籍を持つ人と国際結婚すると永住ビザが取得できる国がほとんどです。

各ビザの申請方法

日本人が海外へ渡航する際のビザについては、渡航先国、渡航目的、滞在期間等によって異なります。また、国によっては事前通知なしに手続きが変更される場合もあります。

そのため、詳細は日本にある渡航先国の大使館・総領事館に確認し、最新情報を入手するようにしましょう。

リンク:http://www.mofa.go.jp/mofaj/link/emblist/index.html

電話で聞くのが一番確実でてっとり早いので、上記リンクより該当国を選択し、電話してみてください。

取得方法は、大使館や総領事館に直接出向いたり必要書類を郵送で送る方法、代行業者に依頼する方法、現地の空港で手続きをする方法がありますが、大使館や総領事館に直接出向いたり必要書類を郵送で送る方法が一番確実で手数料も割安で済みます。

ビザ申請に必要なもの

  • 申請書
    各大使館・総領事館のビザ申請窓口に備え付けてあります。また各大使館・総領事館のHPよりダウンロードも可能。
  • パスポート
    国によってパスポートの残存有効期間が少ないと入国出来ないケースがあるので要注意です。
  • 写真
    サイズは国によって異なるので確認が必要です。パスポートと同じサイズの写真を用意しておけばほぼ問題ない場合がほとんど。
  • 手数料
    料金は、国ごとに異なります。通常は、申請時に納め、受領時に領収書を持参します。

ビザが不要だけど、電子渡航認証が必要な国がある

アメリカ、カナダ、オーストラリアはビザが不要ですが、事前に申請をしなければいけないものがあります。

それが、電子渡航認証です。アメリカではESTA、カナダではETA、オーストラリアではETASと言われています。

それぞれ、インターネット上で、必要事項を記入し、クレジットカードで料金を支払えば、簡単にできますし、僕はそれぞれ申請した事があり、申請方法を図解記事で解説しています。下記記事をぜひご参考にしてください。

アメリカのESTA申請方法:【図解】アメリカ旅行に必須!ESTAの記入例・申請方法・有効期限・料金をまとめて解説

カナダのETA申請方法:カナダ入国に必須のeTA(電子渡航認証)の申請方法を動画で解説

オーストラリアのETAS申請方法:早い!安い!オーストラリア観光ビザETASの申請と取得方法

電子渡航認証の申請は、海外旅行ツアーを申し込むと、旅行代理店にて代理でやってもらえます。そのため、面倒な場合は別途事務手数料がかかりますが、代理でやってもらうのもいいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

ビザについてを把握したら、次は、海外旅行でのお金について、旅先で使うお金をどうするか?いくら必要なのか?を一緒に見ていきましょう!

次ページ>>>海外旅行の現地でのお金はいくら必要?個人&ツアーの予算についてそれぞれ解説します!

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!