スワンナプーム国際空港から市内への行き方・アクセス手段を丁寧にご紹介!

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ交通機関を利用して行くには

  • タクシー
  • エアポートレールリンク(電車)
  • バス

の3つ方法があります。

タクシーが一番高額だけど簡単で楽、エアポートリンクはタクシーより安くなる分、少し手間が増える。バスは一番安価だけど上級者向けという位置づけになります。

この記事では「バンコクのスワンナプーム国際空港からバンコク市内への行き方」として、上記3つの移動方法をそれぞれご紹介します。

スワンナプーム国際空港空港から市内への行き方

【タクシー編】スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ行く方法

タクシー乗り場は空港の1階にあります。到着階は2階なので、エスカレーターかエレベーターを使って1階に行きます。1階へ降りて出口を出ると、すぐにタクシー乗り場があります。タクシー乗車のための発券機が7番出口を出てすぐにありますので、7番出口を目指します。

違う出口から出ると、上記のような場所に出て発券機が存在しません。

スワンナプーム国際空港からタクシーで市内へ行く料金相場と所要時間

プロンポン、アソーク、ナナ、スクンビット周辺までなら250〜350バーツ(≒750〜1,050円)が相場です。カオサン通りまで行く場合は、もう少しかかります。

料金内訳は、35バーツスタートで、走行距離と時間の応じてメーターで走ってくれます。この基本料金の他に、空港使用料50バーツ、高速道路代で70バーツが加わります。

市内までの所要時間は約60分。渋滞がひどいと2時間くらいかかった経験があります。

スワンナプーム国際空港からタクシーで市内へ行く際の注意点

上述した通り、タクシー料金以外にかかるお金があるため、追加料金を払えと言われてボッタクリなのか?と疑念を持つ人も少なくな無いのですが、法外な値段ではなく、きちんとした料金なので、きちんとお支払しましょう。

そのため、メーターに表示されている金額+120バーツかかるのが普通です。

一つだけ注意点を挙げるとすると、メーターを始動させずに車を走らせ相場よりも高い料金を請求するドライバーがまれにいるようですので、必ずチェックしておきましょう。

タクシー乗り場の裏ルート

もしかしたら、1階のタクシー乗り場が大混雑していることがあるかもしれません。その場合は4階まで上がってみてください。

4階は市内から空港まで来るタクシーの到着階になっており、乗客を乗せたタクシーが到着します。ここはガラ空きで、ドライバーにめちゃくちゃ声を掛けられます。

上記写真は4階の出口を出た瞬間ですが、通りの一本向こう側にピンク色のタクシーが何台も停まっているのがそうです。

しかし、メーターで走ってくれるケースが少なく、交渉が基本となります。僕は全て込みで300バーツでプロンポンまで行ってくれました。(アソークやスクンビットも近い場所です。)

ただし、到着階から乗客しようとすると空港の警備員から注意される場合もあるので、なるべく気を消してタクシーに近づきましょう。

タクシーのメリット

行き先を伝えれば指定した場所まで行ってくれるから楽で簡単。

タクシーのデメリット

他の方法に比べて値段が圧倒的に高い。渋滞していると時間がかかる。

【エアポートレールリンク(電車)編】スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ行く方法

エアポートリンク(電車)の乗り場は空港の地下1階にあります。到着階は2階なので、エスカレーターかエレベーターを使って地下1階に行きます。

スワンナプーム国際空港から最も早い時間で安い料金で市内へ行くならエアポートレールリンクがベストです。

エアポートレールリンクと市内に走る電車の路線図

スワンナプーム国際空港からエアポートレールリンクで市内へ行く料金と所要時間

料金は降車駅によって異なりますが、15~45バーツ(≒45~135円)。タクシーに比べるとかなり安いです。

終電のパヤタイ駅までは30分弱で行けるので、カオサン通りを目指す人はパヤタイ駅まで行って、タクシーかバスに乗り換えになります。また、エアポートレールリンクに乗車し、マッカサン駅で降車すれば、地下鉄ペッチャブリー駅に乗り換えることが出来るので、スクンビットやプロンポンまで1〜2駅と近いです。

エアポートレールリンクは15~20分ごとに運行していますが、始発が6時前後、終電が24時前後なため、深夜便で到着した場合は朝まで空港で待つかタクシーを利用するしか方法はありません。

エアポートレールリンクの乗車券の買い方

乗車券の購入方法は、改札付近に券売機があるので、そちらで購入します。日本で走る普通の電車同様に事前予約は必要ありません。

エアポートレールリンクでスクンビットまで行くには?

  1. スワンナプーム国際空港駅⇒マッカサン駅(エアポートレールリンク下車)⇒地下鉄ペチャブリー駅で乗り換え
  2. 地下鉄ペチャブリー駅(ファランポーン駅行き)⇒スクンビット駅(1駅)

乗り換えが難しく感じる場合は、ペチャブリー駅からタクシー利用でも距離が近いので安いです。100バーツ(≒300円)もかかりません。

エアポートレールリンクでカオサン通りまで行くには?

  1. スワンナプーム国際空港駅⇒パヤタイ駅(終点)
  2. バスorタクシーでカオサン通りへ

バスだと少々複雑になるので、タクシー推奨。

エアポートレールリンクのメリット

市内まで出るのがとにかく早くて簡単。そして安い。

エアポートレールリンクのデメリット

目的地によっては乗り換えがあるので、特に海外旅行慣れしていない場合は難しいかも。

【バス編】スワンナプーム国際空港からバンコク市内へ行く方法

バスを使って行く方法はこの中で一番安く行ける方法ですが、目的地まで行くのに数回乗り換えが必要となるので、一番ややこしく、混乱して疲れ果ててしまう方法でもある為、上記2交通機関に比べると全くおすすめできません。

実際に、僕自身も乗ってみたことがありますが、モーチット駅まで乗り換え無しで25バーツ、カオサン通りまでの乗り換えバスが出ているビクトリーモニュメントまで乗り換え無しで40バーツかかります。

そのため、バスに乗れるほどの状況判断が出来るなら、バスよりもエアポートレールリンクの方が断然良いなと思うはずです。なぜなら、値段的に100円以下の違いしか無いのに、かかる時間と労力が倍以上になるからです。

まとめ

少し旅慣れしているなら、エアポートレールリンク。自信が無ければタクシー。という選択がベストだと思います。

また、バンコクのATMで海外キャッシングを利用した様子を動画で撮ってみましたので、海外キャッシングの利用をお考えの方は、ご参考にしていただければ幸いです。

現地通貨は海外キャッシングが簡単でお得です!

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!