ブログ集客で最高に良いお客様や仲間に囲まれるコツ

ブログで集客したいと考えた時に

  • 良いお客様に囲まれる
  • 値段の安さにしか響かない人に囲まれる
  • クレーマーに囲まれる
  • 全然人が集まらない

など同じような内容を発信しているにも関わらず違いが出てくる事が不思議に思った事はありませんか?

ブログ集客で集まる人は「自分の発信メッセージで決まる」という原理原則があります。発信しているメッセージに合った人が引き寄せられるというものです。

少しスピリチュアル的に聞こえるかもしれませんがそのカラクリはとてもシンプルです。

これぞマーケティングの原理原則というシステマチックなお話なので一緒に見ていきましょう。

この記事の内容を理解しておくと、集客が楽になるだけでなく楽しくビジネスをしていけるようになります。

ブログ集客は集まる人をある程度コントロールできる

自分が思っている以上に読者さんは敏感で、集まる読者さんは自分が発信している内容で左右されます。

そのため、読者さんの層やお客様の層は「ある程度コントロールできる」と言っても大げさではないんですね。いや「ある程度決まってしまう」という言い方の方が適切かもしれません。

特にアフィエイトをメインにするのではなく、自分自身の活動を発信している人はより顕著にその現象が現れます。これは、あなたが誰かの読者という話に置き換えると、よりイメージしやすいと思います。

発信メッセージに合う人が集まってくる

ブログをやっていればキーワードやSEO対策などありますが、もっと根本的な部分で発信メッセージに合う人が集まってくるというのを理解しておく必要があります。

同じような事を書いていても発信者によって違う層の人が集まる。それがブログです。

例えば、あなたが楽しい人だとしたら楽しそうに発信している人に好感を持つと思うんですね。

これは何が起きているかというと

  1. 楽しそうに発信している人がいた
  2. あなたが楽しそうな人だからこそ「楽しそう」な雰囲気に好感・共感を抱く
  3. その発信者は「楽しそうな人たち」に囲まれるようになる

という人の流れが起こります。

たまたま楽しそうな人に読んでもらえたのではなく、楽しそうに発信していたから「楽しそうな人たち」に囲まれるようになった。という流れです。

同じようにグチや不平不満ばかりを発信していたらどうなるでしょう?

グチや不平不満を発信していたらグチや不平不満が大好きな人たちが共感・共鳴します。

これは何が起きているかというと

  1. グチや不平不満を発信している人がいた
  2. 「グチや不平不満」に共感する
  3. その発信者は「グチっぽい人たち」「不平不満を言う人たち」に囲まれるようになる

という人の流れが起こります。

たまたまグチっぽい人に読んでもらえたのではなく、グチっぽい事を発信していたから「グチっぽい人たち」「不平不満を言う人たち」に囲まれるようになった。という流れです。

蛇口をひねれば水が出た。それは水源が水だったから。蛇口をひねればコーラが出た。それは水源がコーラだったから。それくらいシンプルなカラクリです。

例えば、言葉遣いが丁寧なのか雑なのかだけでも集まる人が全然違ってきます。

ありのままを発信してもいいと思いますが、どんな人たちに囲まれたいかを考えた方が後々に楽ですよ。

自分の発信が自分のお客様・仲間を決める

何が言いたいのかというと「自分の発信するメッセージが自分のお客様・仲間を決める」という事なんです。これは100%です。100%自分の発信するメッセージが決めます。

例えば、あなたが「激安だよー!」という価格が安いのが最善なんだという事ばかり発信していたら「サービスの良さ」ではなく「価格の安さ」に重きを置く人たちが集まってくるという事です。安さにしか振り向かない人たちに囲まれます。

あなたが「限られた0.2%の人しか知らない隠された真実と方法を少人数限定で・・・」という探究心に響く発信をしていたら、探究心の強い超マニアックな人たちが集まってくるという事です。

オタクには振り向かれるけどオタク以外の人たちには

  • 「なんか面倒くさそうだな」
  • 「なんか理屈っぽいな」

と思われオタク以外に囲まれることは起きにくいです。

あなたが「昔の自分」に向けて発信していると、昔の自分と似た人たちが集まってくるという事です。という事は過去の自分が悩んだ事を解決していくようなお悩み解決型のブログにしていくと、どのポイントでつまづいて、どういう言葉が響くかがある程度分かりますよね。

なのであなたの発信メッセージそのものが、それに合う人たちを磁石のように引き寄せていくのです。

自分の想いやストーリーがあるから同じような内容でも集まる人に違いが出る

なぜ、同じような内容、商品、サービスを扱っていても集まる人に違いが出るのか気になったことはありませんか?

あの人のところには良い人が集まり、あの人のところにはクレーマーみたいな人が集まる違いはなんだろう?と。

この違いをもたらす違いは「自分の発信するメッセージが自分のお客様・仲間を決める」という事から全て始まっています。

つまり・・・

  • 誰に向けてメッセージを発信するか?
  • どんな人にメッセージを届けたいか?

で集まってくる人たちが変わるという事です。

もっと言うと、発信内容だけではなく、自分の想いやストーリーによって集まってくる人たちが変わるという事です。

「どうやって」はそこまで大事じゃない

だから、大事な事は「どうやって商品・サービスを売るか?」はそこまで大事ではないという事に繋がってきます。

  • 「どんな人に集まって欲しいのか?」
  • 「どんな人がお客様だと楽しいのか?」
  • 「どんな人の役に立ちたいのか?」

を【自分】で考えて決めるのがめちゃくちゃ重要です。大事なので繰り返します。

「どうやって商品・サービスを売るか?」はそこまで大事じゃないんです。

  • 「どんな人に集まって欲しいのか?」
  • 「どんな人がお客様だと楽しいのか?」
  • 「どんな人の役に立ちたいのか?」

を【自分】で考えて決めるのがめちゃくちゃ重要です。

永久に忘れて欲しくないので、しつこいのは分かっていますがもう一度繰り返します。

「どうやって商品・サービスを売るか?」はそこまで大事じゃないんです。

  • 「どんな人に集まって欲しいのか?」
  • 「どんな人がお客様だと楽しいのか?」
  • 「どんな人の役に立ちたいのか?」

を【自分】で考えて決めるのがめちゃくちゃ重要です。

なぜなら「どうやって商品・サービスを売るか?」を第一優先にする考え方は自分の商売の難易度を圧倒的に高めてしまうのです。

「こんな人の〇〇に解決出来そうだから、それだったらこの商品・サービスだよね」

という順番を忘れてしまうと、自分が人の役に立つ事よりも「売ってやるー!」という自分のセールス力を上げる事にフォーカスが向くので、だいぶおかしくなっちゃうのです( ´Д`)

何となく伝わっていますでしょうか?

誰に向かって発信しているかであなたのお客様・仲間が決まるのです。

なぜ、わざわざこんな話をしているのかというと、気づかぬうちに自分の商売の難易度を自分で高くしてしまう人たちばかりだからです。

そして、本当に集まって欲しい人たちとは真逆な人たちが集まってしまってしんどくなり続かなくなってしまう人が多いのです。

せっかくブログをやるならやってて楽しくないよりも楽しい方が良いじゃないですか?

まとめ

「自分の発信するメッセージが自分のお客様を決める」という事です。

批判をベースに発信をしていると批判好きな人たちが集まり、批判好きな人たちに囲まれるようになります。

楽しそうに発信をしていると楽しい人たちが集まり、楽しい人たちに囲まれるようになります。

ノウハウや情報だけを発信しているとノウハウや情報だけに興味がある人が集まり、ノウハウや情報が好きな人たちに囲まれるようになります。

人間っぽさも発信していると発信者に興味がある人が集まり、発信者が好きな人たちに囲まれるようになります。

もちろん、合わない人やリサーチ目的で来る人もいますが、それはどうやっても一定数集まるのでそういうものと割り切るのが大事です。

でも、もし、お客様・仲間が自分とは合わない人ばかりなら、その種は100%あなたの発信するメッセージにあり、そのメッセージがその人たちを引き寄せています。

どんな人と付き合いたいか?どんな人の役に立ちたいか?どんな人に楽しんでもらいたいか?をしっかりと考え、決めて、その人に向けてメッセージを発信していくと、ブログ運営の苦しさから解放されて楽しく続けることが出来ます。

せっかくやるんです。楽しく発信して、なるべく楽をしつつ楽しくお金を稼いでいくのが良いですよね。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!