ブログがスラスラ書ける記事の書き方・構成の王道テンプレート

ブログを始めて間もない頃は、どうやって記事を書いていけばいいか、構成していけばいいかを考えすぎて全然進まず、時間だけが過ぎていくことってありませんか?

僕もブログを始めた当初は

将太
1記事1時間で書けるなんて、どこの星の「魔法使い」ですか?

と全く意味が分からなかったですし

将太
そもそも「才能」の違いだよね。

と思い込んでいました。でも、その裏には「テンプレート」つまり「ひな型」があったのです。

記事の書き方・構成のテンプレートを知ってからは、記事を書く際のストレスと時間を大幅カット出来るようになりました。

そこでこの記事では、ブログがスラスラ書ける記事の書き方・構成の王道テンプレートについて具体例を挙げながら分かりやすくご紹介します。

記事の書き方・構成のテンプレート全体像

ブログ記事は大きく分けて3つのパートに分かれています。

  1. 導入文
  2. 記事本文
  3. まとめ文

それぞれ詳しく解説していきます。

1:導入文の書き方・構成

導入文というのは出だしの前フリ部分です。

導入文は記事を最後まで読んでもらうためにとても重要な役割を果たしています。しかし、その重要性に気づいていないがために適当に書いている人がとても多いです。

特に!

  • ブログに取り組み始めたばかりの方
  • ブログの成果が出づらいと悩んでいる方

は「一生懸命書けば必ず最後まで読んでくれる」「毎回必ず最後まで読んでくれているものなんだ」と読者さんの事を信じているかもしれません。でも、そもそもブログに訪れてくれる半数以上の人はあなたのブログに初めて訪れてくれる人たちです。

例えば

  • 見たこともない新人漫才師の出だし
  • 今まで読んだ事がない作家の本の出だし

がグダグダだったら最後まで見ようと思うでしょうか?おそらくすごく頑張らないと最後まで見れないですよね。

これと同じように導入文をしっかり書いていないと「う〜ん、何か読む価値なさそう…」と思われて本文を読む前にページを閉じられてしまう可能性大です。

あなた自身がインターネットで何かを調べている時にご経験ないでしょうか?

検索して表示されたブログやサイトをクリックしてページを開いて、最初の導入文を読んで「う〜ん、何か微妙そうだから別の記事を読もうかな」と、本文を読む前にやめてしまうことが何度もあったと思います。

導入文で読者さんを惹きつけて記事を最後まで読んでもらえるように書いてきましょう。

読者さんをグイグイ惹きつける導入文のテンプレート

お悩み解決型の記事や情報提供型の記事、自分の意見や価値観を発信する記事などによって何を入れるかは変わってきますが、読者さんを惹きつける導入文にはテンプレートがあります。

「これは読み進めたい!」「役に立ちそうだ!」と思ってもらえたら導入文の目的は達成です。テンプレートは以下6つです。

導入文のテンプレート
  1. 「何に」ついて書いてあるのか全体像を見せる
  2. 「誰が」書いているのかを明確にする
  3. 「誰の」役に立つのかを明確にする
  4. 「どうやって」解決するのかを明確にする
  5. 「何が」手に入るのかを明確にする
  6. 「どんな」悩みがあるのか共感する

必要に応じて何を入れるかを取捨選択しながら書いてくださいね。

導入文の例文

海外旅行に何を持っていけばいいんだろう…。荷物が多くなるのは嫌だし、でも減らしすぎて不便になるのも困る。と迷うことがありませんか?(←共感&誰の)

そこで、この記事では世界一周で48ヶ国を旅した僕たち夫婦の経験(←誰が)をもとに「この便利グッズはあった方がいい!このアイテムは絶対に外せないよ!」というものをジャンル別に厳選してご紹介します。(←何に)

この記事を読むことで(←どうやって)、海外旅行に最低限何を持っていけばいいか迷いがなくなりますし、機内持ち込み制限に引っかからないように考え尽くしてあるので、荷物を預けたり追加料金を払う時間とコストもカットできます。(←何が)

導入文は書きやすい順番で書いてみてください。本文が書き終わってからの方が書きやすかったらそれでもOKです。

2:記事本文の書き方・構成

記事本文は見出しと記事の内容をセットで構成して書いていきましょう。そして、見出しと内容は必ず一致させます。

見出しはwordpressの投稿編集画面でいう段落項目内にある「見出し2」です。見出しタグでいう「h2」タグを利用しましょう。さらに小見出しを作る場合は「見出し3(h3タグ)」を利用しましょう。

構成の仕方は色々なやり方がありますが定番の3つをご紹介します。

お悩み解決型記事の書き方テンプレート

お悩み解決型の記事は、まず見出しに結論を書くと最後まで読まれやすいですし喜ばれやすいです。以下は各見出しの構成例3ステップです。

  1. 結論
  2. 理由
  3. 体験談や客観的データ

例えば、集中力を高める方法という記事なら、集中力を高めるための結論を見出しにします。そして見出しごとに理由や体験談・客観的データを書いていきます。

=======

見出し1つ目:コショウの香りを嗅ぐ
理由や体験談・データ

見出し2つ目:スマホの電源を切る
理由や体験談・データ

見出し3つ目:空腹感を保つ
理由や体験談・データ

=======

上記のように書いていくと非常に読みやすい記事になります。

手順解説記事の書き方テンプレート

例えば・・・

  • スマホの設定方法やマニュアル
  • 商品・サービスの予約方法
  • バイクの修理方法
  • 料理のレシピ

など、手順を解説する記事には手順ごとに見出しをつけて見やすくします。手順の工程数に応じて必要な数の見出しを作りましょう。

全工程分になるので見出しが10個くらいになることもあります。

リスト型記事の書き方テンプレート

例えば・・・

  • 20代でやっておきたい30の事
  • 家事代行サービス5選
  • パソコン作業に便利なアイテム10選

など、個数を決めて紹介する時に紹介する行動・商品・サービスごとに見出しを作ります。

僕は記事本文が長くなったり、紹介する数が5個以上になる時は、読者さんを迷わせたり終わりが見えないストレスを感じさせないために、各見出しの最初に「1」「2」と番号を書くようにしています。

商品・サービスを紹介する際は、ヒットさせたいキーワードを見出し内に入れましょう。

3:まとめ文

最後にまとめ文の見出しを作り、もう一度おさらいします。そうすることで読者さんの頭の中が整理整頓されます。

整理整頓されると、具体的な行動を起こしやすくなり、重要なポイントを腑に落としやすくなります。

また、最後のまとめで背中をポンッと押してあげて、行動を起こすキッカケを作ってあげるのも書き手の優しさだと思いますよ。

ブログ記事の書き方・構成まとめ

ブログがスラスラ書ける書き方と構成の王道のテンプレートが以下の画像の通りです。

そして、それぞれの項目で書く際は

  • 導入:最後まで読まれるために読者さんを惹きつける
  • 記事本文:なるべく読みやすい工夫を
  • まとめ:整理整頓&背中を押す

を意識してみてください。

もちろん、自分の書きやすいor読みやすいと思う書き方もあると思いますので、自分なりに変えていくのもアリです。

そして、意外と、記事は導入から順番に書かなければいけないと思い込んでいる人が多いのですが、書きやすい部分から書いていくのが一番です!

事前にそれぞれのパートに見出しを作っておいて、記事本文から取り掛かってもいいですし、まとめから取り掛かってもOKです。

取り掛かる順番は取り掛かりやすい場所から進めてくださいね。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!