答えるだけで役に立つブログ記事が迷いなく書ける9つの質問

「役に立つ記事」を書こうとすればするほど

  • 頭では分かっているけど書けなくて手が止まる
  • 頭の中には伝えたいことがあるけどうまく文章化出来ない
  • あれもこれも書きたいことがありすぎて困る
  • 何を書けばいいか方向性が分からなくなる

そんなご経験はないでしょうか?

そんなモヤモヤするお悩みは9つの質問に答えるだけで簡単に解消出来ます。質問に答えていけば記事を書く時に考え込んだり止まる事は無くなります。

そこでこの記事では、答えるだけで「役に立つ記事」が迷いなく書ける9つの質問をご紹介します。

答えるだけで役に立つ記事が書ける9つの質問

実際に僕がブログ記事を書く前に行っている9つの質問です。記事を書く前は必ず9つの質問を自分に問いかけ、埋め込んでから記事を書いています。

そうすると記事を書く手が止まることなく簡単に書けます。やらないと1記事書くのに丸一日かかることもあるので、この9つの質問はとても重要です。

この記事では「英語の上達方法」についての記事を書く際の具体例を挙げながら順番に解説していきます。

では、順番に見ていきましょう!

1:何を伝える記事なの?

まずは、記事で伝えたい事をザックリと考えます。何を書くかという記事のテーマですね。

なぜザックリかというと「誰に?」「なぜ?」「どうなって欲しい?」を考えていくと勝手に具体的に絞り込まれていくので、ここではそんなに時間も頭も使わなくて構いません。

なので、この段階では「英語の上達方法」くらいザックリ考えてテンポ良く進めていきましょう。

2:誰が伝える記事なの?

自分がどの立場で記事を書くのかを明確にしましょう。

  • 「何を」伝えるか
  • 「どうやって」伝えるか

を気にする人が多いですが「誰が」伝えているのかを意識していない人がとても多いです。思っている以上に読者さんは「誰が」書いているか気にしています。

例えば、

  • 英語に興味が無い人が書いた記事
  • 英語留学した経験がある人が書いた記事
  • アメリカに住んでいる人が書いた記事
  • 英語を教えている先生が書いた記事

もし、英語を上達させる記事を書くとしたら、どの記事が信頼できそうでしょうか?

自分がどの立場で記事を書くのかを明確にしておくと記事を読んでもらいやすくなります。そして読者さんの混乱を防止する事にも繋がります。

3:誰に伝える記事なの?

「誰に」というのは伝えたい事があれば簡単ですよね。しかし「英語を上達させたい人」に伝えたい記事だとしても

  • 英語が中学レベル以下の初心者
  • 旅行に困らない程度喋れる中級者
  • 語学留学したい人
  • 駅前留学したい人

によって伝える事は変わってきます。そして、英話を上達させたい人が持つ現実は様々な種類があり

  • 子供の英語力を上達させたいと願う親
  • 就職に必要なTOEICの点数を上げたい人
  • 英語圏で就職or移住を考えている人
  • 外国人を英語で口説きたい人

によって書く内容が全然違ってきますよね。なので、その記事は「誰に」伝えたいのかを明確にしていきましょう。

4:なぜその人に伝えるの?

最も大事な質問です。なぜなら、伝えようと思っている人に伝えようと思っている内容が必要なければ、記事を書く必要がないからです。

なぜ「海外旅行に行きたい人」に「英語の上達方法」を伝える必要があるのか?海外旅行に行く際に最低限の英語力がないと、困ったり恥ずかしい思いをする。そして、もっと楽しくなるからですよね。

他にも現地の人とコミュニケーションが取れておまけしてくれるかもしれないとか、現地の友達が出来るかもしれないとかメリットもたくさんあるはずです。

なぜその人に伝えるのかを書き出してみてください。

例えば、こんなチグハグにならないためにも大事です。

海外旅行で困らない英会話を上達させたい人に向けて

「TOEICが役に立つよ。この勉強法を使えば最短最速でTOEICのハイスコアが取れるよ!」と教えても「いや〜、TOEICじゃなくて旅行の時に使える英会話を教えてよ!」となりますよね。

自分にとっては良い記事を書いたとしても「誰に」書いているのかがズレていると、役に立つ記事として受け取ってもらえません。

5:どうなって欲しいの?どう変化するの?

英話の上達方法の記事を書くという事は「英語を上達させて欲しい」からですよね。なので、しっかりとその想いを記事の中に書きましょう。

そして、英語を上達させたらどんな明るくて楽しい現実に変化するのか?何が手に入るのか?未来のイメージも書いてあげると行動に起こしてもらいやすいですし書き手の優しさでもあります。

6:伝えたい事を具体的にする

ここまで進んだら、だいぶ整理整頓されているはずなので、もう一度伝えたい事を振り返って整理整頓します。

「英語の上達方法」という広いテーマから、伝えたい人を「海外旅行に行きたい人」に決めたことで「海外旅行先で困る事なく快適に楽しんで欲しい」という想いが生まれ「海外旅行で困らない英語学習方法」を伝えるという方向性が見えてきました。

ここまで具体的にすれば、取り組むことが明確になり頭の中もクリアになるので、記事を書く手が止まることなく、とてもスムーズに書けるはずです。

もしここまできて具体的に見えてこない場合は、もう一度

  1. 何を
  2. 誰に
  3. なぜ
  4. どうなって欲しい

を上から順番に書き出してみてください。

7:どうやったら伝わるの?

ここまで明確になってはじめて「どうやって伝えるか?」を考えていきます。「海外旅行で困らない英語学習方法」について、あの手この手を使って記事を作り込んでいきます。

記事に盛り込む内容例

  • 知識・ノウハウ
  • 手順・やり方
  • テクニック・テンプレート・コツ
  • 商品・サービス
  • 自分or他人の体験談
  • 成功事例・失敗事例
  • メリット・デメリット
  • 注意点
  • 具体例

もし僕が海外旅行で困らない英語学習方法を紹介する記事を書く場合は、学習方法を5個くらい実践してみて、自身の体験談を踏まえてそれぞれのメリット・デメリットを紹介する記事を作成します。

記事を書く時のコツ

文字の羅列だけだと読みづらかったり伝わらない事もあるので、あの手この手を使って伝わりやすい工夫をします。

  • 例え話を使う
  • 引用を使う
  • 写真を使う
  • 図を使う
  • 表を使う
  • イラストを使う
  • 漫画を使う
  • Q&Aの会話形式にする
  • 重要な部分は太文字・赤文字にする
  • 音声を使う
  • 動画を使う
  • SNSの口コミを埋め込む
  • リスト化する

これらを組み合わせて自分が伝えたいメッセージを伝えていきましょう。

もし僕が海外旅行で困らない英語学習方法を紹介する記事を書く場合は、学習方法5つをリスト化して、上から順番に解説していきます。

8:時間はどれくらいかかるの?

手順の解説や商品レビューなどは、所要時間や配送までにどれくらいの時間がかかるか記載しておきましょう。

9:お金はどれくらいかかるの?

特に、商品・サービスを比較する記事を書く際は、どれくらいお金がかかるのかを記載しましょう。

Amazonや楽天の商品を紹介する時は金額は書かない方が良いです。なぜなら「この商品いくらするんだろう?」とリンクをクリックしてもらうのが大事だからです。

まとめ

記事を書く時に一番大事なのは「誰に向けて書くのか」を決めることです。これは自分で決めることです。

伝えたいことがあるけど手が止まる場合は、「誰に向けて書くのか」を決めてみてください。

画面の向こうで文章を読んでくれるのは「人」であることを忘れないでくださいね。

下記の記事の書き方・構成の仕方を解説している記事を合わせて読むと、記事がスラスラ書けるようになりますよ。

関連:ブログがスラスラ書ける記事の書き方・構成の王道テンプレート

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!