イスタンブール市内からサビハ・ギョクチェン国際空港までエアポートバスHavaistでの行き方

イスタンブール市内からサビハ・ギョクチェン国際空港までエアポートバス「Havaist」で行く方法を、実際に利用してみた経験を踏まえて料金・チケットの購入方法・所要時間など細かくご紹介します。

エアポートバス「Havaist」は安い割に乗り換え無しで1本で行ける簡単さ、乗り心地の良さがあって便利でした。

イスタンブール市内からサビハ・ギョクチェン国際空港までエアポートバス「Havaist」で行く方法

エアポートバス「Havaist」、別名「Havabus」は、安くて楽です。

乗り場は新市街にあり料金は18トルコリラ(≒330円)。乗り換え無しで1本で行けます。

運行間隔は30分に1本です。

サビハ・ギョクチェン国際空港行きバスの乗り場

サビハ・ギョクチェン国際空港行きのエアポートバス「Havaist」の乗り場は、新市街のタクシム広場近くにあります。

ポイントホテルタクシムを目印に向かうとHavaistのバスが停車しているので分かりやすいです。

バス停の向かいにオシャレなカフェがあるので、乗車前の時間つぶしも出来ます。ただし、バス車内には飲み物の持ち込みが禁止されているのでご注意ください。

新市街タクシムからサビハ・ギョクチェン国際空港行きバスの時刻表

午前3時30分から午前1時まで30分に1本の間隔で運行しています。

詳しい時刻表は以下の公式ページでご確認ください。

公式:時刻表

バスチケット購入方法

バスチケットはバス乗車時に支払い可能ですが、現金orイスタンブールカードのみでした。クレジットカード払いが出来ないので、事前に用意しておきましょう。

新市街タクシムからサビハ・ギョクチェン国際空港までの所要時間

所要時間は時間帯によって大きく異なります。

例えば、早朝や深夜の時間帯は渋滞がほとんどないので、スムーズにバスが走り1時間弱で到着しますが、渋滞に引っかかるとバスが思った以上に進みません。

僕らは午前8時のバスに乗車したのですが、ほとんど渋滞はなく1時間弱で空港まで行けました。

どれくらい時間がかかるかは渋滞次第で読めませんが、最悪のケースを想定して約2時間みておけば問題ないと思います。時間に余裕を持って行動することをおすすめします。

その日の道路状況によって渋滞状況が変わるので、ドンピシャな所要時間は出ませんが、googleマップの経路検索で表示される時間は、割と信用できるので、乗車予定の時間帯を設定して検索してみると参考になります。

まとめ

イスタンブール市内からサビハ・ギョクチェン国際空港まではエアポートバス「Havaist」を利用すると安くて楽で便利です。

事前予約の必要はないため乗車方法も簡単です。

大きな荷物がある場合は、荷物を預けることができ、荷物代の追加料金もかからないのでおすすめです。

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!