エアトリの新型コロナウイルスワクチン接種サポートツアー詳細|アメリカ3都市で受付

旅行会社エアトリでは、アメリカの3都市(ロサンゼルス、ニューヨーク、ラスベガス)で、新型コロナウイルスのワクチン接種サポートツアーの受付を開始しました。

当記事では詳細をご紹介します。

新型コロナウイルスのワクチン接種サポートツアーとは?

ワクチン接種と観光を組み合わせ、米国外に居住する観光客に対してワクチン接種を行えるツアーです。

エアトリでは現在のところ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ラスベガスの3都市が対象。

該当都市に渡航する場合は、効率よくワクチン接種に臨む事ができます。

ツアーとして周知されていますが、航空券は含まれていないため、別途自分で手配する必要があります。

また期間が決まっていないため、予告なく中止となる可能性があり、必ずワクチン接種できることを保証しているわけではないため、注意が必要です。

ワクチン接種サポートツアーのポイント8つ

ツアーに含まれているもの
  • ①:ワクチンはジョンソン&ジョンソン製
  • ②:1回接種型
  • ③:空港⇔ホテル間の往復専用車送迎付
  • ④:ホテル代込
  • ⑤:ワクチン接種予約代行
  • ⑥:接種会場への送迎付
  • ⑦:現地24時間緊急日本語電話対応
  • ⑧:日本入国用のPCR検査と証明書

それぞれ順を追って解説します。

ポイント①:ワクチンはジョンソン&ジョンソン製

ツアーで接種できるワクチンは、日本に輸入されているファーザー社製やモデルナ社製のものではなく、主にアメリカで接種されているジョンソン&ジョンソン社製です。

ポイント②:1回接種型

日本に輸入されているファーザー社製やモデルナ社製のものは、接種が2回必要です。

しかし、ジョンソン&ジョンソン社製のワクチンは接種が1回のものです。

そのため、2回目を接種するまで待機したり、2回目の接種のために再度アメリカに渡航する必要はありません。

ポイント③:空港⇔ホテル間の往復専用車送迎付

空港⇔宿泊ホテル間の移動は、日本語ドライバーガイドによる専用車往復送迎が含まれています。

英語が苦手な方でも安心で、移動のための車を自分で手配する必要なく手間がかかりません。

ポイント④:ホテル代込

航空券は自分で手配しなければいけませんが、ホテルの手配とホテル代はツアーに含まれています。

ポイント⑤:ワクチン接種予約代行

ワクチン接種の予約を代行してくれます。

そのため、自分でワクチン接種の予約をする必要はありません。

英語が苦手な人や時間がない人は助かる部分だと思います。

ポイント⑥:接種会場への送迎付

ワクチン接種の当日は、接種会場までの送迎が付いています。

安心ですね。

ポイント⑦:現地24時間緊急日本語電話対応

24時間対応の日本語サポートダイヤルが用意されています。

そのため、何かあった際に日本語で対応してもらえます。

ポイント⑧:日本入国用のPCR検査と証明書

日本に確実に再入国する際、日本の外務省が要求する基準を満たしているPCR検査の陰性証明書提出が必要です。

ツアーで手配してくれる検査を行い、日本入国用の証明書が発行されます。

そのため、自分で手配する手間がなくスムーズに日本の再入国に必要なものを用意できます。

ワクチン接種サポートツアーに含まれないもの

要チェック
  • 日本⇔アメリカ間の往復航空券代
  • 飲食代
  • 日本出発前のPCR検査料金
  • 日本帰国後の自主待機料金
  • 海外旅行傷害保険

その他行程に含まれないもの。詳細はエアトリにてご確認ください。

アメリカワクチン接種サポートツアー3都市の特徴

各都市のツアーの特徴と流れをご紹介します。

ロサンゼルス

1日目

日本からロサンゼルス空港までの直行便で行きます。

ロサンゼルス時間13時までにロサンゼルス空港に到着する必要があります。

ロサンゼルス空港(LAX)到着後、日本語対応スタッフの送迎専用車でホテルへ。

チェックイン後、ホテルにて日本入国用PCR検査のサンプル採取。

2日目

ホテルから新型コロナウィルス(COVID-19)のワクチン接種会場に行きます。

ワクチン接種会場までは、ホテルが手配したシャトルバスを利用します。

接種費用は無料、ジョンソン&ジョンソン社製の1回接種型です。

ワクチン接種後は異常反応がないか確認するため、15〜30分会場内で待機。

その後、シャトルバスでホテルへ。

ただし、当日にコロナの症状がある場合は、ワクチン接種ができません。

3日目

終日自由時間です。観光をしてもOKです。

4日目

帰国日です。

ホテルをチェックアウトし、送迎専用車で空港まで送ってくれます。

日本へ。

ニューヨーク

1日目

日本からニューヨークJFK空港までの直行便で行きます。

ニューヨークJFK空港到着後、日本語対応スタッフの送迎専用車でホテルへ。

チェックイン後、ホテルから新型コロナウィルス(COVID-19)のワクチン接種会場に行きます。

ワクチン接種会場までは、徒歩、または地下鉄等公共交通機関で移動します。

接種費用は無料、ジョンソン&ジョンソン社製の1回接種型です。

ワクチン接種完了後、その場でCDC(アメリカ疾病予防管理センター)発行の「COVID-19 Vaccine Record Card(ワクチン接種記録カード)」が発行され受け取ります。

※ワクチン接種15日後にニューヨーク州の電子ワクチン接種証明書「エクセシオール・パス」がオンラインでダウンロード可能です。

2日目

予備日です。

飛行機の遅延などで1日目にワクチン接種を受けることが出来なかった場合は、2日目にワクチン接種を行います。

1日目にワクチン接種ができた場合は、終日自由時間です。

3日目

日本再入国に必要なPCR検査をします。日系のクリニックが検査会場です。

日本語ガイドがホテルまで迎えにきてくれて、徒歩、または公共交通機関を利用して会場へ。

PCR検査完了後、陰性証明書を受け取り、ホテルへ。

利用予定の会場は日曜日が休診のため、3日目が日曜日の場合は、2日目にPCR検査を行います。

4日目

帰国日です。

ホテルをチェックアウトし、送迎専用車で空港まで送ってくれます。

日本へ。

ラスベガス

1日目

日本からラスベガス空港まで行きます。

ラスベガス時間16時までにラスベガス空港に到着する必要があります。

ラスベガス空港(LAS)到着後、日本語対応スタッフの送迎専用車でホテルへ。

2日目

ホテルから新型コロナウィルス(COVID-19)のワクチン接種会場に行きます。

ワクチン接種会場までは、ホテルが手配した送迎専用車を利用します。

接種費用は無料、ジョンソン&ジョンソン社製の1回接種型です。

ワクチン接種後は異常反応がないか確認するため、15〜30分会場内で待機。

その後、送迎専用車でホテルへ。

ただし、当日にコロナの症状がある場合は、ワクチン接種ができません。

3日目

終日自由時間です。ホテル内のカジノで遊んでもOKです。

4日目

日本入国用PCR検査をするために会場へ。

ホテル⇔会場まではツアーで手配してくれる送迎専用車で往復します。

検査が終わったら自由時間です。

5日目

帰国日です。

ホテルをチェックアウトし、送迎専用車で空港まで送ってくれます。

日本へ。

注意点

以下注意点です。

事前にチェック!
  • ①:20歳以上の健康な基礎疾患のない方が対象
  • ②:アメリカ入国にはESTAの登録が必要
  • ③:日本出国前のPCR検査の陰性証明書が必要(出国72時間前以内の検査)
  • ④:キャンセルする場合はキャンセル料がかかる
  • ⑤:航空券は別途購入が必要

申込後にキャンセルする場合のキャンセル料は以下です。

  • お申込みより7日前まで:旅行代金の20%
  • 6日前より3日前まで:旅行代金の50%
  • 2日前以降:旅行代金の100%

キャンセル料がかかることを頭に入れておきましょう。

航空券はツアーに含まれていないため、自分で別途購入する必要があります。

航空券の購入や空席状況などはエアトリでご確認ください。

公式:エアトリ

ワクチン接種サポートツアーの予約方法

エアトリが用意している専用の申し込みフォームから予約できます。

こちらからどうぞ。

公式:ワクチン接種サポートツアー申し込みフォーム

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!