Facebook広告の真の破壊力はこれだ!コストを抑えて集客効率を3倍に跳ね上げる闇技

Facebook広告の真の破壊力はここにあり!

f:id:libertyfactory:20160506170646j:plain

世界中を旅しながらPC1台でお金を稼いで
自由なライフスタイルを
送っているわけなのですが
それが出来ている1つの手段として
facebook広告の運用をしています。

誰にも気づかれないように
コソコソやっているのですが
その辺にいるweb広告の専門家や
facebook広告運用の自称プロに比べて
圧倒的に結果を出しています。

良い時では1リスト@150円。
悪い日でも1リスト@500円。

平均すると1リスト@300円くらいで
獲得しています。
(ちなみに1リスト@500円で超プロと言われています)

 

今回の記事では
facebook広告運用についての
数あるテクニックの中で

非常に短期間で爆発的な結果をもたらす

闇技をお伝えしたいと思います。

しかも、簡単すぎるので
ぜひ読みながら同時に
実行してくださいね。

 

ネットワークビジネスマンがよだれを垂らして欲しがった僕が500リストを〇〇倍にした方法

これは手元にあるリストを
アメーバのように培養させる方法
だと思ってください。

残念ながら
リストが手元にない人は
使えない方法です。

イチから構築したい方は
別記事を読んでみてください。

この方法のいいところは
単純にリスト数を増やすだけでなく
反応の良さを維持しながらも
新規顧客にアプロー チできるところです。

 

しかも、この施策はタダでできます。

 

人工知能をまとったビッグデータを持つ
facebookさまさまという感じです。

 

属性の薄いリストを集めても意味が無い

僕にとって
『属性の薄いリスト』と『見込み客リスト』
は同じリスト獲得でも意味合いと価値が
月とすっぽんほど違います。

なんでこんな話をするかというと
今回ご紹介する方法は
『属性の濃い見込み客リスト』
を集める手法だからです。

そして僕の中で
『属性の濃い見込み客リスト』
というのは、コンバージョンしやすい人。

つまり、商品購入の可能性が高い
お客様のことを指しています。

商品購入の可能性が高いお客様というのは
潜在的&顕在的なニーズ&悩みがあり
商品を購入出来るだけのお金がある人
のことです。

ビジネスライクな言い方をすると
利益を生み出してくれる人。
通帳残高の数字を増やしてくれる可能性がある人。

これが『属性の濃い見込み客』です。

なので、お金が無い人や悩みが無い人は
見込み客ではありません。

 

例えば、あなたが物販をしている方なら
『直接的に利益を生み出す人』は
・あなたの商品を購入してくれる人
・あなたの商品を紹介してくれる人
にあたります。

そして
『間接的に利益を生み出す人』は
・あなたが自分以外の他人の商品を紹介した時に購入してくれる人
という感じです。

 

僕が実際にやったことですが
見込み客リストがたった300でもあれば
今回ご紹介する方法でドカーーンと
今までの数倍利益を生み出すことだって可能です。

 

類友式リスト培養術

基本的なことは別の記事で書いていますので
途中で「どういうこと?」と思ったら
読んでみてください。

この記事だけだと知識がついていかない
と感じた場合は、ぜひ読んでみることを
オススメします。

さて、類友式リスト培養法は
Facebook ページとFacebook 広告を使います。

これら 2 つを使ってタダで
リストを増やすことができるのです。

さっそく具体的な方法をお伝えしていきますね。

 

facebook広告の闇技をセッティング

 

1:広告管理画面に入る

↓これは僕の Facebook画面です。

f:id:libertyfactory:20160506142003p:plain

右上端の「▼」タブをクリックすると
『広告を管理』ボタンがあるので
クリックします。 

(『広告を管理』は
広告を掲載したことがないと
表示されないので、1 度別記事の
見ながら広告出稿してみてください。)

 

広告出稿してすぐ掲載終了すれば
100 円かかりません。

広告管理をクリックすると
↓こんな風に広告マネージャが表示されます。

f:id:libertyfactory:20160506143054p:plain

そうしたら上にある
『ツール』タブをクリック。

そうするとこのように
表示されます。

f:id:libertyfactory:20160506143308p:plain

『オーディエンス』をクリック。

 

2:カスタムオーディエンスを作成

f:id:libertyfactory:20160506145716p:plain

『カスタムオーディエンス』をクリック。

すると、下図のような画面が出てきます。

f:id:libertyfactory:20160506145933p:plain

『カスタマーリスト』をクリック。

僕は、メルマガ配信スタンドから
CSVデータをダウンロードして
活用しているので
「ファイルをアップロード」
をクリック。

f:id:libertyfactory:20160506150139p:plain

僕は、メールアドレスを突っ込んでいますので
「メール」を選択してファイルをアップロードします。

f:id:libertyfactory:20160506150443p:plain

すると、このような画面になります。

f:id:libertyfactory:20160506151118p:plain

『完了』をクリックします。

これで、カスタムオーディエンスが
作成されました。

 

3:類似オーディエンスを作成

f:id:libertyfactory:20160506151504p:plain

類似オーディエンスをクリック。

こんな画面が出てきます。
 ↓ ↓ ↓ ↓

f:id:libertyfactory:20160506151708p:plain

『ソース』には
先ほどカスタムオーディエンスで
作成したデータを選択します。

『国』には
ターゲットにしたい国を選択します。

『オーディエンスサイズ』には
最初は左端のまま、一番少ない比率で
試すのがオススメです。

数値が低いと属性が濃くなります。
しかし、広告を表示する人数が少なくなります。

 

数値が高いと属性が薄くなります。
しかし、広告を表示する人数が多くなります。

つまり、「1」は属性が濃く
「10」に近づくにつれて
属性が薄くなるということです。

 

これが一体何をしてくれているのかというと
facebookが世界中の人の行動記録を
ビックデータ化していて
人工知能に記憶させているので
今いるリストに似ている人を選抜して
その人たちだけに広告を表示してくれる機能なのです。

 

つまり、無駄が徹底的に排除されるということです。

つまり、反応しそうな人にしか広告が表示されないということです。

 

費用対効果がハッキリと数字で把握でき
マーケティングが圧倒的にしやすくなるのです。

 

ちなみに、一番少なく設定しても
滝のようにリストが獲得できるので
「1」のままでいいと思います。

僕は、ずっと「1」のままです。

f:id:libertyfactory:20160506153511p:plain

最後に『作成』をクリックすれば
類友式リスト培養の闇技は完了です。

簡単過ぎますでしょ?

 

facebook広告の損益計算をしてみよう!

正直な所、リストが増えただけでは
意味がありません。

マネタイズ出来て初めて
facebook広告をやってよかった
というのが普通の考えですよね。

 

基本的にマーケティングテストをする時は

「ウェブページへの誘導」を選択して
1 日の予算を 1000 円で 2〜3時間だけ広告出稿します。

広告の種類にもよりますが
消費するのがおよそ500円くらいです。

類似オーディエンスで増やしたリストだと
反応が良い広告かどうかの目安として
クリックコンバージョン
(クリック数÷リーチ数)が3%以上です。

僕の場合は、テスト時平均4%です。

ここからテストをしながら
精度を上げていくので僕の平均は
5%を基準にしています。

f:id:libertyfactory:20160506154816p:plain

この反応が出たら
今度は 1 日予算3000円に設定して
2〜3時間だけ広告出稿してまた様子を見ます。

ここでも反応が良い広告は3%以上

ここまでできたらもう少し長い時間
広告を回してみてください。

 

この手法は個人的には
かなり手応えを感じています。

たなぜなら僕が回している広告でいうと・・

例えば、見込み客が100クリック。
CV平均15%なのでメルマガに15人が登録。

そうすると 4,000円の費用で
15リスト取得するわけです。

 

1 リスト取得単価なんと266円です。

 

プロダクトローンチをやって
リスト取得すると
1 リスト単価が1,000円以上するのも
ザラなのを知っている人なら
これが、割安すぎて
震えるのではじゃないでしょうか。

 

YouTubeやコンテンツマーケティング
ブログとか、インスタグラムなど。

メルマガリストを取る方法は
色々ありますが、コンテンツを
コツコツ作るやり方だと
時間がかかりますよね。

僕は、ブログ記事を作る場合は
1日に2記事くらいが限界ですし
youtube動画を作るのも結構しんどいです。

 

でも Facebook広告というのは
今あるLPやサイトにユーザーを飛ばして
リストを獲得していく手法なので
時間が短縮されて効率がいいです。

 

ずっと同じ広告を掲載していると
反応が下がってくるので
下がってくる前に次の広告画像や
広告文を考えておくのがオススメです。

あとはリンク先のLPやサイトの
キャッチコピーやデザインをを見直したり。

反応のいい状態をなるべく
維持できるようにしてみてくださいね。

 

類似オーディエンスでリストを増やすと
こんな風に一気に加速します。

 

まずは、クリック率5%以上の
反応が出る広告を作成しましょう。

それが作れたら類似オーディエンスで
滝のようにジャブジャブと
リストを獲得していきましょう。

 

※ちなみに広告がハマると
7ヶ月くらい同じ広告でも
ずっと反応が出続けたりします。

f:id:libertyfactory:20160506160946p:plain

 

関連記事 

 

 

 

 

 

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!