シアトルの名所!?実店舗Amazon booksに行ってアマゾンの脅威を垣間見た

Amazonが唯一実店舗の運営している本屋「Amazon books」に行ってきました。時代はどんどん進んでいることを感じましたし、何と言っても今では世界的な大企業となったAmazonの脅威です。

実際に行ってみて僕が肌で感じたことと店舗内の様子を合わせて書いていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。そして、シアトルに行く機会があれば、Amazonの店舗はおすすめですよ!

Amazonがシアトルに与えている影響力

コストコ、スタバ、マイクロソフトなど世界的に有名な企業が生まれたシアトルで、今、どっしりと腰を据えているのがAmazonです。

シアトルの人口が60万人に対してAmazonの従業員が2万人。なんと、シアトルに住む30人に1人がAmazonの従業員となっているのです。

Amazonはシアトルの街に大きなインパクトを与えていて、Amazonタウンに生まれ変わりつつあります。

そんなAmazonは、まだまだ採用枠を増やす潮流にあり、Amazonのビルや倉庫が郊外に建設ラッシュで、不動産価格が高騰し続けています。不況という言葉はどこにあるんだ?という感じです。

また、GoogleやFacebookのエンジニアチームの拠点もシアトルにあることから、シアトル郊外ではコンドミニアムや一軒家が数多く建設中です。

シリコンバレーはもう時代遅れなのか?と、思うほどの凄まじい勢いを感じました。それは、東南アジアで感じる活気ある勢いとは全く違う妙な静けさです。

Amazon実店舗の面白い注目ポイント

f:id:libertyfactory:20161021061442j:plain

「実店舗の本屋を無くす」を目標に、今までオンライン完結を徹底していたAmazonが開業した実店舗型のAmazonbooks。

この本屋の面白い点は、店頭に並んでいる本が、オンラインのAmazonにて販売されている本の中からレビュー、評価、売上データなどの情報をビッグデータ化し、マーケティングされているところです。

これからの時代の新しいマーケティングの形

f:id:libertyfactory:20161021061449j:plain

実際に

  • オンラインのAmazonでの評価が4.0以下のものは店頭に並ばない
  • ベストセラーだからと言って店頭に並ぶわけではない
  • レビューコメントがそのまま表示されている
  • 平積みされているのは新しい本ではなく4.8以上の評価の本

など、普通の本屋さんとは違う一面を垣間見る事が出来て、とてもワクワクします。

この実験とも挑戦とも取れるAmazonの取り組みを見ていると本屋さん以外の店舗までもがビッグデータ化し、一般的になるのが遠くはない未来のような気がしてなりません。

僕もビッグデータを用いてマーケティングに転用する仕事をしているので、身をもって実感しているのですが、ビッグデータというツールの破壊力は凄まじい威力があります。

かなりパーソナルな部分まで入り込めるので、ドン引きするくらいピンポイントに絞り込む事が出来るんですよね。住んでいるエリア、性別、年齢はもちろんの事、どういうURLをクリックしたか?どういうものに興味があるのか?というweb上での行動を追いかける事が出来るので、恐怖を感じるほど細かくデータ化することが出来るのです。

オンライン完結のビジネスモデルからの脱却

f:id:libertyfactory:20161021061450j:plain

そして、このままビッグデータを店舗経営に転用するモデルが出来ると、マーケティングという仕事さえもロボットの仕事に置き換わるのでは?とイメージすることが出来ます。

そして、こうしたAmazonの動向を目の当たりにして感じたのが、ビジネスをオンラインで完結させる時代が終わりに差し掛かってきているのではないか?とも読み解けるような気がするのです。

世界中がAmazonだらけになるかもしれない

f:id:libertyfactory:20161021061439j:plain

さらに、本の価格がオンラインと同価格なので、そこから俯瞰して考えを巡らせると

  • Amazonが経営する家電量販店
  • Amazonが経営するホームセンター
  • Amazonが経営するCDショップ
  • Amazonが経営するリサイクルショップ
  • Amazonが経営する車屋

のように、色んなジャンルのAmazon実店舗が出てくる事も無くはない話だと思うんですね。

実際に、どんどん色んな会社を買収していますし、大手配送業者との契約解除を検討し、配送は自社で実施する方向性に進んでいることを考えると「脅威」という言葉がしっくり来ます。

すぐそこまで来ている!?人間の仕事が無くなる時代

キューバや東南アジアを訪れた際に、人間の仕事がロボットに置き換わるということをそこまで感じませんでした。物理的にまだまだ時間がかかるだろうと。

ですが、最先端な技術や考え方に触れると、もはやそれは当たり前のように感じ、さらに俯瞰して物事を捉えてみると「人間の仕事を無くすための仕事を人間が一生懸命取り組んでいる」という何とも面白い光景が目の前に広がっていることが分かります。

Amazon実店舗に行ってみて、時代が大きく変わる瞬間を体験できていることに大きな喜びを感じますし、色んな価値観を行ったり来たりできるのも旅ならではの特権だと思うのですが、とんでもないスピードで世界は変化していることに気づかされます。

仕事が無い時代の人間の生き方について考えさせられた貴重な時間でした。

そんなAmazon実店舗の店内の様子と営業時間などの詳細をご紹介して、今回の記事は終わりにしたいと思います。

ジャンルごとに並べられた本

f:id:libertyfactory:20161021061441j:plain f:id:libertyfactory:20161021061440j:plain f:id:libertyfactory:20161021061442j:plain

一冊一冊の本に、オンラインAmazonでのレビューや評価数が表示されています。

f:id:libertyfactory:20161021061449j:plain f:id:libertyfactory:20161021061453j:plain f:id:libertyfactory:20161021061454j:plain

外国人向けの日本旅行本。イラストがチープすぎて何か残念。世界から見た日本と日本から見た日本は違いが生じていることが分かります。

f:id:libertyfactory:20161021061455j:plain

星の王子さまってすごいですね。

f:id:libertyfactory:20161021061445j:plain f:id:libertyfactory:20161021061447j:plain f:id:libertyfactory:20161021061446j:plain f:id:libertyfactory:20161021061448j:plain

年齢別で並べられている子供向けの本。

f:id:libertyfactory:20161021061451j:plain

座って本を読めるスペース。

f:id:libertyfactory:20161021061459j:plain f:id:libertyfactory:20161021061444j:plain

売られているのは本だけではなく、kindleやヘッドホンなどのamazon製品も。

f:id:libertyfactory:20161021061458j:plain f:id:libertyfactory:20161021061456j:plain

スマートすぎるレジ。

f:id:libertyfactory:20161021061500j:plain

シアトルに行く際は、スタバのコーヒーを片手にぜひAmazonのリアル店舗へ。
日本人経営者の方々も視察ツアーで来ていたので、経営者の中では日本でも注目されているようです。

Amazon booksの基本情報

住所:メンチーズ・ユニバーシティ・ビレッジ 4601 26th Ave NE, Seattle, WA 98105
営業時間:9:30-21:00 (日のみ11:00-18:00)

Amazon booksの地図情報

f:id:libertyfactory:20161023105654p:plain

シアトルのダウンタウンからはリンクトレイルの乗ってワシントン大学駅へ。乗車時間は約10分。ワシントン大学駅からは徒歩で20分程度。もしくは65番のバスに乗車すればamazon books店舗の近くまで行くことが出来ます。

バスや電車に乗る際は、オルカカードがあると、お得で快適なので、ぜひ入手することをオススメします。

参考記事:簡単に出来た!シアトル観光が3倍快適でお得になるorca(オルカ)カードの買い方と使い方

ワシントン大学駅からのオススメは行き方は、ワシントン大学構内を散歩しながらAmazon booksを目指すルートです。ワシントン大学構内は、ハリーポッターの世界に潜り込んだ景色を味わえるので楽しいですよ!

僕は、ワシントン大学エリアの散策を終えたら、すぐにシアトルの中心地に戻って生牡蠣のハッピーアワーを満喫しました!生牡蠣が1個1.5ドル!安いし美味くて最高でした!!

関連記事:口コミで話題の生牡蠣が1.5ドルで食べれるシアトルのレストランをご紹介!ハッピーアワーを狙おう

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する