タウンプレース スイート バイ マリオット ニューヨーク マンハッタン/タイムズスクエア宿泊レビュー

ニューヨークのタイムズスクエアまで徒歩4分のホテル「タウンプレース スイート バイ マリオット ニューヨーク マンハッタン/タイムズスクエア(TownePlace Suites by Marriott New York Manhattan/Times Square)」について、宿泊した経験をもとにご紹介します。

ホテル内の様子は動画でもご覧いただけます。

立地

タイムズスクエアまで徒歩4分の場所に位置するタウンプレーススイートバイマリオットは、ニューヨーク観光の中心地にあり便利な立地です。

徒歩30秒の場所に安くて美味しいと評判のハンバーガー店「Shake Shack」もあります。

最寄り駅は42 St。マンハッタン橋やブルックリン橋まで乗り換えなしで地下鉄1本で行くことができます。

チェックイン/チェックアウト

  • チェックイン:16:00から
  • チェックアウト:12:00まで

チェックイン時間が16時からとなっていますが、早めに到着しても荷物を預かってくれるので、チェックイン出来なくても、荷物を置いてそのまま観光を楽しむことができます。

なお、SPGアメックスカードを保有していればゴールド会員の特典であるアーリーチェックインが可能なため、定められたチェックイン時間よりも早く部屋に入ることができます。

そして、希望すればレイトチェックアウトも可能です。

僕はSPGアメックスを持っていたおかげで、12時前にチェックインすることができました。

関連:SPGアメックスカードが旅行好きに人気沸騰中!お得な申込キャンペーン情報・メリット・デメリットをご紹介します

受付近くにあるウォーターサービス。もちろん無料で飲めます。

チェックイン時の受付近くのロビー。

コーヒーが飲み放題なだけではなくコンセントもあるので、ゆっくりパソコン作業をすることも可能。

客室

スタジオクイーンタイプの客室に宿泊。硬すぎず柔らかすぎない心地いいベッドでした。

お部屋はスーツケースを広げても邪魔になることがないくらいの広さがあったため、ゆったり過ごすことができました。

ベッド脇には電源コンセントとUSBコンセントが配置。

ベッドの向かい側にテレビ、ラック、小さなテーブルがあります。

キッチンが付いているものの、ダイニングテーブルが無いのが残念でしたが、お部屋は文句の付け所がないほど清潔で快適です。

ラックの中には多めのハンガーと大小タオルが用意。

アイロンとアイロン台も完備。

お部屋からの眺めは正直微妙です。

ルームサービスも豊富だったので、食事をしに外出するのが面倒な場合も便利です。特に小さなお子さん連れで滞在する際は助かるはずです。

しかも価格的にリーズナブルだったので利用しやすいです。

キッチン

タウンプレーススイートバイマリオットはレジデンスタイプのホテルなので、キッチンが完備しています。

キッチン機能は、ひとり暮らし用のアパートよりも充実しています。

IHコンロが2口、電子レンジ、トースター、調理器具、食器類が充実。自炊するのも困ることはないです。

食器の種類が多いとレパートリーを増やせるので良いですよね。

バスルーム

バスルームはトイレとシャワールームが一緒になっているタイプです。

感動ポイントだったのが、バリアフリー対応になっていたことです。バスルームに入るのに段差がありません。

手すりも多めに配置されているので、車椅子の人だけではなく高齢者にも優しい作りになっていました。

こちらにもタオル。トイレットペーパーの替えとティッシュペーパーも。

ソープ類は、シャンプー、コンディショナー、石鹸。滞在には十分です。

リクエストすれば追加でもらうことも可能です。

シャワールームは完全にバリアフリー対応しています。

無料朝食

マリオットの上級会員でなくても無料朝食が付いています。

ただしパン、スクランブルエッグ、ジュース、コーヒー程度の軽食なので、そこまで充実していません。

無いよりはありがたい程度です。

まとめ

 

ニューヨークで好立地なホテルでマリオットの割には宿泊費が安いので、満足度高く滞在可能です。

詳細:Booking.com / エクスペディア

そして、SPGアメックスの無料宿泊特典を利用すれば1泊何万円もするホテルが無料になるので、1泊で年会費をペイするだけの価値となります。

しかも、タイムズスクエアの目の前にあるマリオット・マーキスとは違い、税金も取られないので実質無料で宿泊可能です。

ニューヨークでキッチン付きのホテルを探している場合は、ぜひ検討してみてください。

観光もしやすくて快適でした!

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!