ノマドワーカーを追求するために徹底的に排除すべきこと

仕事をノマド化するということは

個人事業主になることとは

少し違う考え方をしなければなりません。

 

なぜなら、その場にいなくてもいい

という環境を整える必要があるからです。

 

世の一般常識とは少しルールが違います。

 

そのルールの1つとして

ノマドで年収をどんどん上げたり

自分らしく自由にノマドライフを

送っていくためには

「不得意な仕事」は

やってはいけないというルールがあります。

 

今回は、これについて

解説したいと思います。

 

 

僕自身ノマドになって数年経過し

今では自由なライフスタイルを送っていますが

最初の頃はこれが全然出来ませんでした。

 

 

なぜなら、

 

「全て自分でやらないと気がすまない」

 

という強迫観念があったからです。

 

 

そして、なぜ、そのような考え方が

あったかというと

 

「デキる人になって何でも出来ないと

 何となくヤバイ気がしていた」

 

からです。

 

個人で生きていくという危機感が

強すぎたゆえに導き出された行動だったのです。

 

ま、端的に言うと

必死だったということです。

 

ただ、かえって生産性を下げて

足を引っ張る行為にもなっていたな〜と

今、振り返ってみて思います。

 

出来ないことを出来るまで努力したり

苦手なことを必死にやったり

というのは、やっぱり

スピード感が落ちます。

 

もちろん、クオリティもです。

 

これは、自分らしく自由に働いている人と

仕事をし始めて気づいたことなんですが

仕事の進め方が僕と真逆だったんです。

 

 

まず、取り組む仕事を何でもノマド化

させてしまう人と一緒に仕事を

してみて思ったのが

 

仕事をシェアするのが上手

 

なことです。

 

 

自分の得意な事、不得意な事が

ハッキリと分かっているので

自分より出来そうな人がいたら

どんどん仕事をお願いしていきます。

 

たとえ、自分の報酬が減ってもです。

 

これには、衝撃を受けました。

 

 

当時の僕は、回ってきた仕事に関しては

 

「これを逃すまい!!

しっかりとやり切って信頼を勝ち取って

次に繋げていこう!!」

 

と考えていたので

真逆だったのです。

 

 

あまりにも真逆すぎて

 

「なぜ、〇〇さんは■■が出来るのに

あえて別の△△さんに仕事を振ったんですか?」

 

と聞いて回っていたことがあります。

 

 

ノマドで活躍していればしている人ほど

 

「自分にしか出来ない仕事や

本当にやりたいことに集中している方が

充実するし、年収も増えるよ〜」

 

と、教えてくれました。

 

当時の僕にとっては、これが

衝撃だったんですよね。

 

 

自由なノマドライフを送っている

人たちの共通点として

 

自分がやるべき仕事だけに

集中することが義務だと考え

自分が不得意な仕事は

それを得意とする人に

パスを回すということ。

 

その方がみんな潤うし

一人ひとりの長所がどんどん伸びて

結果としていい結果をもたらす。

 

という世界で生きているのです。

 

 

僕が、悪戦苦闘していた仕事を

ある人はクリエイティブな才能を発揮して

パタパタと軽快に処理していく。

 

この、あうんの呼吸というか

チームプレイの潤滑さたるや

美しさを感じてしまうほどです。

 

 

そして、先輩はこう教えてくれました。

 

「将太さー。お前がやるべき

 仕事だけに集中できる

 自分の時間をなるべくたくさん

 作り出すことが自由なノマド人の

 鉄の掟だよー。」

 

と。

 

続けて先輩はこう教えてくれました。

 

仕組みやデバイス、ツール、アプリなどなど

使えるすべてのものをフル活用して効率化して

なるべく短時間で仕事をするんだ。

 

その効率化で得られた時間は

 

・自分にしか出来ないことの追求

・自分のやりたいことの追求

・長期的な構想

・取り組むことのオートパイロット化

 

のために時間を使ってさ。

 

 

常に、自分にしか出来ないことだけに

焦点を当てて、それを世の中に

提供すること。

 

そして、自分がその場にいなくても

回るように仕組み化すること。

 

それが仕事だよ。

 

作業は仕事じゃないからね。

 

 

そして、仕事をやるのは

せいぜい1日2〜3時間にしておいて

あとは、自由に好きな事やろうぜ。

 

それがノマドの特権ってもんよ。

 

 

その教えをきちんと守り

今では自由なライフスタイルを

手に入れることが出来ました。

 

 

仕事をしている感を欲しくなったり

そうすることもある。

 

でも、仕事している感しかない作業は

仕組み化して自動化していくこと。

 

なんでも手間をかけるという考え方から

手間をかけるべきところを見極めて

そこに集中すること。

 

 

これらは、ノマドライフを送るために

必須なことだと感じて僕は今でも

徹底しています。

 

 

ノマドになってまで

コモディティ化していても

仕方ありませんよね。

 

コンピューターやロボットで代替の利く

「量産型日本人」

を追求するのではなく

 

オリジナリティの追求を。

 

そして、人生に圧倒的な自由を。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!