山際将太って誰?(プロフィール一覧)

山際将太(やまぎわ・しょうた)

1987年2月15日生まれ(新潟県新潟市)
お金を稼ぎながら世界中旅をしている人

旅をする前は、コピーライター、マーケティングコンサルタント、プロデューサー、マーケター、リサイクルショップ経営、農家などとして活動していました。

現在は、以前の経験を体系的にまとめて、自分なりにアレンジして1日2〜3時間程度の仕事の在り方・やり方を構築して旅をしながらでも出来るように仕組み化しています。

抽象的にまとめると、集客・セールス・ビジネス創造のプロとして労働収入と不労収入をバランス良く得ながら、世界中どこにいてもキャッシュフローが上手く回るように意識してビジネスとライフスタイルを構築しています。

スカイプでのコンサルティング、サイト制作、メルマガなどを通して知恵の分かち合いをするという大好きな仕事で満足できるお金と時間を確保して旅を続けています。

これまでの主な経歴

18歳 新潟明訓高校卒業
22歳 日本体育大学体育学部体育学科卒業
22歳 大学卒業後、アミューズメント業界に就職
22歳 営業代行業として個人事業スタート
24歳 会社創業に携わる
25歳 独立
29歳〜PC1台でお金を稼ぎながらカップルで世界一周中←今ここ

山際将太のエピソード

 山際将太はこうやって育った

父が転勤族ということもあり「愛知⇒名古屋⇒神戸⇒新潟」と引越しを繰り返していました。

そのため、父が休日の日には、母が作ってくれたお弁当と水筒を車に詰め込んで、各地で色んな所に連れて行ってもらっていました。名古屋にいた時は、岐阜・三重など東海地方へ。神戸にいた時は、大阪・京都・奈良・滋賀・岡山・徳島など関西四国地方へ。

決して物質的には裕福とは言えない家庭環境でしたが、たくさんの経験と愛情を与えてくれました。

きっと、幼少期に色んな所に連れて行ってもらった“旅の楽しさ”が今につながり、旅を続けているのかもしれません。

車の中で兄弟喧嘩をして両親に怒られたり、公園でお弁当を食べたりしながら各地を巡っていたのが今となってはいい思い出です。泣きながら食べたおにぎりと卵焼きの味は今でも忘れられません(笑)

小さい頃からたくさんの移動によってなかなか出来ない経験をさせてもらい「世界は自分が思っているよりも広くて、環境によって常識が変わる」という価値観を持って育ってきました。そんな価値観が小さい頃に根付いたからこそ、今の自由な僕になったのだと思います。

引越しによる環境の変化についていけず、親を恨んだこともありましたが、今では本当に感謝しています。

小さい頃から高校時代までの僕の生い立ちはこちら。(Comming soon…)

人生を大きく変えた東京での一人暮らし!日本体育大学生活の始まり

普通の大学に行ける学力がなかった僕は、実技試験でカバーできる日本体育大学体育学部体育学科に入学。

今の時代では珍しい「築50年の風呂なし・洗濯機なし・家賃手渡しの超オンボロアパート」から一人暮らし生活がスタートします。なぜ部活をやろうと思っていたのにこんな条件にしたのかは今でも謎ですが、もしかしたら、チャレンジャー精神がちょっとだけ屈折していたのかもしれません。

部活をやって毎日汗まみれになっていた僕としては不便すぎたので、シャワーと洗濯機を求めて仲間の家を転々とする日々。

そのおかげか毎日のようにお酒を酌み交わしながら仲間と語り合う濃厚な時間を共有することが出来ました。

しかし、全国津々浦々から集まる個性の強すぎる仲間との出会いに刺激と影響を受けまくる時間を過ごす中で、自分へのコンプレックスを感じるようになりました。

自分の人間的薄さ・自分軸の無さに強烈な劣等感を感じ始めるのです。「空っぽ」な自分に気づいてしまった18歳。

そして、空っぽな自分を必死で埋めるために、在学中は自分の人生について模索し色んな事に挑戦しました。

そんな僕が大きく変わっていく物語は失恋から始まります。

大学3年の4月。当時付き合っていた同学年の彼女が短期大学だったため新潟へUターン就職。そして、その数週間後に彼女に「好きな人が出来た」と告げられ僕の心は粉砕。

この失恋がキッカケで僕の人生は大きく変わっていきます。

人生の角度を変えた1枚のCD

僕がへこんでいる様子をどこかで知った母が、1枚のCDを送ってきました。封筒を開けてみるとメモ書きも何もなくCDだけがポンっと入れてありました。

「何これ?間違えたのかな?」と思い、母にメールをしてみたら「聴いてみて。」の一言。

もしかして失恋ソング集を作って送りつけてきたのか?と、若干の怒りを感じながら、CDを聞き始めました。

「何なんだ、この人は!?」と、頭をトンカチでぶん殴られたような衝撃を受け、途中からは涙を流しながら聞いていました。

三重県伊勢市でウェディングレストランを経営されている中村文昭さんという方の講演会をCDに焼いたものだったのですが、消えかかっていた心の灯火がメラメラと湧き立ってきた感覚は今でも鮮明に覚えています。

よければ聞いてみてください。今の僕の基本的な考え方をつくってくれた一人です。

これを聞いてから「人の人生経験を垣間見ることで広がる世界の大きさを知る」ということに面白さを感じ、色んな本を読み漁るようになりました。

そして、「もっと広い世界を見てみたい!」と思い、インドへの一人旅を挑戦をすることに。

大学3年1月 インドへの一人旅

就職活動真っ最中でしたが、このまま就活の流れに乗るのはどうなの?という疑問を抱き始めます。

当時の僕なりに悩んだ挙句「学生が人生で一番楽しいから遊んでおけよ!」という人生の先輩方からの悲痛な叫びがキッカケで、就活している場合じゃないという結論に至り、思い切って一人でインドへ。

ここがキッカケで、僕は旅の虜になってしまいました。インド旅初日で監禁されて怖い思いをしたのにも関わらず。

他にも東京から新潟までママチャリで27時間かけて帰省したり、ヒッチハイクの旅をしたり、タイへ行ったり、かっこいい大人との出会いを求めてmixiを使って色んな人に会いまくったりしていました。

「とにかく人がしないようなチャレンジをすれば、空っぽな自分を埋めて変えることが出来る!」と、強烈な強迫観念に駆られていたんだと思います。

当時は、焦り・葛藤・不足感・欠乏感・無価値感・承認欲求がたくさんあって、グチャグチャになっていた時期です。

大学卒業後、パチンコ業界に就職

人事に惚れ込んで、そして、惚れ込んで頂いて相思相愛かつ期待の新人(?)として就職を勝ち取るも組織の窮屈さに耐えられず、鬱っぽくなり5ヶ月で退職。失恋に続く人生二度目の挫折。
(今の人生の基盤・糧になっているのは間違いないので、スペシャル感謝しています。)

 

22歳 フルコミッション制の営業畑へ

「東京出なきゃ何も始まらねぇ」という東京に行けば何かがあるという完全に安易&他力本願すぎる発想で上京。お金がなさすぎて当時付き合っていた彼女の家に転がり込みます。ええ、俗に言う“ヒモ”ってヤツです(笑)

特にやりたい仕事もなく、営業力さえつけてしまえば起業しても食いっぱぐれないだろうと考え、世間からは怪しいと言われ人から嫌われるNo.1の職業。訪問販売員デビュー。爽やかで優しい(?)営業マンとして活動します。

売り込みが下手クソすぎて喋れない営業マンだったものの、契約件数全国5位、成約率全国1位の成績を残し、この時にセールスとマーケティングのスキルを習得しました。

「セールスは言葉巧みなプレゼンスキルではなく寄り添うスキルが大事」という事を知ります。

24歳 会社創業に携わる

地元新潟の会社創業に参画。声をかけてくれた社長との二人三脚。全く何も無い所からビジネスを生み出すとはどういうことかを徹底的に学びました。

しかし、レベルが高すぎて全く役に立つことが出来ず、1年半で退職。ここで人生三度目の挫折。

25歳 独立

プライドも希望も自信も全て粉砕され、金無しコネ無し人脈無しのゼロからのスタート。

本当にゼロになった時に「人に喜んでもらえることをしよう」それだけが湧いてきた。そして、今まで抑え込んでいた自分の心のフタを開けて「自分はこう生きる!」と言うようになりました。

そして、お金を稼ぎながら世界一周中の現在に至ります。

実績

  • ウェブを活用したマーケティングコンサルタントとしてECサイトやブログ、ホームページに対してアドバイスを行う。ブログをやったことが無い人にアドバイスをし、開始わずか1ヶ月半で売上50万円達成した人も。
  • 特化ブログを運営しブログマーケターとして毎月400名近いメルマガ読者を継続的に集客(広告費0円)。
  • FB広告を使ったweb広告マーケターとして1リスト300〜400円で集客。
  • 今までにない新しいビジネスモデルのリサイクルショップを立ち上げて初月からたった一人で利益100万円達成。コピーライティングスキルを使ったチラシ集客で成約率2%を継続的に叩き出す。

など、コピーライター、マーケター、コンテンツ制作、ビジネス創造などビジネスにおけるあらゆる領域の発信技術を駆使しながら、自分でも何者かが説明しづらいカテゴリーの人になっています。

お前は一体何者なんだ!?

法人個人問わずクライアントを抱えていますが、一言で言える便利な言葉が見つからないので、少しカッコつけて「小説アルケミストのような旅人」と自称しています。

「大人がマジで遊べばそれが仕事になる」という高橋歩さんの名言がありますが、そんなノリで自分のやりたい事や好きな事をマネタイズしていく人って言ったらイメージしやすいかと思います。

そのための要素を細分化してあえて職業的な言葉にすると、上記に挙げたようなコピーライター・コンサルタント・マーケター・ビジネスクリエイターみたいな感じになります。

そして、それらの要素を使って「旅人」という職業のカテゴリーを創ろうとしている今です。

おそらく、よく分からないと思うんですが、でも、それだけ何でもやっちゃっていいという裏返しというか指標になるんじゃないかなと思っています。

「定義しにくい生き方」「カテゴライズ出来ない生き方」「新しい生き方」「自由気ままな生き方」「枠にハマらない生き方」をしている人が本当にいるんだ!そういう生き方アリなのか!と思ってもらえたらいいなと思います。

「たまたま出会った本がキッカケで人生の転機になった!」ということがよくあるように「たまたまたどり着いたブログを見て、何、この人!アツい!面白い!」というのが人生の転機になることだってあると思うんですね。

僕も、10代〜20代前半にかけて、世の中の型にはまらない自由で型破りな先輩たちの生き様を本やブログを通して知って、20代半ばで自分の生き方の舵を切りました。ぜひ一人のモデルケースとしてあなたの生き方の参考にしてもらえたら嬉しいです。

職業から逆算して生き方を考えるのではなく、生き方から逆算して自由自在に自分の人生を創っていく仲間を増やしていくために絶賛活動中です。

そして、いま、ここ。

f:id:libertyfactory:20160426165414j:plain

Macbook airとドローンを持って仕事をしながら世界中を回っています。人生は最高に楽しいです!

無料メールマガジン

世界中旅をしながら自由に生きるための作戦会議室のようなメルマガを発行しています。

ご登録頂いた方には期間限定で

  • 生涯飛行機代がかからないマイルを駆使した次世代の旅行テクニック
  • 最初の軍資金10万円の作り方
  • マル秘プレゼント(リニューアル中…)

をプレゼント中です。

※リニューアル中です

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

生涯旅人というライフスタイルを構築する方法


・ハワイ行きのビジネスクラス航空券を無料でゲットする方法
・70%OFFになるホテル予約術
・ワガママなワイフスタイルを構築する方法
など、貯金を切り崩して旅をするのではなく、旅がライフスタイルをするために役立つ情報が満載です!

そして、何やらここでは言えない期間限定の 『超豪華特典』が付いています。

今のうちにゲットしてくださいね。
それでは、メルマガでもお待ちしています。