これぞ最強の語学留学!留学しながら家庭教師でお金を稼いだニュージーランド生活体験記

今回は、語学留学でニュージーランドに3ヶ月間生活していたNさんの体験記です。語学留学しながらホームステイ先の子供に家庭教師で勉強を教えてお金を稼いでいたNさん。

英語で勉強を教えてお金がもらえるなんて、まさに最強の語学留学と言えるでしょうし、カッコいいストーリーです。ぜひ何か参考にしていただければと思います。

ニュージーランド生活をしていたキッカケ

英語を勉強したくて、すでに留学経験のあった、イギリス、アメリカ以外の、緑豊かな場所を探して、ニュージーランドに留学しました。イギリス、アメリカでは、都会で暮らしたので、今度はのんびりしたところに行きたくて、ニュージーランドに。

トレッキングやパラセーリングなど、自然に触れる体験ができる場所が近くにたくさんあったのも決め手でした。

滞在期間と生活費用

ホストファミリーの家に3ヶ月滞在して生活していました。クライストチャーチという町のダウンタウンから、バスで40分くらいかかる、牧場が点在する山の上の大きい一軒家でした。

私の部屋は、2階の東の角部屋で、お風呂とトイレは、その家の子供たちと共同で使っていました。ホストファーザーとホストマザーの部屋には、専用のお風呂とトイレがついていたと思います。

ホストファミリーの家の滞在費(食費含む)が8万円と、外食費や交通費、遊興費があわせて5万円くらいで、一ヶ月の生活コストが全部で13万円ほどかかっていました。

ニュージーランド生活で大変だった事

ホストファミリーの食生活が、野菜中心だったので、ずっとその食生活が続くと、ステーキやハンバーガーなどのお肉料理が食べたくなって、困りました。友人と外食する際に、思い切りお肉を食べて、ストレスを解消していました。

また、家族全員、夜10時頃には寝るので、早寝早起きに合わせるのが、夜型の私には大変でした。
言語は、それまでに、すでに他の国々で英語を習得していたので、特に困りませんでしたが、ニュージーランド人独特のなまりがあって、ごくたまに聞き取れないこともありました。

仕事は、現地の子供たち(ホストファミリーの子供たちを含む)の家庭教師をしていましたが、日本人ほどきちんとしていない人が多いのか、こちらから言わないと授業料を払わないなど、日本とは勝手の違うこともありました。

やはり、日本人のように、遠慮したり、あまり自己主張しないと、相手のいいようにあしらわれてしまうと感じました。

ニュージーランド生活で良かったなと思う事

ホストファミリーの女の子と、同い年だったため、よく一緒に話をしたり、ショッピングに行って、現地で人気の洋服屋さんで買い物したり、食事に行ったりして、英語力を磨くことができ、友情も深まってよかったです。

ホストファミリーには、3人子供がいて、よく遊んでいた女の子のふたりの弟たちは、まだ小学生だったのですが、私が家庭教師をしたことがきっかけで、成績も良くなり、とても懐いてくれるようになり、嬉かったです。

家族全員と仲が良く、休みの日には、みんなで計画して出かけたり、家族の一員として過ごせたのが楽しかったです。

これからニュージーランド生活する人へメッセージ

ニュージーランドは、場所にもよりますが、緑豊かなのんびりした町が多く、とてもきれいなところです。大学や語学学校もたくさんあり、日本人の友人も、ニュージーランド人の友人とも知り合いになる機会が多いと思います。

ニュージーランドは、基本的にのんびりした印象がありますが、やはり外国ですし、犯罪率の高い地域は、大都会でなくても存在します。

開放感から、下調べなしで出かけたりせず、学校関係者や、現地の友人に話を聞くなどして、危険な地域に足を踏み入れることがないように気をつけてください。

また、生活費、食費もあまり安くは無いので、日本の生活と変わらないくらいの予算を組んでいくほうがいいかもしれません。

旅をしながら夢をかなえる方法

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新のオトクな旅行術を知りたい人

に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!