バンコクの現地SIMカードAISを購入!契約の仕方や使い勝手をレビュー

タイ旅行について調べる中でインターネット環境をどうしようか検討している人は少なくありません。

結論から言うと、タイでのインターネット環境は

  • SIMフリーのスマホを持っている人:現地のSIMカードを購入
  • SIMフリーのスマホを持っていない人:モバイルルーターをレンタル

という選択をすることを推奨しています。

この記事では、

  1. タイの現地SIMカードの購入方法
  2. SIMの登録とプラン
  3. タイのSIMカードを使ってみた使用感と注意点

をタイ旅行初心者向けに分かりやすくご紹介します。

まずは、その前に、現地でSIMカードを購入して利用するメリットです。果たしてSIMカードは必要なの?と思っているかもしれませんので、メリットを見て、購入するかどうかの判断材料にして頂ければ幸いです。

タイの現地SIMカードを利用するメリット

メリットは主に3点です。

  • ネットがどこでも使えるから便利。Googleマップを使えるので道に迷う事が無くなくなる
  • 調べ物をしたい時にその場で調べることが出来る
  • WiFiが有料のホテルでも追加料金を支払う必要が無い

Googleマップを使える最大のメリットは、タクシー乗車時に目的地を口頭で伝える必要が限りなく減る点です。タクシードライバーにGoogleマップを見せればそのまま目的地へ向かってくれたりするので、とても便利。

また、観光地を巡っていて、自分が今どこにいるのか分からなくなった時もGoogleマップを開けばGPSで自分の現在位置を知らせてくれるので、道に迷うことも無くなります。

あとは、現地を散策している時に、良いレストランないかな?とその場で調べることが出来るので、事前の下調べをしていなくても何とかなるんですよね。

そして、一部のホテルやゲストハウスではWiFiが有料の場所もありますし、無料だったとしても回線速度がめちゃくちゃ遅かったりするので、その時にめちゃくちゃ重宝します。

また、公共のパスワード無しで使える無料WiFiの場合は、データが盗み取られるリスクもあるので、ちょっと怖いかなと思っています。

タイの現地SIMカードを利用するメリットはこのくらいです。

タイの現地SIMカードはどこで購入出来るの?

では、タイの現地SIMカードはどこで購入出来るのでしょうか?購入出来る場所は様々で

  • Amazon(日本の)
  • 空港
  • ショッピングモール
  • 通信会社の店舗
  • コンビニ

など、色んな購入方法があります。

現地SIMカードを購入する前に知っておきたい注意点

外国の現地SIMカードを購入して利用する場合は、SIMフリーの端末(スマホ・タブレット)が必須です。日本で購入するほとんどの端末は、SIMロックという形で、はじめに契約した会社のSIMカードしか使えないようになっています。

SIMロックされている端末の場合は、海外の現地でSIMカードを購入しても利用できないので、まずは、自分の端末がSIMロックなのかどうかを調べておく必要があります。

日本のAmazonで購入する場合の注意点

特に言語に自信のない方は、Amazonでの購入を推奨します。タイに出発する前に、AmazonでSIMカードを購入し、現地まで持っていけばそのまま利用することが出来ます。

値段的にも現地で購入する場合とあまり変わりませんし、4G回線が無制限で利用できるので、何らストレスがありません。そして、タイの通信会社の中でもカバーエリアが広いのものなので、タイの地方に行く人にも最適。

ただし、利用期間が7日間なので、タイに7日以上滞在する場合は、現地で別のプランのSIMカードを購入した方が安上がりになります。短期旅行にはバッチリです。

現地で購入する場合の注意点

周遊をしている人や長期滞在を考えている人は、現地で最適なプランを選ぶのが最も合理的です。現地で購入する場合は、パスポートの登録が義務付けられています。

なので、タイでSIMカードを購入する時はパスポートの持参が必須です。空港で購入する場合は問題ありませんが、街中で購入する際は、パスポートを持っていない事もあると思うので、ご注意ください。

実際に現地SIMカード「AIS」を店舗で購入してみた

ショッピングモールの中に入っているAISの店舗に行って購入してきました。高級ブランド店のような内装です。ビーサン短パンだったので、入りづらさを感じましたが、全く問題ありませんでした!笑

入口に受付スタッフがいたので、SIMカードを購入したい旨を伝えると、カウンターに通され・・・。

スタッフから料金プランが記載されているリーフレットを手渡されました。AISの料金プランは大きく分けて7日のプラン、15日のプラン、30日のプランの3つ。そして、それぞれの契約日数に応じてデータ容量が選択できます。

AIS:7日間の料金プラン

  • 1GB:99バーツ(≒300円)
  • 2GB:115バーツ(≒350円)
  • 3GB:119バーツ(≒360円)
  • 5GB:150バーツ(≒450円)

3GBがお得な気がします。2GBとの微差は何なんでしょうね。

AIS:15日間の料金プラン

  • 1GB:179バーツ(≒540円)
  • 2GB:195バーツ(≒585円)
  • 3GB:200バーツ(≒600円)
  • 5GB:300バーツ(≒900円)

こちらも3GBがお得な気がします。2GBのプランいるのか?と目を疑います。

AIS:30日間の料金プラン

  • 1GB:199バーツ(≒600円)
  • 3GB:399バーツ(≒1,200円)
  • 6GB:699バーツ(≒2,100円)
  • 12GB:799バーツ(≒2,400円)

3GB以上のプランだと、街中に飛んでいるAISの有料WiFiが無料で使える特典が付いてきます。

30日間の3GBプランを購入

僕は30日間の3GBプランを購入しました。全部で500バーツ(≒1,500円)。その料金内訳は

  • 通信利用料:399バーツ(≒1,200円)
  • SIMカード料:50バーツ(≒150円)
  • 謎の50バーツ(≒150円)

合計:500バーツ(≒1,500円)

です。日本の格安SIMカード同様に、データ利用料とは別にSIMカード料が取られました。そして、もう一つの50バーツの請求が謎ですが、まあ良しとしています。

現地SIMカードは設定が必要?

タイの現地SIMカード「AIS」では、設定が必要だったんですが、店員さんが全てやってくれました。なので、僕は、プランを決めてお金を支払って、スマホを渡したら使えるようになっていました。

設定してもらった分のチップだと思えば50バーツくらいいいかな、と。

という事で、僕はショッピングモールでタイの現地SIMカード「AIS」を無事に購入。

実際に現地SIMカードを利用してみた感じた使い勝手

実際に現地SIMカードを利用して5日ほど経過しましたが、全く問題なく使えています。しかも4G回線で利用できるので、日本でスマホを使っている感覚でサクサク使えています。ストレスがほとんどありません。

LINE電話やスカイプも普通に問題なく使えていますし、youtube動画も見れています。ただ、Vimeoはデータ量が多いせいか結構止まります。

注意点は動画を見すぎないことですね。

現地でも購入できますが、日本で購入していくのが無難で簡単だと思います。タイで使えるAISのSIMカードはAmazonから購入できます。

モバイルWiFiレンタルも役に立つ!

SIMフリーのスマホは持っていないし、タイの現地で使えるSIMカードもよく分からない。そんな場合は、モバイルWiFiルータをレンタルしましょう。

モバイルWiFiルーターは、スマホだけではなくパソコンでもネットが出来ますし、複数人で共有できるので、何人かで旅行に行く際は、モバイルWiFiルーターをレンタルしていった方が安上がりだったりします。そして、設定なのがないのでとにかく簡単です。

僕も滞在国や滞在期間によってはモバイルWiFIルーターをレンタルして旅行をしています。その際に利用しているのは業界最大手の「イモトのWiFi」です。

SIMフリーのスマホを持っていない、現地SIMカードの事がよく分からない、または複数人での旅行の場合は、ぜひモバイルWiFiルーターのレンタルも検討されてみてください。

まとめ

現地でネット環境が万全だと本当に観光がしやすくて便利です。ネットに繋がらない旅もすごくいいですが、便利さを取るなら絶対にネット環境があった方がいいです!

ぜひ良い旅を!

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!