メデジン観光のおすすめ!グアタペ&ピエドラ・デル・ペニョールへの行き方・モデルコース・所要時間【絶景好きは必見】

メデジンから東に約70km。直通バスで1時間30分。そこには息を呑む絶景スポットがあります。

まるで天空の城ラピュタのモデルのような絶景を見晴らせる悪魔の岩「ピエドラ・デル・ペニョール」とカラフルでカワイイ街並み「グアタペ」を目当てにメデジンの訪れる人も少なくありません。

そして、「ピエドラ・デル・ペニョール」⇔「グアタペ」の距離は約4km。トゥクトゥクで約10分で行けるため、日帰りでどちらも回る人が多いです。

という事で、実際に「ピエドラ・デル・ペニョール」と「グアタペ」に行ってみた経験をもとに、メデジンからの行き方、見どころ、料金、注意点をご紹介していきます。

まずはどっちを先に行くのがベスト?

結論から言うと、ピエドラ・デル・ペニョールを先に行くのがベストです。理由は以下です。

  1. 時間帯が遅くなるほどピエドラ・デル・ペニョールが混雑する
  2. 時期によっては午前中しか晴れていないことがある
  3. 早朝にグアタペに行ってもあまり面白くない

一番の理由は混雑です。人が多くなると登るのも一苦労ですし、頂上まで行った時の絶景スポットが大混雑しているとかなりテンションが下がるので、ぜひ先に!

そして、僕が訪れた12月初めも午後になると曇りになってしまっていました。

という事で、メデジン⇒ピエドラ・デル・ペニョール⇒グアタペ⇒メデジンというルートで見ていくことにしましょう。

メデジンからピエドラ・デル・ペニョールまでの行き方

1:まずは北バスターミナルへ

メデジンからピエドラ・デル・ペニョールまでは、直通バスで行く方法が一番安くて一般的です。直通バスは北バスターミナルから運行しています。

宿泊していたオスタルメデジンからメトロで北バスターミナルへ。

関連記事:メデジンの安全で快適なおすすめ宿!オスタルメデジンのレビューと空港からの行き方

北バスターミナルの場所は、地下鉄Aラインの「Caribe駅」と直結しているので、メトロで「Caribe駅」へ。

メトロに乗る際は、2回分のチケットを購入しておくことをおすすめします。帰りのメトロに乗車する際にいちいち窓口に並ぶ時間と手間が省けます。

Google maps:こちら

2:北バスターミナルの14番のチケット売り場へ

北バスターミナルに到着したら、14番のチケット売り場でバスチケットを購入します。スペイン語が出来なくても「ピエドラ、ピエドラ」と連呼していれば優しく対応してくれます。

ピエドラ・デル・ペニョールはグアタペに行く途中で降りる事が出来るので、グアタペ行きのチケットよりも1,000ペソ安いです。

正規料金は片道12,000ペソ(≒450円)ですが、交渉可能です。

僕らは運良く、窓口にいたおじさんから「11,000ペソにしてやるぞ」と言ってもらったので、11,000ペソ(≒410円)で購入しました。

毎正時毎に運行と書かれているブログがあったので、その時間に合わせて行ったのですが、僕らが乗車したバスは8:40発でした。

8:40出発

シボレー製の派手なバス。

座席は指定席です。座席番号はチケットに表記されています。なかなかキレイで快適です。ちょうどラッシュ時だったせいか道が混んでいました。

結構揺れるので、車酔いしやすい人は、酔い止め薬を飲んでおく事をおすすめします。

10:30  ピエドラ・デル・ペニョールの近くに到着

北バスターミナルを出発してから約2時間。ガソリンスタンドの前で降ろされます。

乗客のほとんどがここで降りていたので分かりやすいと思いますし、運転手も「ロック!ロック!」と連呼していたので、ちゃんと降りれると思います。

ピエドラ・デル・ペニョールの岩の目の前まではバスで行ってくれないのでご注意ください。

もし、不安な場合は、google mapやmaps meで地図を見ながら降りるタイミングを伺ってみてください。

悪魔の岩ピエドラ・デル・ペニョールの絶景スポットへ

ここからが地獄の道のりです。心臓破りの階段・坂道を15分くらいかけて登っていきます。

結構キツいので、体力的に自信の無い場合は、バスを降りたガソリンスタンドの周りにトゥクトゥクが停まっているので、トゥクトゥクで連れて行ってもらいましょう。

坂道を歩いているだけでもすでに十分な絶景。

素晴らしいとしか言いようのない絶景。

悪魔の岩の手前までやってきました。めちゃくちゃ大きくて迫力があります。これを登るのかぁと弱気になってしまいますが、全ては絶景をこの目で見るため。気合いを入れ直します。

周辺にはレストランやおみやげ店がずらり。観光客はたくさんいますが、日本人はもちろんアジア人が全くいません。

入場料を支払う(18,000ペソ)

入場料が18,000ペソ(≒680円)。ここから740段の階段を登っていきます。

登頂開始

こんな階段をひたすら740段登り続けます。まさに苦行です。しかもずっと、景色を見ながら登れるんですが、それがまたちょっと怖いんですよね。

すぐ下が見えるので、高所恐怖症の人はキツイかもしれません。

階段の修繕をしている職人さんたちもいます。まさに苦業です。

30分ほどかけて頂上へ。独特な地形の眺め。

ゲームの世界に出てくるような絶景です。右を見ても左を見ても前を見ても後ろを見ても絶景。

一部では、天空の城ラピュタのモデルと言われているようですが、何となく言いたいことは分かります。本当に素晴らしい!

ピエドラ・デル・ペニョールからグアタペまでの行き方

ピエドラ・デル・ペニョールからグアタペまでの行き方は、バスかトゥクトゥクのどちらかです。

料金はバスだと1名2,000ペソ(≒75円)、トゥクトゥクだと1台5,000ペソ(≒190円)です。2名以上で行動しているなら値段がそこまで変わらないトゥクトゥクが楽で早いです。

トゥクトゥクは、入場ゲート近くに停まっていますが、交渉の余地無しで高いので、上記写真の矢印方向に進んで下に降りていきましょう。

そこにトゥクトゥクが数台停まっていて、ここのトゥクトゥクは交渉可能です。僕らは5,000ペソでグアタペまで行ってくれました。

バスの場合は、降車したガソリンスタンドまで戻らなければいけないので、頑張って戻りましょう。

グアタペはこんな街!散策してみた

渋いおじさんと独特な外装の建物。

おもちゃの世界にいるような小さな噴水。

通りの外れを歩いてもカラフルで独特な街並み。

メインストリートのカフェ。

ビリヤード屋さんの外観。

メルヘンチックな保育園のような外観。

メインの広場の噴水。

広場には無料WiFiが飛んでいて、コンセントも無料で利用できるようになっていました。街並みに似合わずITに優しい。

メイン広場にある教会。おもちゃみたいでカワイイです。

グアタペからメデジンまでの行き方(帰り方)

バスバスターミナル感が全くないバスターミナルがメイン広場の近くの湖沿いのレストラン横にあります。

ここがメデジン行きのバスターミナルです。

Google maps:こちら

運行間隔と料金

30分から1時間毎に運行していて、19:00が最終です。料金は14,000ペソ(≒525円)。

夕方時にメデジンに帰るバスだと渋滞に巻き込まれるので、少し早めのバスで帰るか(15時まで)、少し遅めのバス(17時以降)にするかどちらかがおすすめです。

まとめ

ランチ代を合わせても合計で3,000円あればメデジンからの日帰りで楽しめるので、メデジンに訪れた際は、絶対に行って欲しいなと思います。なるべく朝早く出かけるのがポイントです!

コロンビア記事一覧
コロンビアカテゴリでルート・観光スポットをチェック!

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!