マルタ空港⇔市内間を結ぶ空港シャトルバスmaltatransferの予約方法と料金を徹底解説

1名2ユーロで乗車できる路線バスは安くて魅力的なのは分かる。でも、バスを待つ時間が嫌だし大きな荷物を持って歩くのは面倒。

そんな方にピッタリなのがマルタ空港と市内を結ぶ空港シャトルバスの「maltatransfer」です。

路線バスよりは3ユーロ高いものの、指定した場所まで送迎してくれるので、大きな荷物を持っている人にとってはありがたいサービスです。

当記事では1名5ユーロで利用できるマルタ空港と市内を結ぶ空港シャトルバス「maltatransfer」の予約方法を分かりやすく解説します。

関連:マルタ空港から市内までの行き方・アクセス手段を徹底比較|バス・乗り合いシャトルバス・タクシーどれがいい?

maltatransferの予約方法

1:公式ページにアクセス

maltatransferの公式ページにアクセスします。

公式:https://www.maltatransfer.com

2:利用日と発着地を入力

トップページに入力項目があるので、1つずつ入力します。

  1. RETURN(往復) or ONE WAY(片道)を選択
  2. 乗車日を選択
  3. 乗車人数を選択
  4. 出発地を選択(ホテル名or空港名)
  5. 目的地を選択(ホテル名or空港名)

滞在先がホテルではなくairbnbやアパートメントタイプの宿の場合は、最寄りのホテルを選択すればOKです。

入力を終えたら「FIND A TRANSFER」をクリックします。

乗車したい車種を選択します。今回は2名で利用だったので1名5ユーロのシェアシャトルバスを選択しました。

「SELECT」をクリックします。

ちなみに、大きな荷物1つと小さな荷物1つが無料です。もし、荷物がそれ以上ある場合は追加料金を支払えばOKです。

3:追加荷物の有無を選択

追加の荷物や自転車、サーフボードがある場合は、「YES」をクリックして選択します。

無い場合は「NO」をクリックします。

4:個人情報を入力

個人情報の入力です。上から順番に入力します。

  1. 呼称
  2. 下の名前:ローマ字入力
  3. 苗字:ローマ字入力
  4. メールアドレスを入力
  5. メールアドレス再入力
  6. 電話番号を入力
  7. 国籍を選択

電話番号は日本の電話番号でもOKです。

5:フライト情報を入力

次にフライトの詳細を入力します。

  1. 航空会社名
  2. 便名
  3. 迎えに来る時間(自動表示)

を入力します。市内から空港に行く場合は、指定のホテルに迎えに来る時間が自動表示されます。

チェックボックスにチェックを入れて「Payment」をクリックします。

6:支払い方法を入力

クレジットカードの情報を入力します。

入力後「SUBMIT SECURE PAYMENT」をクリックすると支払いが完了します。

7:予約完了

支払いが完了すると予約完了画面が表示されるだけではなく、入力したメールアドレスに予約完了メールも届きます。

乗車時にメールを提示すればOKです。

実際の乗車の流れ

今回は、マルタ市内からマルタ国際空港まで乗車しました。

口コミを見ているとホテルの外で車が停まるだけで、ホテル内に入ってきてくれず乗車できなかったというレビューがあったので、10分前に指定したホテルの前で待っていました。

空港シャトルバスがホテルに到着したのは予定時刻の5分前。

利用する際は、早めに来ることもあるので10分前くらいに外で待っておくと無難です。

今回は利用者が少なかったようで10〜20名が乗車できるシャトルバスではなく乗用車でした。

乗車後はそのまま空港に向かったのでタクシー状態でお得感があって良かったです。

空港までの所要時間は15分でバスに比べて圧倒的に早かったです。

通常は上記のようなシャトルバスで、色んなホテルを巡回しながら空港に向かうので、もう少し時間がかかると思います。

1名5ユーロで市内から空港までタクシー感覚で行けるので、とてもリーズナブルで便利でした!

関連:マルタ空港から市内までの行き方・アクセス手段を徹底比較|バス・乗り合いシャトルバス・タクシーどれがいい?

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!