【LUSHBERRYスーツケースレビュー】USBソケット付でデザインが渋くてオシャレでカワイイ

コスパが良いスーツケースメーカーとして有名なTABITORA(タビトラ)。

今回ご紹介するのはリモワ風のスーツケースではなく、LUSHBERRYという名前のUSBソケットが付いた渋くてオシャレなデザインのものです。

特徴や実際に手にして感じたメリット・デメリットをご紹介します。

LUSHBERRYスーツケースの特徴

LUSHBERYのスーツケースはサイズが3種類用意されています。

  • Sサイズ:容量33リットル・重さ3.3kg
  • Lサイズ:容量66リットル・重さ3.8kg
  • XLサイズ:容量93リットル・重さ5.2kg

色はシルバーと黒の2種類から選びことができます。

今回ご紹介するスーツケースのスペック
・外寸(cm):縦57×横40×奥行23

・内寸(cm):縦47×横35×奥行22cm

・表面素材:ポリカーボネート

・重さ:3.3kg

・容量:33リットル

・サイズ:S

・宿泊目安:1~3泊(短中期旅行用)

LUSHBERRYスーツケース11のメリット

下記メリットを11個にまとめてみました。

  • デザインがカッコいい
  • 両面荷物が入る高い収納力
  • 荷物がこぼれ落ちないようにファスナー開閉式のカバー&ベルトバックルが装備
  • USB機能が装備
  • 手に馴染みやすいゴム製のハンドルがあるから手への負担が軽い
  • 側面に4つ脚があるから横置きしても安定して汚れにくい
  • ファスナータイプだから耐衝撃性に強くて壊れにくい
  • 4輪のダブルキャスターが自由に360度回転するから引きやすい
  • 世界基準のダイヤル方式のTSAロック付
  • 表面がポリカーボネート製でマット仕上げだから傷がつきにくい
  • 持ちやすい高さまで上がるキャリーバーが4段階まで調整可能

それぞれ詳しく解説します。

デザインがカッコいい

アルミ風のデザインが渋くてカッコいいです。

表面。

裏面。さりげないオレンジの差し色が何とも言えないオシャレ感を演出。

横から。あまり持っている人がいないデザインなので、空港や街中で人と被ることはほとんどありませんし、飛行機やバスで荷物を受け取る際も見つけやすいです。

両面荷物が入る高い収納力

スーツケースを開いた状態です。両面とも荷物を収納できるようになっています。

左側にはファスナー開閉式のカバー。右側にはベルトバックルが装備されているので、持ち物に合わせて収納を分けることが可能です。

他のスーツケースではあまり見ないベルトバックルもオシャレです。

荷物がこぼれ落ちないようにファスナー開閉式のカバー&ベルトバックルが装備

スーツケース開閉時にフタ側になる左の収納部はファスナー開閉式のカバーが装備されています。ファスナーの強度も高いので、耐久性も安心。

さらに左側の側面部分にあるポケットのファスナーを開けると、USBケーブルが隠されています。

USBケーブルは、横置きにした時の上側にあるUSBコンセント部分と繋がっています。

そのため、ポケットにモバイルバッテリーを仕込んでおくとスーツケースが電源元になり、スマホやカメラの充電が可能です。

めちゃくちゃスマート!イカしてます。

スーツケース開封時に下側になる収納部は、ベルトバックルが装備。

よくあるスーツケースだと、抑えになるベルトが固定しにくく緩みやすく外れやすいため、荷物が散乱しがちでしたが、しっかりと荷物を固定してくれます。

そして何より、ベルトバックルまでもオシャレ!

スーツケースを開けるたびにテンションが上がるのは嬉しい点です。

手に馴染みやすいゴム製のハンドルがあるから手への負担が軽い

スーツケース上部のハンドル部分は、ゴム製で柔らかいため、持った時の手への負担を軽減してくれます。

そして、ゴム製がゆえに、手が乾燥していたり濡れていても滑りにくく持ちやすいです。

側面に4つ脚があるから横置きしても安定して汚れにくい

側面に4つ脚があり、横置きしても安定してくれます。

横置きした時に脚がなかったり、脚の高さが低いと汚れが心配です。

しかし、脚が高めなので汚れの心配も軽減してくれます。

ファスナータイプだから耐衝撃性に強くて壊れにくい

スーツケースにはフレームタイプとファスナータイプがあり、フレームタイプは開閉部分に柔軟性がなく耐衝撃性に弱いですが、ファスナータイプは開閉部分に柔軟性があり耐衝撃性に優れているので壊れにくいです。

とはいえ、ファスナーの作りが甘いとファスナー自体が壊れやすかったり、ファスナーの滑りが悪かったりしますが、作りがしっかりしているので、耐久性的にも滑りの良さも安心して利用できます。

4輪のダブルキャスターが自由に360度回転するから引きやすい

スーツケースで重要な足回り。2輪のキャスターだと小回りが効きづらく引きにくい上に、引く時に力が必要になります。

しかし4輪のキャスターになっているので、自由に360度回転し小回りが効きます。しかもダブルキャスターになっているので、強度も安定感もバッチリ。

引いたり押したりしてコロコロ出来るので、ほとんど力を使うこともありません。

世界基準のダイヤル方式のTSAロック付

ファスナーを3桁のダイアルロックで固定できるので、セキュリティ的にも万全です。

そしてダイアルロックがTSAロックになっていることは海外旅行で絶対に欠かせないポイントです。

鍵穴はありますが、TSA職員の検査専用なので鍵は付属しません。

ダイヤルロックの番号の変更方法は、スーツケース購入時のタグに詳しく書かれているので、変更は簡単にできます。

表面がポリカーボネート製でマット仕上げだから傷がつきにくい

スーツケースの表面がポリカーボネートで出来ているので、擦り傷に強く、表面が傷だらけになりにくいので、キレイな状態を保つことができます。

持ちやすい高さまで上がるキャリーバーが4段階まで調整可能

キャリーバーが4段階の高さに調整可能です。

身長170cmの僕に対して、どのくらいの高さまでキャリーバーが上がるのかを参考までに記載しておきます。

1段目は腰下辺りまで上がります。

2段目は腰の中心辺りまで上がります。

3段目はへそ辺りまで上がります。

4段目はみぞおち辺りまで上がります。

LUSHBERRYスーツケース2つのデメリット

デザインがカッコよく、利便性が高いスーツケースですが、4つほどデメリットがあります。

  • ギリギリ飛行機内に持込できない
  • 重さがある

詳しく解説します。

ギリギリ飛行機内に持ち込みできない

最小サイズのSサイズでもギリギリ飛行機内に持ち込みできない大きさです。

ANAやJALなどのレガシーキャリアに搭乗する際は、預け入れ荷物で預けても追加料金が発生しませんが、エアアジアやジェットスターなどのLCCに搭乗する際は別途預け入れ荷物の料金が発生してしまいます。

重さがある

最小サイズのSサイズで3.3kgあるので、スーツケース自体にそこそこ重さがあります。

最大サイズのXLサイズだと重さが5.2kg。

とにかく軽さを重視している人には向かないかもしれません。

LUSHBERRYスーツケースの評判と口コミ

ネットで検索してみましたが、評判や口コミを見つけることが出来ませんでした。

あまり使っている人がいないので、人と同じスーツケースが嫌な人には好みに合うのではないでしょうか。

合わせて購入しておくと便利なグッズ

荷物まとめベルト

ハンドバッグなどの荷物とスーツケースをまとめる時に便利です。

デジタルラゲッジスケール

スーツケースの重量を計測する時に便利な携帯用ラゲッジスケール。

まとめ

機内持ち込みは出来ないものの、収納力が高くUSBソケット付のオシャレでカワイイデザインのスーツケースです。使い勝手は十分です。

そして、持っている人がほとんどいないので、旅行先や街中で誰かと被ることがないファッションとしてもイチオシのグッズです。

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!