42ヶ国で利用可!ヨーロッパ周遊に超便利なSIM「Three」を10ヶ国20都市で使ってみたレビュー

ギリシャ⇒スペイン⇒フランス⇒ベルギー⇒オランダ⇒ドイツ⇒チェコ⇒スロバキア⇒オーストリア⇒イギリスの10ヶ国20都市を2ヶ月かけて周遊旅行してきたのですが、日本のAmazonで購入していったプリペイドSIMカード「Three」が大活躍してくれました。

当記事では、実際に使ってみたメリットとデメリット、使用感などの体験談を合わせてご紹介します。

プリペイドSIMカード「Three」のスペック

まずは、どんな特徴があるのか、そのスペックを見ていきましょう。分かりやすく列挙すると6つです。

  • ヨーロッパ諸国を中心に42ヶ国対応
  • SIMフリー端末で利用可能
  • テザリング可能
  • 3つのデータ通信プランから選べる
  • SIM挿入時から利用開始
  • 通話不可(LINE電話などのネット電話は利用可)

2017年10月現在、以下の42ヶ国で利用することが出来ます。対応国は以下です。

ヨーロッパ

イギリスドイツフランスイタリア
スペインスイスベルギーオランダ
ギリシャポルトガルスウェーデンノルウェー
フィンランドデンマークアイルランドポーランド
ラトビアエストニアリトアニアルクセンブルク
ハンガリーアイスランドチェコオーストリア
クロアチアキプロスブルガリアルーマニア
スロバキアスロベニアリヒテンシュタインマルタ
ジブラルタルマン島チャンネル諸島

その他の国

アメリカオーストラリアニュージーランド香港
マカオインドネシアスリランカイスラエル
赤文字は実際に訪問して利用できるか試した国です。
どの国のどの都市でも問題なく利用出来ました。

では、これらスペックの詳細をメリット・デメリットを付け加えながら分かりやすく解説します。

メリット

  1. 日本で購入できるため現地でSIMカードを購入する手間と時間がかからない。
  2. 初期設定の必要なし。(機種によっては簡単な設定が必要)
  3. 国境を越えても登録作業や設定の必要なし。自動で利用できる。
  4. キャリアの海外パケットプラン、WiFiレンタル、現地SIMと比べると安い。
  5. テザリング可能なため複数人で分けれる。

実際に利用してみて感じたメリットは上記5つです。

電車、バス、飛行機の全ての乗り物で国境を越えてみましたが、どの乗り物も国境を越えても問題なく利用出来ました。手間がかからないのが良かったです。

価格は、キャリアの海外パケットプラン(1日2,980円)、WiFiレンタル(1日約1,000円)、現地SIM(国による)のどれと比べても一目瞭然。圧倒的なコスパの良さです。

1ヶ国しか旅行しないなら、現地SIMの方が安いことがあるかもしれませんが、何ヶ国か周遊する場合は、圧倒的に「Three」がお得です。

デメリット

  1. イギリス以外の国では3G回線。だからちょっと遅い。
  2. 無制限利用ではないため、少し気を使う。
  3. データ利用状況を調べるのが面倒。
  4. ヨーロッパで対応していない国がある。

この4点がデメリットです。

3G回線ですが、ネット検索や各SNS、スカイプ通話などは全く問題なく利用できます。ただし、youtubeを見ると途中で止まったりするのでストレスを感じました。

実際にチェコ・プラハで速度測定をしてみたら、上記の結果となりました。

しかし、電車、バス移動の際は、車内に無料WiFiが飛んでますし、ホテルやレストランにも大体飛んでいますので、そこまでデメリットにならないかもしれませんね。(無料WiFiが極端に遅い場所もあるので一概には言えませんが)

アンドラ、モナコ、アルバニア、マケドニア、ブルガリア、コソボ、モンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナ、モルドバ、ウクライナ、ベラルーシでは利用できないので、これらの国に訪れる予定の場合はご注意ください。

プリペイドSIM「Three」のデータ通信プランと価格

日本のAmazonで購入できるSIMカードのデータ通信プランは全部で3つあり、それぞれで価格が異なりますので、渡航のスタイルに合わせて購入を検討されてみてください。

1GB:30日利用可

[amazonjs asin=”B01B23ZK94″ locale=”JP” title=”Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【1GB / 30日タイプ】”]

2〜5日ほどの短期旅行におすすめです。1GBだと足りなくなることがあるかもしれませんので、不安な場合は3GBを推奨します。

3GB:90日利用可

[amazonjs asin=”B006H7BKXG” locale=”JP” title=”Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】”]

5〜14日ほどの中期旅行におすすめです。これくらいの期間なら3GBで十分だと思います。ホテルや街中に飛んでいる無料WiFiを上手に使いこなせば余裕です。

しかし、SNSに写真や動画の投稿、LINEやスカイプなどの電話、youtubeの閲覧が頻繁な場合は12GBじゃないと厳しいかもしれません。旅行中は日本にいる時に比べてデータ利用量が2倍になると考えておくと目安になります。

12GB:360日利用可

[amazonjs asin=”B01CMD4VKC” locale=”JP” title=”Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【12GB / 360日タイプ】”]

30日以上の長期旅行はこれで決まりです。

利用前に準備すべき2つのモノ

SIMフリー端末

SIMカード「Three」を利用できるのは、SIMフリーのスマホとSIMフリーのモバイルルーターです。SIMフリー端末でなければ利用不可です。SIMフリー端末が無い場合は事前に購入しておきましょう。

[amazonjs asin=”B01M7PGGE5″ locale=”JP” title=”APPLE 国内版SIMフリー iPhone7 ゴールド Gold 32GB MNCG2J/A 4.7インチ 防水防塵”] [amazonjs asin=”B01N5Y9QDD” locale=”JP” title=”Huawei SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S ホワイト 【日本正規代理店品】 E5577S-324″]

日本国内ではSIMカードを挿し替えても利用できないので、日本を出発した飛行機内で挿し替えておくのがベストです。そうすれば飛行機が現地に着いた瞬間からデータ利用出来ます。

SIMピン

[amazonjs asin=”B00IZRKOQU” locale=”JP” title=”iPhone対応SIMカードスロット取り出し用ピン”]

iPhoneの場合は、SIMカードを入れ替えるためにトレイを押し出すSIMピンが必要なんですが「Three」を購入しても付属されていません。付属で付けて欲しいところですが、今後の企業努力に期待です。旅行荷物にお忘れなく。

実際の利用手順

僕の場合は、飛行機内でSIMカードを挿し替え、現地に到着後に機内モードを解除したら利用できるようになっていました。特に設定もしていません。ちなみに端末はiPhone6sです。

もし、設定が必要な場合でも説明書が付いてくるので安心です。ただし、web上にあるため、ネット環境がある時に入手しておきましょう。

国境を越えると届くSMSは無視でOK

国境を越えるたびに以下のようなSMSが届きます。

これらのSMSは全て無視でOKです。

注意点

利用に関する注意点は特にないのですが、Amazonで注文後に数日〜10日ほどかかる事もあるようです。その時の在庫状況によって到着までの日数が変わりますので、必ずチェックするようにしましょう。

僕の場合は、注文してから3日後に到着しました。

まとめ

このSIMカードがあるだけで、隣の県に移動するかのように、気軽にヨーロッパの国境を越えて行くことが出来るので、とても心強い相棒になってくれることは間違いありません。

ヨーロッパ旅行のお供に「Three」のプリペイドSIMカードを検討してみてくださいね。

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!