ブリュッセルからアムステルダムに格安で行く方法!電車・バスを比較&徹底解説

ベルギーの首都ブリュッセルからオランダの首都アムステルダムまで約200km。ちょうど東京から静岡市をちょっと越えたくらいの距離です。

この移動には思っていた以上に時間もお金もかからないのが特徴的です。日本よりも交通費が安く気軽に行き来できるので、ブリュッセルからアムステルダムまで日帰りで訪れる人も少なくありません。

当記事では、ブリュッセルからアムステルダムまでの行き方を電車とバスに分けて比較しながらそれぞれを解説していきます。

ブリュッセルからアムステルダムまで電車でアクセスする

ブリュッセルからアムステルダムまで電車行く場合は、Thalys(タリス)という高速鉄道を利用するのが一番早く、所要時間2時間ほどです。しかし、料金は一番安いバスと比べると5倍近くにもなり、片道100ユーロ(≒13,000円)くらいからチケットが出ています。

日本の新幹線的な感覚ですが、バスの5倍の値段です!こうなるとちょっと考えものですよね。しかも30分〜1時間しか違いがありません。

また、InterCity(インターシティ)と呼ばれる電車もあり、こちらは50ユーロ前後と高速鉄道の半額くらいになります。しかし、バスの2.5倍くらいの価格でバスよりも時間がかかるため、コスパとしては一番悪いです。

電車チケットの予約購入方法

当日、駅の窓口にて購入しようとしても問題なく購入できますが、事前に購入しておいた方が値段が安くなるためお得です。

事前に購入する方法はHPからの購入になるのですが、レイルヨーロッパというヨーロッパ内の鉄道を予約できる日本語サイトがあるので、そちらで購入すれば簡単です。

電車を利用しようと思う場合は、レイルヨーロッパにて事前購入しておきましょう。

公式ページ:http://www.raileurope-japan.com/

一等席は値段が倍以上になりますが、食事やベルギービールが無料で楽しめるので、特別な旅を楽しみたいならぜひ一等席も視野に入れてみてくださいね。

ブリュッセルからアムステルダムまでバスでアクセスする

費用と所要時間を考慮すると、断然コスパが良いのはバスです。個人的にこちらがおすすめですし、僕もバスを利用しました。

ブリュッセルからアムステルダムまでバスで行く場合は、所要時間2時間半〜3時間ほどで、料金は片道13ユーロ(≒1,690円)くらいからチケットを購入できます。電車と比較しても半額以下になります。

なので、バス酔いがヒドいor時間が合わないなら電車を選ぶというのはアリだと思いますが、それ以外の理由であえて電車を選ぶというのも何だかなぁという感じです。

バスは、Flixbus、Ouibus、ユーロラインの3社が定番です。主な路線は、ブリュッセル北駅からアムステルダムスローテルデイク(Sloterdijk)駅を結ぶ路線で、1日10本以上運行しています。

  • 所要時間:約2時間半〜3時間
  • 料金:11ユーロ(≒1,430円)〜
  • 運行間隔:1日10本以上

FlixBusが最安値になっていることが多いです。

バスチケットの予約購入方法

  • Flixbus:こちらを参照。(パリからブリュッセル行きの路線での予約を図解していますが、要領は同じです。)
  • Ouibus:こちらを参照。(モンサンミッシェル行きの路線での予約を図解していますが、要領は同じです。)
  • ユーロライン:こちらから。

まとめ

ブリュッセルからアムステルダムに行くには、バスが断然にお得です。アムステルダムは観光スポットがたくさんあるので、最低でも2日は欲しいところです。

アムステルダムのおすすめ観光スポットはこちらでまとめています。

関連:アムステルダムのおすすめ観光スポット15選とモデルコース

アムステルダム以外のミッフィーちゃんで有名なユトレヒト、ゴーダチーズ発祥の地ハウダ(ゴーダ)の観光情報もまとめていますので、合わせてご覧ください。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!