キューバ観光前に!入国に絶対必要なツーリストカード・海外旅行傷害保険証明書の申請取得方法

キューバ旅行で、アメリカ・カナダ・メキシコ・ケイマン諸島など、どの国から入国するにあたって必ず必要な書類が2つあります。

それが「ツーリストカード」「海外旅行傷害保険証明書」の2つです。

これを忘れてもキューバの空港で何とか対応してくれるので入国出来ないことはないようです。しかし、キューバに対するリスペクトに欠ける行動だと思いますので、トラベラーとしての最低限のマナーと敬意を込めて事前にしっかりと準備しておきましょう。

それでは、「ツーリストカード」についての詳細と申請取得方法からお伝えしていきたいと思います。

ツーリストカードの詳細と申請取得方法

ツーリストカードとは?

f:id:libertyfactory:20161008162651j:plain

キューバを入国する際は、観光目的で30日以内の滞在であればビザ(VISA)が必要ありません。ですが、アメリカ入国の際に必要なESTA、カナダ入国の際に必要なeTAと同様にキューバに入国する際に必ず必要なものとなります。

ツーリストカード取得後の有効期限はないものの入国ごとに取得が必要となり、1回の滞在で30日以内の滞在が認められています。

つまり、キューバ滞在予定の半年前や1年前に取得しても使えるということです。なので、早めに取得しておくようにしましょう。

これから世界一周を計画していて、滞在予定まで1年以上ある場合でも、日本で取得しておけば安心してキューバに入国することが出来ることと思います。入国後に半券を渡されますが、決して捨てないように。出国時に必要になります。

ツーリストカードを申請取得する方法は全部で4通りありますので、それぞれご紹介していきます。

ツーリストカードの申請取得4つの方法

1:キューバ共和国大使館領事部で取得する方法(日本で取得する唯一の方法)

日本にあるキューバ共和国大使館領事部で申請取得するのが日本語での対応ということもあり、最も安心で確実な方法です。

直接出向く方法と郵送で申請する方法の2通りの申請取得の仕方がありますので、それぞれ見ていきましょう。

1-1:キューバ共和国大使館領事部へ直接出向く

キューバ共和国大使館が東京にあるため、都内もしくは都内近郊にお住まいの方は、直接出向くと、その場でツーリストカードを発行してくれますし費用を抑えることが出来るので、お急ぎの場合や費用を抑えたい場合は、直接出向きましょう。

大使館に直接出向く場合の必要書類

  • パスポート本体
  • パスポートコピー
  • 申請書(HPよりコピー出来ますが領事館に置いてあるので用意しなくてもOK)
  • 顔写真(サイズ:縦5cm×横5cm)
  • 2,100円(税込)

キューバ共和国大使館領事部の場所と営業時間

住所:東京都港区東麻布1-28-2
最寄駅:都営大江戸線 赤羽橋駅
受付時間: 09:30~12:00、13:00~14:30(土日祝休み)
電話番号:03-5570-4481

1-2:郵送で申請取得する

都内まで出向く予定のない地方在住の場合は、郵送で申請取得しましょう。直接出向くよりは費用が高くなりますが、交通費を考えたら安いものですよね。

注意したい点は、郵送でのやり取りになるため時間がかかる点です。最低でも1週間かかるものだと思って余裕を持って申請取得しておきたいことろです。

手順としては、先に申請取得費用の5600円をキューバ大使館領事部のツーリストカード専用口に振り込みを済ませ、その明細票or明細票のコピーと申請書を同封して郵送します。

  1. 5,600円を振り込む
  2. 申請書をダウンロードする(申請書はこちらのサイトの「Visa application form」からダウンロード)
  3. 必要書類を同封して郵送する

という手順です。

HPにアクセス出来ない事もあるので、その場合は直接電話で問い合わせてみてください。
電話番号:03-5570-4481

郵送で申請取得する際の必要書類

  • パスポートの顔写真掲載部分のコピー(パスポート本体は不要)
  • 申請書(自分でダウンロードor要問い合わせ)
  • 顔写真(サイズ:縦5cm×横5cm)
  • 5,600円(先に振り込みを済ませ、その振込票orコピーを同封)
  • 返信用封筒(重要書類のためレターパック推奨。自分の名前と住所を記載)

振込先口座情報

三菱東京UFJ銀行  広尾支店
普通口座:1128153

郵送先住所

〒106-0044 東京都港区東麻布1-28-4
キューバ共和国大使館

証明写真代を節約する方法

もし、PCをお持ちでしたら、スマホ等で撮影した画像を、証明写真作成用のフリーソフトで加工して、自宅でL版のフォト用紙に印刷すればかなり節約できます。

もし、自宅にプリンターがない場合は、コンビニのネットプリントを利用すれば、30円で印刷出来るので、自分でやってしまった方がいいですよね。

参考サイト:

2:経由空港で申請取得する方法

カンクン・メキシコシティ・ケイマン諸島経由の場合は、空港で申請取得可能です。在庫がない場合もあるとの事でしたが、僕がケイマン諸島でツーリストカードを購入した時は、在庫がないなんて考えられませんでしたので、経由地の空港で購入するのもありだと思います。ケイマン諸島の場合は、$20(米ドル)でした。

3:エアカナダを利用して入国すれば無料で取得出来る

エアカナダのトロント発ハバナ行きのフライトを利用して入国する場合は、機内でツーリストカードが無料で配られます。

ただし、基本的にカナダ人用との情報があるため、いくら無料と言えども、きちんと配布されるかどうかは確証がありませんので、やはり、事前に取得しておくと安心です。

4:代行会社に依頼する

HISにて「カンクンーハバナ」の航空券を購入した場合のみ代行で申請してもらえて、カンクン空港での受け渡しになります。ただし航空券は自分で取得した方がはるかに格安なので考えものです。

また、ただツーリストカードを代行で申請取得してくれる会社もありますが、自分で申請取得する倍以上の金額になるのでこれもまた微妙です。

キューバビザ・ツーリストカード登録代行はヒューマンジェルス

旅慣れしている方は、経由空港での申請取得でもいいとは思いますが、やっぱり日本で取得しておくのが確実かつ安心だと思います。

海外旅行傷害保険証明書の詳細と申請取得方法

海外旅行傷害保険証明書とは?

キューバ政府が外国人観光客に対して正式に義務付けているものなのですが、2010年5月1日以降キューバに入国する全ての外国人、国外在住キューバ人に対して、アメリカ資本の会社以外の海外旅行傷害保険への加入が義務となっています。

注意点

アメリカ資本であるAIUなどの旅行保険はNGなのでご注意ください。

そして、海外旅行傷害保険に加入していればそれでいいというわけではなく、キューバ入国にあたっては、英語orスペイン語で記載された「保険契約証」または「保険証券」が必要となります。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険でも保険会社の保険でも必須なんです。

クレジットカードに付帯している保険の場合は、該当のクレジットカードの裏面に会社の電話番号が掲載されているので、そこに問い合わせて、海外保険加入の証明書を英文で発行してもらう必要があります。FAXか郵送で選ぶことが出来ます。

僕は取り寄せるまでに1週間かかりました。

一方、保険会社の場合、空港で加入すればその場で入手できますが、インターネットで申し込んだ場合は申し込み後に電話で英文の契約証明書の発行をお願いしてもらわなければいけないので、事前に揃えておくようにしましょう。

クレジットカードの付帯保険について

クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険については、僕もこれでもかってくらい調べ尽くした結果、年会費無料で自動付帯するお得なカードを所持するといいと思います。

自動付帯する年会費無料のクレジットカードについては、重要視すべきポイントと厳選したカードをかなり網羅してまとめた記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみにキューバでは、VISAかMasterしか利用できないので、もし、JCBやアメックス、ダイナースしかお持ちでない方は、この機会にじっくり検討してみることをオススメします。

 

 

保険会社の海外保険について

クレジットカードは持っていないし持つ予定もない。もしくは補償が不安だなという方は保険会社の保険に加入しましょう。

比較サイトだと値段や保証内容をまとめて出してくれるので見てみてください。

まとめ

この2つがあればキューバ入国の際の書類は揃いますので、事前に準備して安心したいですね。ちなみに、アメリカを経由する際は乗継のみの場合でもESTAが必要になりますので、忘れないように申請しておくようにしましょう。

 

生涯旅人というライフスタイルを構築する方法


・ハワイ行きのビジネスクラス航空券を無料でゲットする方法
・70%OFFになるホテル予約術
・ワガママなワイフスタイルを構築する方法
など、貯金を切り崩して旅をするのではなく、旅がライフスタイルをするために役立つ情報が満載です!

そして、何やらここでは言えない期間限定の 『超豪華特典』が付いています。

今のうちにゲットしてくださいね。
それでは、メルマガでもお待ちしています。