ハバナ市内からホセ・マルティ国際空港への行き方とタクシー相場と注意点

ハバナ市内からホセ・マルティ国際空港への行き方はバスとタクシーがありますが、空港でのチェックインの時間を考えると、タクシーを使って確実に空港まで向かうのがベターだと思います。

そして、ホセ・マルティ空港からハバナ市内までのタクシー料金とハバナ市内からホセ・マルティ空港までの料金に違いがありますので、きちんと相場を把握しておかないと若干損をしてしまいます。

まずは、タクシー相場からお伝えしていきます。

ハバナ市内発⇒ホセ・マルティ空港行きのタクシー料金相場

まずは、ホセ・マルティ空港発ハバナ市内までのタクシー料金の相場が25CUC〜30CUC(約2,700〜3,200円)です。この料金相場は1人でタクシーに乗った時の金額で、複数人で乗り合いする場合は、もう少し料金が安くなります。

僕は交渉して17CUC(約1,900円)で旧市街まで来れました。

この相場観でハバナ市内からホセ・マルティ空港まで行こうとすると、少し払いすぎになるんです。

ハバナ市内からホセ・マルティ空港までのタクシー料金相場が10〜15CUC(1,200〜1,700円)と、同じ距離なのに金額に違いが生じるんです。もちろん複数人で乗り合えばもう少し安くなります。

この相場を知っているかいないかで約1,500円多く払ってしまうことになるので、しっかりと抑えておきましょう。

タクシーの値段交渉の際は、英語が通じないこともありますので、ボディランゲージで相場料金より少し安めの金額を提示すると、ほぼ相場通りの金額で空港まで行ってくれます。

ハバナの旧市街から空港まで安く行ってくれるタクシー乗り場

f:id:libertyfactory:20161017102452p:plain

道を走っているタクシーではなく、タクシー乗り場に行って交渉した方が金額は安いです。

そして、タクシーの種類が乗用車タイプとクラシックカータイプの2種類あり、クラシックカータイプになると2倍近くかかると思っておいた方がいいでしょう。

クラシックカーに乗るなら20〜25CUC(2,200〜2,700円)は必要です。

空港行きタクシーの注意点

僕は、フライトがAM6:00だったため、タクシーにはAM3:40くらいに乗る予定でスケジュールを立てていました。

しかし、AM3:30の早朝の時間帯だと、ほとんどタクシーがいませんでした。上記地図の上側のタクシー乗り場に行ったんですが、クラシックカーがたった1台しか停まっておらず。

選択の余地無くクラシックカーで空港に向かいました。金額は25CUC(約2,700円)。

そのため、もし、早朝のフライトの場合は、普通のタクシーがおらず割高になることと、タクシーを捕まえるのに時間がかかるかもしれないことを踏まえ、少し多めのお金と時間を確保しておく必要があります。

それが不安な場合は、前日の夜に空港に向かって空港泊するのも有りだと思いますが、空港内は冷房がガンガン効いていてかなり寒いので、ご注意ください。

関連記事:4泊5日のキューバ旅行!観光情報と全費用まとめ

生涯旅人というライフスタイルを構築する方法


・ハワイ行きのビジネスクラス航空券を無料でゲットする方法
・70%OFFになるホテル予約術
・ワガママなワイフスタイルを構築する方法
など、貯金を切り崩して旅をするのではなく、旅がライフスタイルをするために役立つ情報が満載です!

そして、何やらここでは言えない期間限定の 『超豪華特典』が付いています。

今のうちにゲットしてくださいね。
それでは、メルマガでもお待ちしています。