ANAビジネスクラス(B787 バンクーバー⇒羽田)搭乗記

バンクーバーから羽田までの区間で、ANAのビジネスクラスで帰国しました。快適すぎるANAのビジネスクラスについてご紹介します。

ANAチェックインカウンターの優先レーン

ビジネスクラス利用のため、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することが出来ました。

このメリットは何と言っても並ばなくていいため、時間をムダにしなくていい所です。空港に入った瞬間にプライオリティ扱いされる事からビジネスクラスの快適な旅がスタートします。

ANAビジネスクラスの無料手荷物預入ルール

ビジネスクラス搭乗で無料預入出来る手荷物の条件は以下です。

  • 1個当たり32kg以下のものを2個まで
  • 1個当たりの荷物の3辺の合計が158cm以下

これをクリアしていれば預入することが出来ます。

今回90Lのスーツケースを持っていたのですが、ギリギリでクリアしていました。ホッと一安心。

上記条件を超える手荷物は、別途手荷物料金がかかりますので、ご注意ください。手荷物料金については、ANA公式HPのリンクを貼っておきますので、ぜひご確認を。

リンク:【ANA国際線】手荷物超過料金一覧

ANAビジネスクラスは保安検査場を優先レーンで通過できる

チェックインカウンターで並び、保安検査場でも並び、気づいたら空港に到着してから1時間も経過していた!なんて事がたまにあったりしますが、ビジネスクラス搭乗時は、保安検査場も優先レーンを利用できます。

基本的に、並ばずに搭乗ゲートまで進むことが出来るため、本当にストレスフリーです。

ANAビジネスクラスはエアカナダのメープルリーフラウンジが利用できる

ANAのビジネスクラス搭乗時は、同じスターアライアンス系列であるエアカナダのラウンジを利用することが可能です。

保安検査場を通過後に、目の前にラウンジがありますので、ぜひ利用してみましょう!

カナダのクラフトビールを堪能出来たり、美味しいご飯が飲み放題食べ放題です。窓から見える飛行機の景色も最高です!

レビュー記事:【ANA可】バンクーバー国際空港メープルリーフラウンジ(スターアライアンス系)訪問記

国際線搭乗専用のプラザプレミアムラウンジも利用できるので、お好きな方に行くor両方行って比較してみるのも最高に贅沢な時間の使い方かもしれません。

レビュー記事:バンクーバー空港国際線で利用できるPlaza Premium Lounge

ラウンジでゆっくり時間を過ごしたら、いよいよ搭乗です!

動画も撮影してきましたので、動画でご覧になりたい方は、動画でもご覧ください!

ANAビジネスクラスの座席(スタッガードシート)

シートが互い違いに配列されたスタッガードシート配列で、フルフラットシートになっていました。

どの席からも直接通路に出ることが出来るため、トイレに行きたい時の「あ、すみません」という気を遣わなくてもいいのが嬉しいですね。

そして、フルフラットになる=ベッドになるので、ゆったりと足を伸ばし、熟睡することが出来るシートです。バンクーバー-羽田間は約9時間のフライトになので、このような長距離路線には最高です。

欲を言えば、収納ボックスが欲しい所。

座席の横には、モニターのリモコン、USBコンセント、イヤホンジャック、電源コンセント、ライトが備え付けられています。

電源コンセントは、上記写真のように日本のコンセントがそのまま使えます。

座席頭上の手荷物入れは、1人1スペース利用できるため、かなり広々使えます。スペース余りまくりです。

ANAビジネスクラスのアメニティ

身の回りのアメニティ

左から、スリッパ、アメニティキット、ヘッドホン。

アメニティキットのポーチを開けてみると、アイマスク、歯ブラシセット、耳栓、ハンドクリーム、フェイシャルミスト、リップクリームが入っていました。

ポーチはこのままもらえるので、僕はもらってきました。このサイズのポーチは、収納に便利なんですよね。

寝具アメニティ

東京西川の中央凹型形状枕。中綿には、ふんわりとしたテイジンの中空ポリエステル綿を使用。やさしい風合いで抜群の心地良さ。

東京西川の掛け布団。静電気が全然出なくて、薄くて軽くて暖かいので、気持ち良かったです。

座席の上に敷く敷布団的な役割を果たしてくれるベッドパッド。

寝心地の良さは、このおかげだったのかもしれないと思います。

ANAビジネスクラスの食事

食事メニュー

料理は、和食or洋食のコース料理で、アルコール・ソフトドリンクは飲み放題。そして、好きな時におつまみ、一風堂のラーメン、スープ、デザートを注文することが可能です。

ラウンジで飲みすぎ、食べすぎてしまっていたら、まさにフードファイト状態になります。笑

ちなみに、アレルギーや宗教上の理由で食事制限をしないと行けない方は、フライトの5日前までにANA電話窓口に電話をしておくと上記メニューには記載されていない特別機内食を提供してくれますので、公式HPをチェックしてみてください。

ANA HP:ANA特別機内食について

メニューを配られると同時に、テーブルを出して準備が始まります。

1:食前酒のシャンパン

離陸から30分くらいすると、早くも食事提供が始まりました。上空で空の景色を眺めながらのシャンパンは、言うことなしですね。

「マイル貯めておいて良かった、マジで良かった」と、一人で何回も呪文のように唱えていました。はい、傍から見たらただの変な人ですね。笑

2:アミューズ

まず、はじめに配膳されたのは、居酒屋で言うところのお通し的なメニューです。

生ハムメロン、エビのきゅうり巻き、オリーブ、ミックスナッツとサーモンジャーキー。そして、シャンパンおかわり。すでにシャンパン3杯目に突入。

3:前菜&お造り

前菜は、海老寿司キャビアのせ、卵焼き、たこわさ、煮物、鰹の炙り、いかイクラのせなどのラインナップ。

ここで飲み物を日本酒にチェンジ。日本酒は2種類あったのですが、クイクイ進み、2種類とも頂きました。

前菜の段階で、早くもほろ酔いです。

4:主菜&ご飯

豚しゃぶおろしポン酢、ご飯、お新香、味噌汁。コース料理とは言うものの、ボリュームが多いので、お腹がはちきれそうなくらいパンパンでした。

ラウンジであんなに食べるんじゃなかったとちょい後悔。。

5:デザート

タルトやパンナコッタもあったんですが、甘いものが苦手なので、フルーツを。

6:食後酒

デザートが終わり、CAさんにおすすめされたCAMUS(カミュ)とチョコレート。

このタイミングでブランデーを注入し、酔いが回ります。気圧の影響で、酔いが回るのが早めなので、アルコールを飲む方は、ペース配分に気をつけた方がいいですね。

いつも通りの調子で飲むと、快適なビジネスクラスが最悪な罰ゲームになってしまうのでご注意ください。

7:一風堂のラーメン

CAさんから「何か〆にいかがですか?」とそそのかされ「ラーメンお願いします!」と即答。

約1ヶ月ぶりのラーメンで一風堂のラーメンが食べれることが楽しみだったんですよね。機内であの豚骨の味が食べれるなんて!とウキウキしていたんですよ。

で、出てきたのが上記写真のラーメン。スープの色が、やけに茶色いな〜と不思議に思ったんですよね。

「あ、そうか。豚骨は気圧の影響を受けて色が茶色くなるのか。すごい化学反応が起きるんだな。」

と、色んなことを想像しながら、まずはスープを一口。

「味噌やん。ミソやん。M・I・S・Oやん!!

一風堂のラーメンが味噌ラーメンだったんです。

一風堂の味噌ラーメンを味わえることはなかなかありませんが、やっぱり相場は豚骨ですよね。

食べ終わって10分もしないうちに気づいたら寝落ちしていました。

8:着陸前のご飯

起きて数分後。CAさんから「お食事がラストオーダーになりますが、何かお召し上がりになりますか?」と。

すでに着陸まで1時間半くらいまで時間が過ぎていました。ビジネスクラスは時間が経過するのがあっという間。

で、僕はめちゃくちゃお腹いっぱいで何も食べたくなかったんですが、少しでもブログ記事を充実させたい一心で生春巻きを注文。

確かに巻いているものは生でしたが、中の具材はバッチリ炒められていました。しかも結構コッテリしていたので、イメージと違いましたね。

生春巻きって聞くと、東南アジア系の生野菜とパクチーと海老のものをイメージするんですが、これは東南アジアに染まっているからなのでしょうか。

という事で、最後の食事を終えて、無事に羽田空港に到着したのでした。

ANAビジネスクラスまとめ

もともとLCCのセールを狙って航空券を購入することが多かったので、キャリアの航空会社のエコノミーに乗る事自体も何だか贅沢な感じがしていたんですが、さらにビジネスクラスになると、すごい豪華に感じました。

そして、CAさんの接客が素晴らしく、逆にもっと適当にあしらってくれと思うほど丁寧できめ細かい対応でした。

ビジネスクラスを担当するまでに、相当な競争があるんだろうなとか、相当な勉強量が必要なんだろうなとか、酔っ払いながらもプロフェッショナルの空気を味わわせて頂きました。

ビジネスクラスに乗ってしまうと、エコノミークラスに乗れなくなりそうですが、ビジネスクラスばかりに乗っていると、絶対に太ってしまうので、適宜、エコノミークラスを織り交ぜながら、これからも旅を続けたいと思います。

ビジネスクラス最高でした!これが無料というのも本当にありがたい限りでした!!

これからもザクザクとマイルを貯めて、スターアライアンス系列の航空会社のビジネスクラスを制覇していきたいと思っています!

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!