LCCの航空会社・航空券のメリット&デメリットとは?

最近ではかなり一般的になってきたLCCの航空券。人気の理由は「圧倒的な価格の安さ」です。

たたし、価格が安いがゆえに「大丈夫なの?」と、不安を持つ人も少なくありません。

この記事では、LCCについての特徴を紐解きながら、ANAやJALなどの航空会社の違いや、メリット・デメリットを解説します。

航空券が圧倒的に安いLCCとは何?

まず「LCC」という言葉は略語になっていて、正式に表現すると「ロー・コスト・キャリア」です。キャリアとは航空会社のことを指す言葉で、全て日本語に直訳すると「低価格航空会社」となります。

つまり「航空券を安く購入できる航空会社」という事です。

日本のLCCを列挙すると以下の航空会社です。

  • peach
  • jetstar
  • skymark
  • バニラエア
  • 春秋航空
  • エアアジア・ジャパン
  • エア・ドゥ
  • ソラシドエア
  • スターフライヤー
  • フジドリーム
  • アイベックス

が存在しており、国内線に強い航空会社や国際線に強い航空会社など特徴は様々です。

LCCと今までの航空会社(レガシーキャリア)との違い

ANAやJALなどの今までの航空会社(レガシーキャリア)とLCCの違いは「価格」と「サービス」です。

LCCは、サービスがほとんど無い代わりに、とにかく価格が安いです。人を運ぶだけに特化していると言えば分かりやすいでしょうか。

 

例えば、LCCでは機内食や機内ドリンクのサービスが有料です。ANAやJALなどでは、国際線では必ず機内食や機内ドリンクが無料サービスで出ますが、LCCは出ません。

LCCでも機内食や機内ドリンクを注文することは出来ますが、全て有料になっています。しかも、値段がそこそこ高くて、カップラーメンが500円で販売されていたりします。

また、預入手荷物が有料で、航空会社によっては機内持ち込み手荷物の重量制限があり、規定の重量を超えるものは有料になります。

手荷物の少ない人は関係ありませんが、荷物の多い人にとってはプラスで料金がかかるので、ANAやJALに乗るのと値段が変わらなかったりすることもあります。

LCCのメリット・デメリット

LCCのメリット1:価格

LCCのメリットは「価格の安さ」です。とにかく安いです。

LCCは頻繁にセールやキャンペーンをやっていますが、その価格を見ると「本当に大丈夫?」という価格帯になることが多々あります。

LCCのメリット2:起こされない

フライト中に寝ることってよくあると思うんですよね。特に深夜便だと寝ますよね。

ANAやJALなどのレガシーキャリアでは、食事の時間になると結構な確率で起こされます。気持ち良く寝ている中で起こされるのって意外とストレスを感じる人もいるはずです。

しかし、LCCでは機内食がないので、起こされない。睡眠を邪魔されないメリットがあります。

LCCのメリット3:片道航空券が買い求めやすい

ANAやJALなどのレガシーキャリアは、片道航空券を購入しようとすると、往復航空券よりも価格が高くなることがよくあります。ちょっと謎ですよね。

しかし、LCCは、片道航空券を購入する際に、往復航空券よりも高くなることはありません。

予定が立てづらい場合や片道航空券だけが欲しい場合は、レガシーキャリアよりも買い求めやすいメリットがあります。

LCCのデメリット1:手荷物が有料

ANAやJALなどのレガシーキャリアは、手荷物預入は無料ですが、LCCは手荷物預入が有料になります。また、機内持ち込み手荷物には重量制限があり、規定の重量を超えると追加料金がかかります。

この荷物の追加料金がかかることで、荷物の多い人は、レガシーキャリアの方が価格が安かったりします。

荷物の量を考えずに表示価格が安いからという理由でLCCの予約をしてしまうと、レガシーキャリアよりも価格が高くなって機内食などのサービスも何もないという状況になり得るので、荷物が多い時は要注意です。

LCCのデメリット2:遅延が多い

何が原因かは分からないんですが、とにかく遅延が多いです。

僕が今まで経験した中で一番長かった遅延は、6時間の遅延でした。これが結構苦痛でしたし、立てていた予定が完全に狂います。

なので、LCCに搭乗する際は、遅延することを想定しておくことが大事です。

LCCのデメリット3:対応が良くない事がある

レガシーキャリアでは、航空会社の都合で遅延や欠航になった場合は、代わりの便の手配や、宿泊施設の手配をしてくれます。

実際に、僕はフィリピン航空(レガシーキャリア)で名古屋⇒マニラ⇒セブという旅程で旅をした時に、2時間近く遅延で出発。

そして、見事にマニラに着いた頃には、マニラ⇒セブの便が出発していて乗り遅れた事があります。超焦りました。

ですが、レガシーキャリアだったので、次の便を迅速に手配してくれて、無事にセブまで行くことが出来ました。もちろん追加料金はかかっていません。

これはものすごく有り難いサービスだなと身にしみて感じた瞬間でした。

しかし、LCCにはそのサービスが無い事があります。

このようなサービスが無い場合は、LCCの都合で遅延や欠航になっても、代わりの便の手配はありませんし、宿泊施設も手配してくれません。全てが搭乗者の負担になってしまいます。

つまり、次の便の手配、宿泊費や食事などの滞在費は全て自腹で払わなければいけなくなります。

海外旅行保険で、航空機遅延費用の補償に加入していれば自己負担無しでカバーできますが、加入していなければ全て実費となります。

これは金銭的ダメージはもちろん、精神的ダメージも大きいです。

LCCの航空会社によっては、代わりの便を手配してくれたり、宿泊費を負担してくれるLCCもありますので、LCC予約時は細かい部分をチェックしておきましょう。

LCCのデメリット4:繁忙期は結構価格が高い

繁忙期は、LCCでもそれなりに航空券代が高くなり、レガシーキャリアと価格が変わらないこともあります。

LCCの安全性は大丈夫なの?

価格が安いと、安全性が気になる部分だと思いますが、LCCの安全性は大丈夫です。レガシーキャリア同様に安全面はしっかりしているので、安いから危険ということは無いです。

 

LCCの航空会社の中には、レガシーキャリア以上に安全だと高い評価を受けている航空会社もあるくらいですので、安心してLCCに乗ることが出来ます。

まとめ

LCCについて理解を深めることが出来ましたでしょうか?

表示価格には出てこない「手荷物の量」で金額が跳ね上がることがあるので要注意ですが、基本的に激安です。

LCCを上手に乗りこなして、快適な旅を実現しましょう!

 

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!