コンソからモヤレまでの行き方・料金・チケット購入方法・注意点まとめ

コンソからエチオピア国境の町モヤレまでのバスは最も過酷と有名でしたが、2018年4月末の段階でかなり緩和され、最悪と言われてた道も大部分が舗装されて移動しやすくなっています。

ということで、コンソからモヤレまでの行き方をご紹介します。

行き方・チケット購入について・料金・所要時間・注意点を中心に解説しながら、ケニアのアライバルビザや、その日のうちに国境を越えてナイロビ行きのバスに乗れるのか?ということにも触れていきます。

エチオピアからケニアまで陸路で国境越えする人にとって、この記事だけ読んでおけばOKとなるべく必見の内容にまとめましたので、ご参考になれば幸いです。

コンソからモヤレまでの行き方

コンソからモヤレに行くには、早朝5時発のバス1本のみになります。これしか無く寝坊などで逃すと翌日になります。そのため、どこから来てもコンソには必ず1泊することになります。

関連記事:1泊100ブル!コンソの激安宿「FARO family hotel」宿泊レビュー

ただ、早朝以外でも行く方法はあって、他の町を乗り継いで行けばモヤレまで行けます。

しかし、エチオピアのモヤレはスラム街の雰囲気がたっぷりあり、治安がとても悪そうに感じました。また、エチオピアのどの都市よりも「チャイニーズ!」とバカにされるので、滞在はおすすめできません。

モヤレの宿は売春婦が出入りしている宿がたくさんあるとも有名です。

ということで、コンソからモヤレに行くには、早朝5時発のバスに乗るのが鉄板です。

チケット購入について

バスに乗車するには、当日飛び込みで乗る事も出来ますが、好きな座席が確保できないので、なるべく前日までに購入しておくことをおすすめします。

と言うのも、朝のバス勧誘合戦はとてつもなく面倒ですし、空席状況次第で最悪立ちっぱなしになることもあるので、そうなると地獄です。

バスチケットは、バスターミナル内に停まっているモヤレ行きのバスの運転手から購入できます。購入時は、座りたい座席を伝えて席を確保してもらうようにお願いしましょう。

おすすめは運転席の隣です。揺れが少なくスペースが広いので大きな荷物も座席近くに置くことが出来ます。そして何より座席が独立しているので快適です。

僕は、ジンカからコンソに着いたのが18時前。チケットを購入したのは18時過ぎでした。

料金は160ブル(≒640円)でした。料金表を見せてくれたので、正規料金のようでした。支払いを終えると、しっかりとチケット兼領収書ももらえるので失くさないように保管しておきましょう。

ちなみに、出発時間がエチオピアンタイムで書かれているので、困惑しないように運転手に確認してくださいね。

そして、チケットにはバスのナンバープレートも書いてもらいましょう。当日の朝、その大事さが分かります。

当日の流れ

AM4:50 バスターミナルへ

他の人たちのブログでは席取り合戦必須と書いてあったんですが、運転手に席取りをお願いしていたので大丈夫だろうと、余裕を持ってバスターミナルへ。

宿から徒歩2分、バスターミナルに到着するもまだ人が少なかったので、席取り合戦はもちろん客引き合戦にもなっておらず、穏やかにバスに乗ることが出来ました。

関連記事:1泊100ブル!コンソの激安宿「FARO family hotel」宿泊レビュー

ただし、モヤレ行きのバスが全部で4〜5台いて、チケットを持っているにも関わらず、違うバスに誘導してきます。

違うバスに乗ってしまうとチケット買い直しになってしまうので、気をつけてくださいね。

チケット購入したバスの見分け方は、チケットに書いてもらったナンバープレートをもとに、同じナンバープレートのバスを探します。これが一番簡単な見分け方です。

AM5:00 バス乗車

前日に購入したバスチケットに記載しているナンバープレートと一致するバスを探し当て、無事にバスに乗車。

この時はまだ2〜3名しか乗客がいませんでした。ただ、他のバスは結構いっぱいになり始めていたので、やっぱり早めに来ておくいて間違いないです。

時間の経過とともにバスの客引き合戦が激化していきます。車内から様子を見ていましたが、かなりえげつないです。朝からあれに巻き込まれることを考えると「はぁ・・・。」とため息が出ますね。

AM6:00 バス出発

予定では5時発なのですが、遅れることが当たり前にエチオピアのバス。結局バスが出発したのは6時でした。

乗客率200%というのも頷けるバスの混雑感。しかし、運転手隣の座席はそんな事を微塵も感じない守られた空間でした。最高です。

そして、とにかく道が悪くて最悪と聞いていたんですが、2018年4月末の段階では、道路の舗装が進んでいて、道の悪さを感じることはほとんどありませんでした。

まだほんの一部、舗装途中の道もありましたが、揺れも少なく限りなく普通に近かったです。きっと1年もすれば、もう全部舗装された道になっているんだろうなというほどです。

AM8:00 休憩

出発から2時間後、朝食休憩がありました。10分しか無かったので、早送り再生のようにみんなの行動がとんでもなく速かったです。

特にご飯を食べるスピード。この写真が全てを物語っていると思います。見くださいよ。

まさに野生動物がエサに群がる様子です。結構大きなインジェラが30秒くらいで無くなっちゃいました。まさに珍獣です。エチオピア人はやっぱり珍獣です。

休憩を終えてひたすら進みますが、車内では人の水を勝手に飲もうとしてきたり、寝てる隙を見計らってモノを盗もうとしてくるので、気をつけてくださいね。

PM12:15 モヤレ到着

出発から約6時間でエチオピア国境の町モヤレに到着。

もし、バスを降りてそのままイミグレを目指すなら、終点で降りるのではなく80号線沿いの道で降ろしてもらう方が早くかつスムーズにイミグレまで行けます。(80号線沿いで降りていたら12時くらいでした)

終点で降りると、それまでの時間をロスしますし、道がめちゃくちゃ悪く、スラムのど真ん中に降ろされるので、歩いていて周囲からの罵声と客引きがものすごいうるさくてめっちゃ不快でした。

モヤレのエチオピア人は町がスラムっぽくなっているせいもあって本当に質が悪いので、最後の最後で猛烈にイライラしました。心の準備必須です。

エチオピアのイミグレは、12時を過ぎると、昼休憩で14時まで開かないと言われていましたが、超ウザいエチオピア人の罵声を無視して、ダメ元でイミグレまで走って行ってみました。

場所は上記です。ケニアの国境手前にあります。

建物はこんな感じで立派でキレイでした。

到着したのが、12時半くらいで、外にいる警備員さんに教えてもらって中に入ったものの、誰もおらず。

「あー、やっぱり間に合わなかったかー。モヤレに滞在するの嫌だなー。」

と思ってダメ元で警備員さんにイミグレのスタッフを呼んでもらえないかお願いした所、すんなり呼んでくれてエチオピア出国手続きをしてもらいました。

ダメ元で聞いてみてください。行ける可能性アリです。

モヤレの宿も町もあまり良くないので、モヤレに滞在せずに済んで一安心。

PM12:40 ケニア入国  イミグレで東アフリカ3ヶ国ビザ取得

エチオピアは舗装されていない道でケニアに入るとしっかり舗装されています。国の違いを感じることが出来る場所ですね。

ケニアのイミグレでケニア・ウガンダ・ルワンダの東アフリカ3ヶ国ビザを取得しました。料金100USドル。必要書類はイミグレに用意されているので、証明写真の準備を。

パスポートにしっかり貼ってもらいました!

そして、ケニアに入国!!

ちなみに、ケニアの国境の町も「モヤレ」という名前です。

そして、無事にその日のうちにナイロビ行きのバスに乗れたので、モヤレからナイロビまでの行き方は、下記記事に書いておきます。

コンソからモヤレを経由してナイロビまで行くには、モヤレで1泊しないと無理と書かれているブログがたくさんありましたが、モヤレに1泊しなくても行けました。

モヤレからナイロビまでの行き方については、下記記事でまとめています。そして、ケニアの国境の町もそこそこウザいですが、ナイロビに行くと一気に人が優しくなるので、天国に感じますよ。ケニア最高です。

関連記事:モヤレからナイロビまでの行き方・料金・チケット購入方法・注意点まとめ

コンソからモヤレまでのバス移動まとめ

  • 料金:160ブル
  • 手配方法:前日バスターミナルにて購入
  • 所要時間:6時間
  • 運行間隔:1日1本(4〜5台あります)

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!