1泊100ブル!コンソの激安宿「FARO family hotel」宿泊レビュー

カイアファール⇒ジンカというルートで民族巡りをして、エチオピアからケニアまで陸路で国境越えをするためにジンカから移動してコンソに立ち寄り1泊しました。

コンソから国境の町モヤレまでは早朝便しかないので、1泊しなければいけないんです。

という事で、本当は飛ばしたかったコンソですが、仕方なく宿泊した激安宿「FARO family hotel」に泊まってみた経験をもとにレビューしていきます。

関連記事:ジンカからコンソまでの行き方・料金・注意点まとめ

立地

「FARO family hotel」の立地は、バスターミナルが徒歩2分の場所にあり、その並びにはレストランや売店などもあるので、とても便利です。

道行く人にホテル名を言うと場所を教えてくれます。コンソの人たちは、まあまあ親切でしたよ。

客室

今回宿泊したのは、ダブルルーム。2名で100ブル(≒400円)でした。1名あたり200円という事で、過去最安値宿記録を更新!

値段にしてはキレイだと思いますよ。

部屋は写真の通りです。蚊帳付きのベッド1台と小さなテーブルとプラスチックの椅子のみ。荷物を置くとかなり狭めです。WiFiは無し。

ここまで安いと何も文句は言えないんですが、シャワーはもちろんなしで、水もなしです。シャンプーしたり身体を洗いたい場合は、ミネラルウォーターを買ってきて浴びるしかないです。

トイレは共同ですが、まあ汚いです。金額相応という感じでしょうか。

ただ、蚊帳の破れはなく、ベッドはダニや南京虫はいませんでした。これが唯一の救いでしたね。

まさに虫や動物、人から身を守って寝るだけの宿です。

ただ、奇跡的に電気は使えることが出来ました。

まとめ

他にもホテルはありましたが、どこも汚くてここが一番キレイなくらいです。コンソのホテルはどこも質が低いので、滞在に向かないです。

コンソは少しだけ仮眠するくらいの気持ちでいるくらいがちょうど良いです。

一気に国境を駆け抜けましょう!

コンソからモヤレまでの行き方は以下の記事でまとめています。

関連記事:コンソからモヤレまでの行き方・料金・チケット購入方法・注意点まとめ

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!