Gotogateって大丈夫?口コミ・評判のトラブルを体当たり徹底検証!日本語未対応に要注意

航空券を購入するにあたって、スカイスキャナーで検索したらGotogate(ゴートゥーゲート)という旅行代理店が最安値で表示されていました。

2番目の航空会社の値段に比べて約4,000円もの差があったため「これは早く購入しなきゃ!」とGotogate(ゴートゥーゲート)で購入を試みました。

実際に予約までの経験をもとに、サイトの使いやすさや予約のスムーズさ、安心度、対応の良し悪しをご紹介していきます。

Gotogate(ゴートゥーゲート)で航空券を購入してみた実体験の口コミ

スカイスキャナーで検索していると、何度か見たことがある「Gotogate(ゴートゥーゲート)」の表記。ついに最安値でトップに表示され、エアアジアに比べて約4,000円も安いので次に進んでみました。

ただ、口コミ評価が微妙なので、サイトに飛んだら高くなったり、実は予約できなかったりするのかな?と半信半疑ながら高ぶる期待を抑えつつ

「ラッキーなるか?」

この時はそう思っていたのです。

Gotogate(ゴートゥーゲート)の購入画面に進んでみた

100回以上飛行機予約をしている経験上、本当に口コミ評判の悪い旅行会社の場合だと、この段階で値段が高くなっていたり、ワケの分からないページが表示されますが、値段に変わりはなく見やすい日本語サイトに移動しました。

チケットは「Light」と「フレキシブルチケット」の2種類。この違いは手数料無しで日程変更出来るかどうかの違いです。フレキシブルの必要はなかったので、そのまま「Light」で進めていきます。

個人情報を入力していきます。名前入力の部分がローマ字で記入するよう書かれているのは親切ですね。

多すぎるオプション項目に困惑

スクロールしていくと手荷物に関するオプション項目。預入手荷物を増やすかどうかの項目です。今回はLCCなので7kgを超える手荷物になる場合は、有料となります。それにしても手荷物料金が高すぎます。「ちょっとこれは無しかな・・・」と疑念を抱き始めました。

先ほどフレキシブルを選択していなかったので、再度フレキシブルオプションの選択項目が出てきました。ちょっとしつこいですね。

しかも「すべての乗客を削除」という選択肢を選択すると航空券が購入できないみたいなニュアンスになっているのが更に疑念ポイントを際立たせます。

さらにオプション項目。

管理料

サポートパッケージの管理料というのが名前や日程を変更した時に発生する費用です。これはフレキシブルで変更可能な航空券を予約したとしても、サポートパッケージに加入しないと別途変更手数料が発生するという意味です。

応答時間

お問い合わせをした際の返答までの時間です。営業時間中で換算してプレミアムで12時間以内、プラチナで8時間以内に返答が来るという記載がありました。つまりプラチナにしても返答までに約1日はかかる計算です。

払戻時間

払い戻しまでの時間の長さです。

そして、みんなプレミアムに加入しています的な見せ方が何だかなという感じですよね。

その下にはフライト遅延時の補償オプションです。海外旅行保険に飛行機遅延の補償をつけていればこの項目は不要です。

ここからが疑念だらけです。一個一個解説していきます。

チェックイン

航空会社により空港で搭乗券を印刷するための手数料を請求される場合があると記載がありますが、そもそも意味不明なオプションです。不要です。慣れていないと追加してしまいそうです。

キャンセル保証

同伴者または近親者の病気、事故または死亡の際に旅行の2時間前までご予約をキャンセルすることができると記載がありますが、医師の診断書が必要で、手続きにさらに50USドル必要です。こちらも海外旅行保険の補償にあったりしますので、要確認です。

予約番号をテキストメッセージで送信

eメールに予約番号が送られてくるので不要です。

携帯電話で旅行プラン

不要です。

基本的にはオプション項目は全て不要です。チェックを外して、最低限の航空券の料金だけにしましょう。そして、気づいたら余計なオプションが付いていることがあるのでご注意ください。オプションを有料で付けたい場合は、もちろんつけてもOKです。

決済手数料がかかる?

続いて決済画面に。最初に表示されてた料金と同額です。料金的には変わらないんですが、口コミによると手数料が上乗せされるケースがあるとの声もあったので要確認です。

色んな疑念が多くなりすぎて不安になったので、GotogateのHPを隅々まで見て不明な部分はお問い合わせすることにしました。

お問い合わせ・カスタマーサービス

営業時間

10:00〜19:00(月〜金)

電話番号

+81345107594

日本語未対応のカスターマーサービスです。お問い合わせをしても対応は英語のみとなるので要注意です。つまり、キャンセルや変更手続きは全て英語でのやり取りになります。もし、英語に自信がなければ、Gotogateでの予約はやめておいた方が無難です。

実際に電話してみましたが、英語が流暢すぎて聞き取づらかったです。そして、緊急時に繋がらない時間帯がある時点でサポートとは言い難いですね。

Gotogateの口コミ・評判

特にトラブルなく大丈夫だったという口コミや評判も多く、ヨーロッパで5番目に大きなオンライン旅行代理店である「Scanworld Travelpartner AB」のグループなので悪い会社とは言えないです。

しかし・・・

Gotogateのトラブル例

  • スカイスキャナーの表示額より高くなっていた
  • 航空券を購入・決済が終了しているにも関わらず航空券が発券されない
  • 日本語対応じゃないからやり取りが上手くいかず変更やキャンセルを泣き寝入りした
  • 片道で購入していたのに往復航空券になっていた
  • 予約者の姓名が勝手に逆になっていて変更が出来ず航空券代をムダにした
  • 選択していない有料オプションに知らぬ間に加入していた

というトラブル事例が頻発していますし、各種手続きに不安要素しかないので、言ってしまうとあえて利用するメリットが分かりません。「ネタとしてここからが冒険なんだ!」というならありだと思いますけどね。

でも、確実性を求めていたり、特に日程変更やキャンセルする可能性がある場合は、日本語対応をしてくれる会社での予約が無難です。

そして、Twitterで「Gotogate」と検索してみると、日本人だけではなく世界中の人たちがトラブルに嘆いているのも確認出来ました。てるみクラブ事件のように会社が破産すると航空券代を取り戻すことはほぼ無理になり、発券後でも搭乗が出来ないケースが出ているのはやっぱり不安です。

そのため、海外航空券の購入に慣れていない方や、英語でのやり取りに不安がある方は利用を控えることを推奨します。

Gotogateで航空券を購入する際の注意点

Gotogateで格安航空券を購入する際は、以下の4点は最低でも気をつけましょう。

  • カスターマーサービスが日本語未対応
  • 知らぬ間に有料オプションに加入していることがある
  • 決済手数料がかかることがある
  • 予約確認メールが到着後、念のため航空会社に要確認

トラブルがあった時に日本語未対応なので、そのリスクと手間を把握した上で安いと思えるなら買いだと思います。

しかし、日程変更やキャンセルする可能性がある場合、英語が苦手だとかなり苦戦すると思うので、Gotogateでの購入はやめておいた方が無難かと思います。

入力ミスなどの間違いやトラブルが起きた時は英語でやり取りしないといけないですし、キャンセルにおける医師の診断書を英文でもらったり国際FAXで送信したりしなければいけないので間違いなく疲弊します。

Gotogateで航空券を購入するなら、値段の安いor高いで決めるのではなく、英語に自信があるかどうかで決めるのがいいかもしれません。

Gotogateでのトラブルも頻発しているようですし、苦労があることを頭に入れておきましょう。

最低価格保証が付いているサプライスは安心

日本の大手旅行会社H.I.Sが運営する格安航空券サイト「サプライス」は、最低価格保証が付いていて、クーポンも発行しているため、お得に航空券予約が出来るだけではなく、評判も良く、安心して購入することができます。

価格面、サイトの見やすさ、予約の簡単さ、日本語対応サポートなど、全てに万能な予約サイトです。なかでも日本人による日本語サポートというのが一番の安心感ですね。

海外渡航歴40ヶ国以上の僕は愛用していますし、旅行仲間の利用率も高いです。

サプライスでの予約はこちらからどうぞ。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!