BudgetAir(バジェットエア)の評判と口コミ!安全に利用できるかメリット・デメリットを徹底解説

スカイスキャナーでも頻繁に表示されるようになった旅行予約サイトの「BudgetAir(バジェットエア)」。

航空券予約で検索していると、他サイトと比べて価格が安いので「大丈夫かな?」「怪しくないかな?」と不安に感じる人も少なくありません。

当記事では、BudgetAir(バジェットエア)を実際に利用する中で見えてきた検証に基づく見解をシェアしたいと思います。

BudgetAir(バジェットエア)は大丈夫?怪しくない?

結論から言うと、旅行会社として信頼の指標になる「IATA(国際航空運送協会)」に加盟しているので怪しいサイトではありませんが、キャンセルや日程変更出来ないなどのトラブルが多発しているのでご注意ください。googleやtwitterで英語検索するとたくさん事例が出てきます。

また、オランダの会社ということもあり日本語でのサポートが一切ありません。

何事も無ければいいですが、何かあった時のお問い合わせなどは全て英語で対応する必要があるため、英語が苦手な人にとってはリスクとストレスがつきまといます。

BudgetAir(バジェットエア)の口コミ

スカイスキャナーの口コミスコアはかなり低めです。少なくとも4以上ない予約サイトはトラブルが多発している傾向があるので要注意です。

安いという評判と口コミもありますが、eチケットが発券出来ない、メールが送られてこないなど悪い評判や口コミの方が目立っているのが現状です。

良い評判と口コミ

安いという評判や口コミが多いです。

悪い評判と口コミ

英語で評判と口コミを検索してみると、評価がボロボロで怖くなるほどです。

また、カスタマーサポートに電話をしても音声テープが流れるだけで人が出ない、メールの返信がないなどサポート自体に難ありです。

BudgetAir(バジェットエア)のメリット

安い航空券が見つかるかもしれないという1点ですね。

リスクはあるけど、とにかく1円でも安く航空券を購入したい人には向いているかもしれません。

BudgetAir(バジェットエア)のデメリット

カスタマーサービスの対応が英語のみ

何かトラブルがあった際や変更、キャンセルを申請する時は、英語でやり取りする必要があります。日本語での対応が一切ないので、英語が苦手な人にとってはストレスでしかないです。

変更・キャンセル料が高い

航空券の変更・キャンセルにかかる費用がかなり高く、BudgetAir(バジェットエア)の手数料7,250円+航空会社の変更手数料13,000円=計20,250円かかります。

なお、航空券の種類によっては変更やキャンセルが出来ない場合もあり、そうなると購入した航空券代が全額ムダになってしまいます。

予約確定メールが送られてこないことがある

予約後のメールが送られてこないことがあり、eチケットを入手できなくて困ったという口コミも見かけました。マイページにログインして問い合わせればメールが届いたという対処法が紹介されていましたが、オペレーションがうまく回っていなそうなのは不安要素でしかありません。

座席指定が出来ない

BudgetAirのサイト内では座席指定が出来ないので、チケット購入後に航空会社のwebサイトに直接ログインして座席を選択する必要があります。

実際の予約方法について

スカイスキャナー経由でBudgetAir(バジェットエア)に遷移してみました。

遷移後に金額が高くなるサイトもありますが、BudgetAir(バジェットエア)はスカイスキャナーで表示されている金額と変わりはありませんでした。

預入できる荷物の情報が表示されるのは分かりやすくて親切です。

チケットサービスの有無

画面右下のチケットサービスをオプションで付けると、支払不能のために破産し飛行を中止した航空会社の航空券を1チケット当たり最大2,000ポンドまで費用を払い戻ししてくれるサービスです。費用は1,000円です。

個人情報を入力

パスポートに記載されている名前などを入力していきます。マイル口座の情報を入力できるようになっているので、マイルを貯められている場合は入力しておきましょう。

サービスパッケージの有無

サービスパッケージというオプションサービスの有無を選択します。プレミアムの価格は1,500円。

加入すると変更orキャンセルにかかる手数料が無料になり、次回予約時に適用される2,500円割引クーポンがもらえます。

AirHelp+の有無

フライト遅延に対する補償サービスの有無を選択します。価格は1,600円。

加入するとフライトが遅延、欠航になった際に最大77,000円の返金が得られるサービスです。

支払い方法の選択

支払いは、アメックス、JCB、Master、VISA、Paypal、Alipayから選択できますが、Masterのデビット以外は決済手数料が1,194円かかります。

決済手数料分はスカイスキャナーに表示されない金額なので、結局最低価格保証を謳っている日本の予約サイト「サプライス」の方が安くなっていました。

こうなると、わざわざリスクを犯してまで利用する意味はないですね。

BudgetAir(バジェットエア)で航空券を購入する際の注意点

BudgetAir(バジェットエア)で航空券を購入する際は、最低でも以下の5点には気をつけましょう。

  • 変更やキャンセルするのが複雑
  • カスタマーサポートは電話がなかなか繋がらない
  • カスタマーサポートのメールが返ってこない事がある
  • 決済手数料がかかるから最安値にならない事がある
  • eチケットの情報がメールで送られてこない事がある

総合的に考えて、リスクや手間の方が大きいため、わざわざ不便を選んでまでBudgetAir(バジェットエア)を利用する必要はないかな?と思いました。

BudgetAir(バジェットエア)に限った話ではありませんが、安いには安いなりの理由があります。

もし利用するならデメリットとリスクを把握した上で自己責任で利用すると良いと思います。

最低価格保証が付いているサプライスは安心

日本の大手旅行会社H.I.Sが運営する格安航空券サイト「サプライス」は、最低価格保証が付いていて、定期的にクーポンも発行しているため、お得に航空券予約が出来るだけではなく評判も良く安心して購入することができます。

価格面、サイトの見やすさ、予約の簡単さ、日本語対応サポート、マイルが貯められるなど、全てに万能な予約サイトです。なかでも日本人による日本語サポートというのが一番の安心感ですね。

海外渡航歴約50ヶ国の僕は愛用していますし、旅行仲間の利用率も高いです。

サプライスでの予約はこちらからどうぞ。

公式HP:サプライスで予約する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!