マドリードサッカーを味わいたくて大学を休学。10ヶ月間のスペイン留学で学んだ海外生活体験談

この記事は、大学を休学し、10ヶ月間スペイン留学をしていたSさん(男性)の海外生活体験談です。

スペインに興味のある人はもちろん、留学を考えている人は、視野に入れてみても良いのではないかと思いますので、ぜひ読んでみてください。

スペイン生活をするようになった国とキッカケ

僕が滞在した国は、スペインという国です。なぜスペインに滞在したかというと、僕は大学で第二外国語をスペイン語で専攻していました。

また、サッカーを小学校からしていて、スペインのサッカーを生で見てみたいし、あわよくば実際にチームに少しだけ関わることができないものかと思いスペインに留学することを決めました。

僕の学校では、単位の交換制度がなかったため、大学を一年休学してスペインに留学することを決めました。

スペインでの生活スタイルと期間

10ヶ月ほど留学しました。まず日本のスペイン大使館で3ヶ月滞在のビザをとり、そのあとスペインの警察署で10ヶ月の学生ビザを取得。

当初住んでいる場所は、学校が用意してくれている宿泊施設で、他国から来ている外国人留学生とルームシェアという形でした。

しかし、生活リズムの違いからストレスを感じ部屋を変えたいと思いました。そこで、知り合いの方に、マンション経営をしている日本人の方を紹介していただき、そこの部屋を貸していただきました。

マドリードに留学していたのですが、その中でもそのマンションは中心のsol駅の近くに位置し、一人一部屋でテレビ、冷蔵庫などが完備されていて、また学校からも近くて、現地通貨で350ユーロ/月を払っていました。光熱費込みでの値段です。

スペイン@マドリードでの1ヶ月間の生活費

月々の出費は、まずアパート代が350ユーロ、学費は先に払っているので換算しないものとします。もし毎日自分で自炊することができるのであれば、ちょこちょこカフェに行ったとしても150ユーロくらいで済むと思います。

しかし、自炊がめんどくさくなったり、友達との付き合いでご飯に行くこともあると思います。それを入れると200~250ユーロくらいで済むのではないかと思います。付き合いといえば、クラブやサッカーの試合観戦がスペインならではの楽しみです。

そこの値段は大体クラブが10ユーロ前後、試合観戦はそのスタジアム、時期によって異なりますが、50ユーロを見といたほうがいいと思います。

スペイン留学で苦労したこと

大変だったことはやはり言語です。ご飯に行っても全くメニューが分からないし、スーパーに行っても野菜とかはわかりますが見るだけでは、判断できないものは、何かわからず大変でした。

最初の頃は、スーパーやバルには電子辞書を持参していました。他には、バスにはとても苦労しました。言葉もわからず乗って、バス停の名前があるようなないような感じで、どこで降りればいいのかもわからず、最終的には運転手にお願いしましたが、途中で降りなければならないのに終点まで行ってしまったりすることも。

英語ならまだ馴染みがありますが、スペインは相当苦労しました。

スペインならではの楽しみ方

最初にも書いた通り、スペインサッカーに興味があり、スペイン留学をすることにしました。語学学校の人に片っ端からサッカーやってる友人がいないか聞いて回りました。

そしたら、サッカーをやっている方を紹介していただきました。全くスペイン語が分からないので、とりあえずどこで何時にやっているのかを聞き、サッカーの道具だけを持ってとりあえず行きました。

1日目は、場所がよくわからず、練習の終わり間際についてしまいました。2日目はしっかり練習時間の前にいけました。そしたら、お前も一緒にやれよと誘っていただき、そのチームに練習参加することができました。

また練習試合にも出させていただき、とてもいい人たちで、温かく迎い入れてもらいました。一人でいると、声をかけてもらったり、サッカー以外でも一緒にご飯に行ったりと、とてもよくしてもらいました。

意味の分からないアジア人を迎え入れてくれたスペイン人にはとても感謝ですし、嬉しかったです。また今でも連絡を取りますしスペインに来たときは、泊まらせてくれると言ってもらっているほど深い仲になれました。このような出会いができたのはよかったなと思います。

これからスペイン生活をしようとしている人へのメッセージ

できるだけ外に遊びに行くべきかなと思います。そしたら友達もできますし、言葉も覚えます。クラブが1番親交が深まりますね。

また積極的に絡んでいけば、受け入れてくれますし、良くしてもらえます。しっかり自分の目標をもって、目的をもっていけば実りのあるスペインライフになると思います。

編集後記

留学に意味や理由を求める人が多くいますが、僕は、そんな事いちいち考えていないで、ササッとやってしまえばいいと思っています。

行ってみないと分からないことがたくさんあって、行ってみるからこそ、見えてくるものがたくさんあるからです。

「サッカーをやっていたから本場のスペインに行ってみたいから行った。」

僕にとっては、めちゃくちゃ立派な目的だと思いますし、こんな素敵な理由はないですよね。

周りの声に耳を傾けている暇があったら、自分の心の声にきちんと耳を傾けて、忠実になってみた方が健全だと思います。

留学じゃなくてもいいから、ピンときたらとりあえず行ってみる。その行動が後の結果を作っていきます。直感を信じて!

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!