ボニートおすすめ宿「papaya Hostel」宿泊レビュー!朝食が豪華

1泊34レアル(≒1,110円)の価格の安さの割にbooking.comでの評価が高く、見た感じも良さげな印象だったpapaya Hostelに宿泊してみました。

実際に泊まってみた経験を元に、レビューをご紹介していきます。

立地

住宅街の中にあるpapaya Hostelは、ボニートのバスターミナルから徒歩3分の場所に位置しています。

また、大型スーパーマーケットも宿から徒歩3分の場所にあるため、自炊をして滞在する人にとってはかなり便利な場所です。

メインストリートまでも徒歩10分以内で行けるので、立地的には悪くないです。

客室

客室は、個室とドミトリールームの2種類。僕らはドミトリールームに宿泊しました。

1部屋につきベッド6台で少し狭めです。申し出ればバスタオルを貸出してくれます。

しかし、部屋にはエアコンと扇風機があり、とても快適に過ごすことが出来ました。

そして、大きめのロッカーも。南京錠があれば貴重品を入れておけます。

部屋の中にシャワーとトイレもあります。

水圧はそこまで強くありませんが、熱々のホットシャワーが出ます。

キッチン

キッチンもあり、自炊可能です。しかし調理器具がそこまで多くないので、凝った料理は出来ないですね。パスタを作るくらいです。

WiFi

WiFiの速度はまあまあです。検索は出来ますがyoutubeなどの動画再生は厳しかったです。

朝食

この宿の特徴は何と言っても朝食の充実度。

パン、ハム、チーズ、フルーツなどの食べ物が並びますし、フルーツシェイク、コーヒーなどの飲み物も。

ただ、早朝のツアーに参加する際は、朝食開始が7:00〜なので、食べれないこともあります。

ボニートのツアー

ボニートの街中のツアー会社に行くと、英語に対応してくれない会社が多く、何言っているかわからないポルトガル語での案内のみになります。

しかし、この宿では、宿のスタッフが英語を喋れるので、英語でツアーの詳細を聞いたり予約してもらうことが出来ます。

しかも、ボニートのツアーはどこで申し込んでも値段が変わらないので、ツアーを申し込むためにこの宿を利用してもアリじゃないかと思います。

ドミトリールームが苦手な場合は、個室もあるので、快適に過ごせるはずです。

まとめ

1泊約1,100円の格安宿にしては、ずいぶん居心地のいい宿でした。

毎日掃除もされていてキレイですし、自炊も出来て、エアコンもあって、WiFiも使える。

コスパ的には申し分ない素敵な宿でした。

papaya Hostelをはじめとするボニートの宿は、掲載数の一番多いbooking.comで探してみてくださいね。

>>>Booking.com

The following two tabs change content below.

山際将太

旅をこよなく愛する男。少しでも多くの人に旅の面白さやコスパの良い旅を伝えなければいけないという勝手な使命感を持ち当ブログを一人で運営中。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!