デッドフレイ(死の沼)の行き方と注意点#9日目

ナミビアレンタカー反時計回り周遊旅の9日目の様子をご紹介していきます。最終日はナミビア周遊のハイライトとも言えるデッドフレイです。

ナミビアレンタカー周遊8日目の大まかな日程

  • セスリムのキャンプサイト(Sesriem Camping Site)
    ↓  約1時間  60km
  • デッドフレイ(死の沼)
    ↓  約1時間  60km
  • セスリムのキャンプサイト(Sesriem Camping Site)
    ↓  約6時間  340km
  • Chameleon Backpackers(フィントフックのホテル)

ナミビアレンタカー周遊について「ナミビアレンタカー10日間周遊まとめ!ルート・見どころ・日数・キャンプサイト・費用・注意点」を先に読んで頂くことで、全体像と流れが見えて計画を立てる時間が短縮されると思います。

セスリムキャンプサイトは、早朝の真っ暗な時間からキャンプサイトにいるほとんどの車が動き始めます。理由はデッドフレイ(死の沼)を見る人たち8割。Dune45から朝日を見る人たち2割。

デッドフレイは、とある日の出の時間帯のわずか10分だけ幻想的な風景を見る事が出来るフォトジェニックさが有名です。

僕は、これを見るためにナミビア周遊、いや、アフリカ大陸に来たと言っても過言ではないほど楽しみにしていたスポット。わざわざナミビア周遊の最後にしたのも、一番最後にここで締めくくりたかったから。

唐揚げ弁当を食べる時、最後まで唐揚げを残して一番最後に唐揚げだけで食べたい派の性格の持ち主なら、この気持ちを共感してくれると思うんですが、それほど強い気持ちを持っていた場所。

という事で、ゲートが開門する20分前にゲート前で待つ事から最終日はスタート。

6:10 ゲート前で待ち

もしかしたら時間よりも早く開くのでは?と期待していたのですが、期待は大外れ。きっちり時間通りにゲートが開きました。

ただ、かなりの車が並んでいたので、ゲートが開く直前ではなく早く並んでおいた方がいいです。

6:30 ゲート開門

時間通りにゲートが開門。Dune45より奥にあるデッドフレイを目指します。ゲート開門時間は時期によって違うので、前日に確認しておきましょう!

Dune45で朝日を見てからだとデッドフレイの幻想的な瞬間は見れないので要注意です。

7:05 駐車場(乗り換え地点)到着

ゲートから35分で駐車場に到着。ここから先は4WD以外の車両は進入禁止。2WDの場合は駐車場に車を停めてシャトルバスを利用する必要があります。

もし2WDで進入したら罰金が取られると看板が出ていました。4WDであればここまま車を運転して約15分の場所にあるデッドフレイの駐車場まで行けます。

僕らの車は2WDだったのでここで停車。歩いてデッドフレイまで行けなくはないですが、そうすると、幻想的な瞬間を逃してしまうので、シャトルバスを利用することに。

料金は往復で170ナミビアドル/名(≒1,370円)。乗車時に支払います。現金のみ。

7:25 シャトルバス乗車

(※上記写真は帰りに撮影したものです。)

駐車場に着いてもシャトルバスの姿はなく、待つこと15分。ようやくシャトルバスが到着。すぐさま乗り込んで出発。

だんだん明るくなってきていたので、もしかして幻想的な瞬間を逃してしまうんじゃないかとハラハラしながらデットフレイに向かいます。

こんな砂漠道を走ること10分。デットフレイの入口に到着。

7:35 デッドフレイ入口に到着

入口からまるで絵画のような不思議な風景が見れる有名なスポットまで1.1km。砂漠の中をひたすら歩いていきます。

到着時、すでに日が出てきて高くなり始めていたので「間に合わないかも!」と思い、砂漠の中を走りました。

10〜15分くらいで到着。間に合った!ここでお気に入りのスポットを探して幻想的な風景になる時間を待ちます。

デッドフレイは砂丘の影に隠れているので、まだ日陰でした。日が昇るにつれて明るくなっていく瞬間を見たかったので、そのまま白い部分へ。

日が低いとこんな感じ。

高くなるとオレンジに染まった砂漠が姿を見せ始めます。

だんだん黄色になってきて、砂漠と地面の切れ目に差し掛かると・・・

きた!1日の中で10分くらいしか見ることの出来ない幻想的な風景。

写真を撮るのに夢中になりすぎていたら、その姿を撮られていました。笑

日が高くなるにつれて、だんだんと地面に光があたり、木の先端から色が変わっていきます。

完全に日が当たると、全く違う風景に。これはこれでたまらない風景でした。

なぜ、砂漠のど真ん中に乾いた一面が出来たのか。木が立っているのか。不思議そのもの。

足跡だらけの砂漠一面。普通の砂漠とは一味違った風景。

デッドフレイには1日だけじゃなく2日くらい時間を確保すれば良かったなと思えるくらいの場所でした。

9:15 デッドフレイ出発

行きのドライバーさんがずっと待ってくれているので、ドライバーさんを見つけてデッドフレイを出発。駐車場へ。

駐車場で自分らの車に乗ってDune45に一瞬寄って少し遊んでからキャンプサイトへ。

10:10 キャンプサイト到着

チェックアウトの12時までまだ時間があったので、みんなで朝食兼昼食を作って食べました。

そして、テントなどゆっくり片付けをして出発の準備。ウィントフックまで戻ります。

12:00 キャンプサイト出発

キャンプサイトを出てすぐの場所にガソリンスタンドがあったので給油をしておきました。

Rehoboth(レホーボス)経由のルートでウィントフックを目指しました。Rehoboth(レホーボス)までの約4時間ちょっとはずっと未舗装道路続きでめちゃくちゃ道が悪かったです。

かなり疲れますので、最後まで気を抜かず安全運転を!

17:10 ウィントフック到着

9日目の走行距離は464km。車は余裕を持って10日間レンタルしていたので、このままスーパーで夕飯の買い出し&Intercape社のオフィスで予約していたケープタウン行きのバスチケットの日付を変更し、Chameleon Backpackersの駐車場へ。駐車場は無料でした。

翌日、レンタルしていたキャンプ用品を返却し、洗車してからレンタカー屋に車を返却。特に追加料金は請求されず、ノートラブルで終了。

宿に戻り、昼食を食べ、宿の無料サービスに含まれているIntercape社のバス乗り場まで送迎してもらい、ケープタウンへ。

ケープタウンの記事も読んでくださいね!

ナミビアレンタカー周遊の全日程を1日ごとに記事にしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。細かい部分まで網羅して書いています。

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!