日本人御用達!リビングストンの格安宿「Fowlty Towers」宿泊レビュー

ビクトリアフォールズまでの送迎が無料、コーヒーが飲み放題、WiFiもサクサク、清潔感があって過ごしやすい、日本人が良く宿泊しているという噂を聞き、かなり評判も良かったので、リビングストンではFowlty Towersに宿泊してみました。

実際に宿泊してみて、WiFiは微妙でしたが、その他は評判通りのコスパが素晴らしい宿でした。

宿泊経験をもとに、宿のレビューとして詳細をご紹介していきます。

立地

バスターミナルから約1.5km徒歩で20分ほどの距離にあるFawlty towers。バスターミナルからは少し距離がありますが、周辺はとても立地が良く、かなり快適に過ごすことが出来ます。

宿の前には大型スーパーマーケットがあり、食材やキャンプ用品が豊富に揃っています。この宿はキッチンが利用できるため自炊するには最高の環境です。食材は何でも揃います。また、ボツワナやナミビアでのキャンプ用品もここで入手可能です。テントや寝袋も。

ちなみにスーパーマーケットの敷地内にあるFNBのATMは手数料無料でお金を引き出せます。

その他周辺には、何店舗もレストランもあり、Olga’sというイタリアンレストランはピザが美味しかったですよ。

客室

客室は個室とドミトリータイプがあり、僕はドミトリータイプに宿泊しました。料金は12USドル/名。予約はせずに当日飛び込みです。

個室もドミトリーも部屋数がかなりあったので、そう簡単に満室になることは無さそうですが、心配な場合は「HOSTELWORLD」で予約しておきましょう。2018年5月の段階ではBooking.comなどには未掲載でした。

宿泊した5月はお客さんが少なく、6台ベッドのドミトリールームは僕ら夫婦だけ。おそらくスタッフの方が気遣いをしてくれて空いている部屋に通してくれたんだと思います。

支払いはUSドル、クワチャで支払うことが出来る他、クレジットカード払いも手数料無しで対応してくれました。

バスタオルはデポジット制で借りることができ、お金は返却時に返ってきます。バスタオルいい感じでした。

そして、部屋は毎日清掃が入るため、かなり清潔で、ベッドシーツも枕カバーもパリパリですごく気持ちよかったです。ダニや南京虫の心配も無さそうですが、念のため確認してくださいね。

蚊帳がベッドに1つではなく2段ベッドに1つしかないので、若干隙間が空いて蚊の心配もありましたが、蚊に刺されることはなかったです。

アンティーク感溢れる貴重品ボックスも。南京錠タイプです。

シャワー・トイレ

ドミトリーの場合は、シャワーとトイレは共同です。シャワーは熱々のホットシャワーで水圧も強かったです。物かけもあったので、快適でした。

トイレはトイレットペーパーが用意されていて、ペーパーは流して良いタイプのトイレでした。ザンビア、レベル高いです。

キッチン

広々としたキッチンが利用できるため自炊可能です。調理用具、食器類、冷蔵&冷凍庫が十分揃っているので、好きなように自炊出来ます。アフリカを南下して縦断している旅行者にとっては久しぶりの自炊だったので、小さな感動でした。

外にはBBQセットがあるので、スーパーで炭と肉を買ってくればBBQも出来ますよ。

洗濯

ランドリーサービスがありますが、水場と桶を貸してくれるので、上記写真のように自由に洗濯させてくれます。もちろん自分で手洗いなので無料です。干す場所もちゃんと日が当たる場所にあります。

WiFi

WiFiは一応繋がりますが、繋がらなかったりして不安定です。部屋までWiFiが届かないので、共有スペースでしか利用できないです。

ただ難点は、夜になると共有スペースに蚊が多くなるので、あまりいれないというもどかしさ。

ガッツリ利用したい場合は、SIMカードを購入した方が良いレベルです。

無料サービス

空港送迎

空港までの送迎が無料です。詳しくは直接お問い合わせしてみてください。飛行機利用する人にとってはかなりお得なサービスです。

ビクトリアフォールズ(滝)までの送迎

ビクトリアフォールズまでは徒歩では行けない距離なため、タクシー利用必須ですが、宿泊者は送りだけ無料です。帰りはシェアタクシーで帰ってくれば安いです。詳しくはこちらの記事で書いています。

コーヒー&紅茶飲み放題

7:15〜17:00までコーヒー&紅茶が飲み放題です。朝食は有料ですが、温かい飲み物は無料というのはとてもありがたいサービス。

パンケーキのおやつ

15:30〜16:00までパンケーキを無料で食べれます。ただ、このパンケーキの味は・・・。食べてみてください。笑

その他サービス

レンタサイクル

有料ですが自転車をレンタル出来ます。タクシーと比べるとあまり値段が変わらないのですが、自由に街中を走り回りたい人にはおすすめです。

トラベルデスク

宿に併設しているトラベルデスクで各種ツアーに申し込めます。

Mosi-oa-Tunya National Parkのゲームドライブ+サンセットクルーズで80USドルだったので、ボツワナのチョベ国立公園のゲームドライブとボートサファリと比べて、そんなに内容が変わらないため検討するのもありかと思います。

マッサージ

1時間のオイルマッサージが200クワチャ(≒2,160円)で受けられます。ゴリゴリのタイ式マッサージではなく、ソフトなマッサージなので、女性でも安心だと思いますし、ツボ系マッサージが苦手な妻が大満足していました。

ゴリゴリのタイ式が好きな僕にとっては少し物足りなかったんですが、それでも気持ちよかったです。

まとめ

評判通りの快適な宿でした。ただ、夜になると蚊が多くなるのが難点でしたね。

虫除けスプレーをやっておけば刺されることがなかったので気にはならなかったですが、早く寝ろということですね。笑

宿泊して後悔はない宿なので、リビングストンに訪れた際はぜひ宿泊してみてくださいね!

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!