海外旅行の計画が超簡単&スムーズに立てられる17のチェックリスト

僕が初めて海外旅行をした2007年の時のことを鮮明に覚えています。なぜなら、まずは何の準備を何からしていいのかが分からず強烈なストレスを感じていたからです。

人生で初めて海外に行こうと決心した当時は、ブログ、youtubeなどはまだまだ全然情報量が少なく、ガイドブックさえも頼りなく、便利なwebサービスもありませんでした。

しかし今では、ネットだけで全て完結できるようになっています。ただし変わらずに大変なことは「計画を立てること」です。

特に海外旅行に慣れていない場合は、何からどの順番で取り組めばいいか分からず思考停止になってしまうこともあるでしょう。

そのため、旅行を計画する手順をチェックリスト方式で分かりやすくまとめました。

このチェックリストの順番通りにこなしていくだけで、旅行の計画がスムーズに立てられるようになっています。ご参考にして頂ければ幸いです。

旅行を計画する17のチェックリスト

1:行きたい場所を決める

あなたが行きたい場所を決めない限り何も始まりません。 多くの人が「旅行に行きたい…」と漠然と話しますが、自分がどこへ行きたいのかを具体的に言える人はとても少ないです。

目的地を選ぶことは非常に重要です。なぜなら明確な目標が出来るからです。

「僕はどこかを旅したい」これでは旅に対するモチベーションや現実味が今ひとつ湧いてきません。

「僕はヨーロッパに行きたい」少し具体的になりますが、まだ漠然としています。

「僕はバルセロナに行く」 具体的な地域名まで絞り込む事で、やっと「計画」となり、何に取り組むべきかが分かります。

まずは行きたい場所を決めましょう。何がどこにあるのかを知りたい場合は、下記記事を参考にしてみてください。

関連:【48ヶ国】1年間の世界一周でかかった合計費用とルートを国別にまとめて公開します

2:旅行の期間を決める

行き先を決めたら、旅行の期間を決めます。旅行にどのくらいの費用が必要なのかは期間次第です。どのくらいの期間を旅行するかを決めなければ、どれだけお金を用意する必要があるのかを知ることができません。

また、行き先までの所要時間が異なるため、どれだけの時間を確保する必要があるのかも知っておかないと移動だけで旅行が終わってしまうことがあります。

東南アジアなら最低でも1〜2日で旅行できますが、南米に行くなら最低でも1週間は欲しいです。

行き先を決めて、期間を決めれば具体的な作業計画が見えてきます。

3:費用を調べる

行き先と期間が決まったら、実際に旅行に必要な金額を明確にするために調べていきましょう。

あなたはバックパッカースタイルでホステルやゲストハウスに宿泊したいでしょうか?それとも高級ホテルに滞在しますか?

航空券、宿泊施設、レストラン、アクティビティ、入館料にいくらかかるのか?

これらを知ることで、旅行にどれだけのお金が必要か?おおよその予算を見積もることができます。 費用を調べる際の方法は以下6点です。

  1. 地球の歩き方を購入する
  2. Facebookグループなどの旅行コミュニティで質問する
  3. 行ったことがある友人・知人に聞く
  4. スカイスキャナーで航空券代を調べる
  5. Booking.comでホテル代を調べる
  6. 旅ブロガーの情報を調べる

ここで気をつけなければいけないのは、事細かに全てを調べようとしてしまうと情報の迷子になってしまうことがあります。そして、常に情報が更新されているので過去の情報は参考程度に留めておくことです。

例えば、僕がアルゼンチンを旅した時から半年後にアルゼンチンの通貨価値が1/2になっていたりしました。ホテル代が1泊5,000円だったのが半年後に2,500円になっていたという事です。逆に国によっては通貨価値が2倍になる可能性もなくはないです。

なので、旅行費用で大半のお金がかかる航空券代とホテル代は、ブログなどのネット上の情報ではなく予約サイトの情報を参考にしましょう。

4:お金の節約を始める

すでに旅行費用が貯まっている場合は必要ないと思いますが、現在の支出をすべて書き出して、何に支出があるのかを全て把握します。

必ず無駄遣いしているモノがあるので、節約出来るものはどんどん節約していきます。

例えば、貯金が全く無い状態でも旅行に20万円必要な場合は、1日1,000円×7ヶ月の節約で済みます。 1日1,000円だったらそこまで無理なく節約できるはずです。

5:旅行に有利なクレジットカードを入手する

航空券代、ホテル代、海外旅行保険代が無料になるクレジットカードあります。

航空券代を無料にするにはマイルを貯めればいいのですが、カード発行だけで最大10万マイル貯まるクレジットカードがあったりします。10万マイルあれば世界中どこにでも無料で飛行機に乗れます。飛行機代を節約したいなら、持っておくとお得です。

ホテル代を無料or安く抑えるならホテルに特化したカードを持っておくと便利です。

海外旅行保険代は、海外旅行保険が付帯するクレジットカードを持っていれば海外旅行保険代を節約できるので持っておきましょう。

賢く旅行をするにはポイントとマイルを集めることは必須です。僕はここを徹底的に考え尽くしているので、旅行にほとんどお金がかからなくなっています。

6:マイルを貯める

マイルは思っているよりも簡単に、しかも片手間で貯めることが出来ます。3〜4ヶ月あれば日本から世界中どこでも行けるくらいのマイルが貯まります。

年に1〜2回旅行に出かけるorこれからも定期的に旅行に行きたいと思うなら、賢くマイルを貯めていきましょう。

僕はこれまで100万マイル以上貯めてきていますが、ほとんどお金をかけずに貯めてきています。ANAかJALだと取り組みやすいのでぜひ今日から貯めはじめてみてください。

7:旅行に行くことに集中する

旅行に行くという願望に集中しましょう。

特に海外旅行の計画は面倒で大変に感じることがあるかもしれません。そして、一緒に行く友人や家族の熱量に差があると、その温度差を感じ憂鬱になることがあります。

8:航空券を予約する

もしマイルが貯まっていたらマイルを使って航空券を予約します。マイルで航空券を予約する際は、直前すぎると空席が無い場合もあるので、なるべく早めに予約しましょう。

現金で航空券を購入する場合は、安い航空券を見つけるための僕のお気に入りのサイトをチェックしてみてください。

お得な情報をお探しの場合は、2か月前までにフライトを予約してください。格安航空券を探す方法は以下の記事でもまとめています。

関連:海外航空券を格安で予約&購入する10の方法とテクニック

9:ホテルを予約する

すでにスケジュールが決まっている場合は、旅行中の宿泊施設を早めに予約しましょう。ただし、長期旅行の場合は、最初の数日間だけでOKです。

以下のホテル予約サイトは宿泊施設のを提供しています。

  • Booking.com:掲載数世界No.1。ここを見ておけば間違いないです。
  • agoda:アジア強い。
  • Hostelworld:ゲストハウス・ホステルに特化。

現地の人との接点を持ちたかったり生活を体験したい場合は、CouchsurfingやWWOOFを活用するのも面白いです。

10:直前割引をチェックする

もし、旅行予約が直前になってしまった場合は直前割引をチェックしてみてください。航空券やホテルはセールやキャンペーンなどの直前割引が頻繁に開催されます。

なかにはビックリするほど割引になることがありますので、直前割引にも注目してみてください。

11:アクティビティの計画を立てる

旅行先でアクティビティを楽しみたい場合は、どんなアクティビティにいくら費用が必要なのかを事前に調べて、予約できるものがあるなら予約しておきましょう。

旅行先でアクティビティを申し込んでもOKですが、英語が苦手だと苦戦すると思うので英語に自信が無い場合は日本語で申込みOKで日本語ガイドが付くアクティビティを予約すると安心です。

  • ベルトラ:海外現地オプショナルツアー予約の専門サイト。

12:不用品を売る

もしあなたが6ヶ月以上の長期旅行に行くなら、不要なものを売ってしまいましょう。意外とお宝が眠っていて10万円以上のお金を得ることが出来るかもしれません。

不用品を売ったお金で新しい旅行グッズを買うことが出来ますし、古い旅行グッズを売って新しい旅行グッズを買うことも出来ます。

関連:メルカリで2000円の商品をヤフオクで出品したら7倍の値段で売れた話

マニアが多いジャンルのモノはヤフオク。ファッション系はメルカリがおすすめです。

13:支払いを自動化する

1ヶ月以上の旅行の場合は、公共料金の支払いなどはペーパーレスにし口座引落やクレジットカード支払いに設定しましょう。

帰国したら電気・ガス・水道が止まっているなんてことがないように。

14:クレジットカード会社に海外旅行に行くことを伝える

旅行前にどの国にどれくらい滞在するかを事前にクレジットカード会社へ連絡しておきましょう。

連絡せずに海外でクレジットカードを利用した場合、不正利用扱いとなりカードが止められてしまう可能性があります。

普段からクレジットカード決済を利用している場合は、海外で利用出来ないと不便さを感じると思いますので、海外で利用するクレジットカードの会社には事前連絡しておくと安心です。

15:パッキング(荷造り)をする

何を持っていくかはあなたが行く場所によって異なりますが、荷物はなるべく少ない方が良いです。特に現地でお土産を買おうと思っているなら十分なスペースを確保してパッキングしましょう。

荷物が多いと意外とストレスになるので、なるべく少なめに。現地で買えるものは現地で調達するのをおすすめします。

何が必須なのかをまとめている記事がありますので、ご参考までにどうぞ。

関連:これで準備完ペキ!海外旅行に必須な持ち物と便利グッズのチェックリストまとめ

16:海外旅行保険に加入する

未だに「海外旅行保険は不要だ」と考えている人がいるようですが、必ず加入しましょう。いつどこで何が起きるかは誰にも分かりません。

海外旅行保険は、医療分野だけではなくカメラや旅行グッズが壊れた時、フライトが欠航された時、何かを盗まれた時に補償してくれます。

スキューバダイビングをしている間に鼓膜を破ったり、イタリアでカメラを壊したりするとは思わなかった。私の友人は彼が彼の足のハイキングを破るとは思わなかった。確かに他の友人は、彼女の父親が死んで家に帰らなければならないとは思わなかった。

海外旅行保険はお金を払って加入しなくても、年会費無料のクレジットカードを発行すれば自動で加入できるものもありますので、上手に活用しましょう。

関連:【究極版】手厚い海外旅行傷害保険が自動付帯する年会費無料のクレジットカード5選+1選

17:旅行を楽しもう!

羽目を外しすぎたり調子に乗りすぎるのは要注意ですが、とにかく思う存分に楽しみましょう!

人生で最高の思い出の一つになることは間違いありません。

そして、トラブルが起こるかもしれませんが、トラブルさえも楽しめる余裕を持ってくださいね!

まとめ(補足)

今回のチェックリストの中で「ビザ」と「予防接種」は除外しています。

国によっては必要な国もありますので、渡航前に必ず調べておきましょう。

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!