【保存版】カナダ@バンクーバーでのはじめての海外銀行口座開設

カナダでは、屋台でさえもカード決済が出来る!これはカルチャーショックでした。すさまじいカード社会です。

さて、ワーホリには銀行口座開設が必須になります。そして、ワーホリ以外での長期滞在の場合でも、あると重宝します。

なぜなら、VBCEを利用して、毎月のように日本円を海外送金してもらったり、自分でしていたら手数料がバカにならないです。かと言って一気に海外送金をしても、そのお金、どうやって保管すんの?危なくない?という現実が待っています。

じゃあ、マネパカードや国際キャッシュカードのような国際プリペイドカードを使おうというのもありかもしれませんが、意外と手数料が結構かかるんですよね。

という時に便利なのが銀行口座の存在になります。

それでは、カナダで銀行口座を解説する際には、どんな特徴があって、何が必要なのか?について説明していきたいと思います。

銀行口座の種類は2つある

日本の銀行口座にも、定期預金口座と、普通預金口座の2種類が存在するように、カナダの銀行にも同じように2種類存在しています。これを間違えて開設してしまうと「何でお金が引き出せないんだ?」という現象が起こってしまいますので、注意してください。

その1: Chequing Account

日本で言う「普通口座」です。 お金の引き出しが自由に行えます。しかし、日本と異なる点は、口座の維持費が毎月かかったり、プランによっては月に無料で引き出し出来る回数が異なります。ただし、一定の金額以上を口座に入金しておくと、毎月の口座維持手数料が無料になったりするので、その辺は、銀行ごとに要確認です。

カナダの銀行口座というのは、基本的に月額課金の有料なんです。日本の銀行の有り難みが身に染みた瞬間でした。

その2: Saving Account

日本で言う「定期預金」です。引き出す度に手数料がかかります。そして、引出し回数や金額にまで制限があるのが一般的なので、貯金するために使用する口座です。

これ、間違えて開設してしまうとむちゃくちゃ不便&面倒な思いをしてしまうので、開設の際はしっかり確認してくださいね。開設すべきは「Chequing Account」の口座です。

カナダの銀行口座開設に必要な書類

銀行口座の開設は学生やワーホリでも簡単にできます。必要な書類は銀行によって少し異なりますが、一般的には下記の書類があれば問題なく開設可能です。

その1: 身分証明書 2通

パスポート、SINナンバー、カナダの免許証、BCID、国際学生証、ワーホリビザ、学生ビザなど。

その2: 住所を証明できるもの

銀行によって異なりますが、住所を証明する書類が必要だと思っておいた方がいいです。

なので、あらかじめ書類を準備して近くの支店に持参した方が無難です。もし、それが面倒な場合は、直接銀行に電話で問い合わせてみるといいです。

僕がTD(カナダ5大銀行の1つ)で銀行口座開設をした際は「パスポート、ワーホリビザ、SINナンバー」を持参して無事に開設できましたので、この3点があればとりあえず大丈夫です。

まとめ

カナダでの銀行口座開設は、銀行によって日本語通訳サービスがあったりするので、英語に自信の無い方でも簡単に解説することが出来ます。

どこの銀行口座にしようか迷っていたり、そもそも銀行は何社あるの?と疑問たっぷりの方は、カナダにある銀行を徹底比較してみたので、ぜひ参考にしてみてください。めっちゃタメになりますよ。

特にバンクーバーに滞在の方には、あまり知られていないかなりお得な情報を詰め込んでおいたので、ぜひご覧になってみてくださいね。

参考記事:カナダでの銀行口座開設!五大銀行の全て+αの銀行を徹底比較&考察してみたよ

生涯旅人というライフスタイルを構築する方法


・ハワイ行きのビジネスクラス航空券を無料でゲットする方法
・70%OFFになるホテル予約術
・ワガママなワイフスタイルを構築する方法
など、貯金を切り崩して旅をするのではなく、旅がライフスタイルをするために役立つ情報が満載です!

そして、何やらここでは言えない期間限定の 『超豪華特典』が付いています。

今のうちにゲットしてくださいね。
それでは、メルマガでもお待ちしています。