早い!安い!オーストラリア観光ビザETASの申請と取得方法

オーストラリアに入国するには、アメリカやカナダと同様に電子化されたビザが必要です。

今回の記事では、オーストラリア入国の際に必ず必要なETAS(イータス)とは、そもそも何なのか?という初歩的なことから、申請と取得方法まで網羅して解説していきたいと思います。

申請する場所によって値段や申請までの期間が異なりますので、必ず抑えておきたいポイントです。

オーストラリア入国に必須な観光ビザETAS(イータス)の基礎知識

オーストラリア観光ビザETAS(イータス)とは?

オーストラリアに入国する際に義務化されたオンラインで取得可能な電子旅行許可システムです。簡単に言ってしまえば、オンラインのビザのようなものです。

ETASを取得すれば、3ヶ月以内の滞在が可能となります。

通常のビザとは違い、オンラインで完結されるので、パスポートにシールが貼られたりすることはありませんし、証明書類を持ち歩く必要がありません。

一度取得するとパスポートに紐付けされるため、データ上で管理される仕組みです。

ETAとも呼ばれることがあるので、僕自身が混乱したのですが、呼び名が違うだけで同じものです。

ETASの種類と特徴

ETASは、観光用と商用の目的に応じて2種類存在しています。どちらも申請から取得までの条件や方法は同じですので、渡航の目的に合わせて取得するようにしましょう。

ETASの有効期限は、取得から1年間です。1回の入国で3ヶ月までの滞在が可能。有効期限内であれば何度でも入国出来ます。

ETASを取得するには条件がある

ETASを取得するには、下記の4つの申請資格を満たしている必要があります。

  • ETAS対象国籍のパスポートを所持していること
    (日本、韓国、アメリカ合衆国、カナダ、シンガポール、香港特別行政区、マレーシア)
  • 訪問目的が「観光」「親族訪問」「ビジネスミーティング」のいずれかであること
  • 3ヶ月以内の滞在であること
  • 健康であり犯罪歴がないこと

上記以外の3ヶ月以上の長期滞在予定がある場合や、オーストラリア国内での就労が目的、犯罪歴がある、という方は、オーストラリア大使館でETASでない別のビザの申請が必要となります。

詳しくは、オーストラリア大使館のHPよりご確認ください。

>>>http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/visas_and_citiz_jp.html

ETASの3つの申請方法

ETASの申請は個人でオーストラリア政府のHPから申請する方法と、旅行会社や代行会社を利用して代理申請する方法があります。

どちらも同じETASが取れるのですが、なぜか代行会社で申請する方法が安いので、各申請方法の特徴をチェックしておいてください。

ちなみに僕は、代行会社を利用してETASの申請を行いました。詳しくは後述します。

1:オーストラリア政府のHPから申請する

オーストラリア政府の公式サイトETAシステムを利用して申請する方法です。インターネットの環境があれば24時間どこからでも申請可能です。

HPは日本語に対応していますので、英語が苦手な人でも問題ありません。取得に掛かる費用は20豪ドル、支払い方法はクレジットカードのみです。

代行会社よりも値段は高くなりますし、クレジットカードを所持していない場合は申請出来ません。なので、おすすめの申請方法とは言えません。

申請に必要ものはパスポート、クレジットカード、メールアドレスの3点です。

2:旅行会社に依頼して申請する

HIS、JTB、日本旅行などの旅行会社でETASの申請を依頼することが可能です。旅行会社に依頼するほとんど場合、ツアーや航空券を購入した際にETAS申請に関する案内があります。

必要なものについては各旅行会社の指示に従うことになります。

自分で取得するのと違って手間や不安もありませんが、申請代行手数料が割高です。おすすめの申請方法とは言えません。

3:ETASの申請代行会社を利用して申請する

この方法が一番おすすめですし、僕自身もこの方法でETASの申請&取得をしました。おすすめな理由は、料金の安さと作業の早さです。

オンライン上でのやり取りなので、日本国外にいても依頼が可能です。

「オーストラリア ETAS」「ETAS 代行」などのキーワードをGoogleやYahooで検索すると登録代行会社がたくさん出てきますので探してみてください。

代行会社の相場は、料金が500円~1000円で3〜1週間程度で取得出来ます。これを基準に、値段と時間を比較してみてください。

なかには、海外の会社が検索でヒットすることがありますので、ご注意を。海外の会社の場合、連絡手段がメールに限られてしまったり不安になったりしますので、何か有った時の対応が面倒になります。

そのため、日本国内の会社で、きちんと電話番号を掲載している会社を選ぶのが無難です。

僕は「ビューグラント」という代行会社で申請取得しました。

渡航2日前に依頼をしたので、料金1,500円と少し割高になってしまいましたが、依頼した日にETASを取得することが出来ました。

渡航の1週間前までに依頼をすれば500円ですし、1ヶ月前であれば390円で取得できますので、業界最安値価格です。

お急ぎの方もそうでない方も「ビューグラント」はおすすめです。

ETAS代行会社HP:ETAS|イータス等海外ビザ申請代行【株式会社ビューグラント】

ETASに関する注意点

ETASを取得すれば、滞在日数は最大3ヶ月、取得から1年間であれば何度でも再入国することができます。

しかし、パスポートの有効期限が切れた瞬間にETASも無効になります。また、パスポートを紛失し、再発行した場合もETASが無効になってしまいますので、ご注意ください。

まとめ

ETASの申請と取得は、代行会社に依頼するのが安くて簡単です。しかし、代行会社選びは慎重に。

最高に楽しいオーストラリア旅行を!

持ち物の準備は出来ていますか?持ち物に関する記事もぜひ読んでみてください。

>>>これで準備完ペキ!海外旅行に必須な持ち物と便利グッズのチェックリストまとめ

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です