【タイスマイル航空搭乗記】バンコク⇒シェムリアップ線の機内の様子をレビュー!

バンコクからシェムリアップまで「タイスマイル航空」の飛行機に乗ってみました。日本では聞き馴染みがあまりなかったので、どうかな?と思ったんですが、至れり尽くせりですっかり大好きになりました。

それでは、タイスマイル航空の様子をレビューします。

タイスマイル航空とは?

タイスマイル航空は、タイ航空の新しいブランドとして誕生した路線で、飛行機にはタイ航空のロゴが入っています。日本で言うソラシドエアみたいな位置づけです。

そのため、低価格ですが、LCCではありません。手荷物の預入が無料、機内食サービスがあるなどレガシーキャリアの条件と変わりはありません。

就航路線は、国際線は近隣国にアクセス出来るほか、国内線は各地に就航しています。

就航路線(国際線)

  • 中国(長沙、重慶、鄭州)
  • カンボジア(シェムリアップ、プノンペン)
  • マレーシア(クアラルンプール、ペナン、コタキナバル)
  • ミャンマー(ヤンゴン)
  • ラオス(ルアンパバーン、ビエンチャン)
  • インド(ガヤ、ジャイプール、バラナシ)
  • バングラデシュ(チッタゴン)

就航路線(国内線)

  • チェンライ
  • チェンマイ
  • プーケット
  • クラビ

など。

タイスマイル航空のHPで航空券を購入

スカイスキャナーでサクッと検索してみたら、タイスマイルの公式HPへのリンクが出ていたので、そのままタイスマイルの公式HPにて購入しました。

価格は諸税全て込みで8,443円。これが片道の料金です。座席指定も可能です。

スカイスキャナーでは、LCCのエアアジアの方が1,500円くらい安かったのですが、荷物制限で超えると追加料金が発生し、合計でタイスマイルの方が安かったので、今回はタイスマイルを選択。

タイスマイル航空のチェックインカウンター

チェックインカウンターは、10名くらい並んでいましたが、係員の仕事がとてつもなく迅速で、チェックイン手続きまで全然時間がかかりませんでした。

タイスマイル航空の無料手荷物受託

LCCじゃないため、手荷物預入が20kgまで無料です。これはすごくありがたい。

預入荷物制限

20kgまでの荷物を無料で預入することが出来ます。LCCじゃないので料金は無料。

タイスマイル航空搭乗で貯まるマイル

タイ航空はスターアライアンスに加盟しているため、搭乗すればANAマイルを貯めることが出来ますが、タイスマイル航空はスターアライアンスに加盟していないため、マイルが貯まりません。(2017年7月現在)

すぐさま保安検査場へ。そして、この時、出国カードを無くしたことに気づきます。

「出国カードを無くしたらもしかして飛行機乗れない!?」と、焦ったのですが、問題なくイミグレも通過できました。あー、よかった。。

フライトまでミラクルラウンジで過ごす

イミグレ通過後は、プライオリティパスで利用できる出来るミラクルラウンジへ。

世界中のラウンジを利用していますが、ミラクルラウンジのクオリティはかなり高めです。

ミラクルラウンジのレビューは、下記記事で書いているので、ぜひ読んでみてください。細かく書いています。

関連記事:スワンナプーム空港のミラクルラウンジが良い!プライオリティパス利用可能

バスで飛行機へ

搭乗時間が訪れ飛行機へ。飛行機へはバスで移動します。バスにはタイ航空のロゴがバッチリ入っています。

機体はA320。飛行機にもタイ航空のロゴがバッチリ入っていました。

タイスマイル航空機内の様子

日曜日の18:50発のフライトでしたが、搭乗率はおよそ30%ほど。機内は空席だらけ。

タイスマイル航空のエコノミークラスの座席

とにかくキレイでした。座席も座りやすい。モニターはありませんでした。

足元の広さも問題なし。足元もゴミひとつ落ちておらずキレイ。

タイスマイル航空の機内ドリンク&機内食

約1時間の短いフライトなので、機内食は出ないもんだと思っていましたが出てきました。

約1時間の間に機内食をこなし、出入国カードやビザ申請用紙を書いたりしなければいけないので、若干慌ただしかったです。笑

CAさんにとっては闘いの路線なのは間違いありませんが、搭乗率が100%だと確実に間に合わない気がするけど、どうなんだろう。

機内食は、ソムタムとチキン。しかし、まあ機内食が美味しくない。。笑

カンボジアのビザはシェムリアップ空港で取得

カンボジアのビザは、シェムリアップ空港で取得しました。ビザ代は32ドル。顔写真があると2ドル安くなり、30ドルでOK。驚くことに、支払いは米ドルなんです。

空港でのビア取得に関しては、カンボジアに住んでいる友人が詳しく書いていますので、参考にされてください。

関連記事:シェムリアップ空港でビザを取得する方法

まとめ

バンコクからシェムリアップに行くには、手荷物が7kg以下ならエアアジアの方が安いですが、7kg以上あるならタイスマイルがお得です。

そして、かなり快適なフライトでした。シェムリアップ以外にも路線が出ているので、タイスマイルはおすすめですよ!

動画でもご紹介していますが、こちらの方がイメージが伝わるかもしれません。

シェムリアップ空港は無料で利用できるWiFiが飛んでいますので、現地のSIMカードを持っていなくてもひとまず安心です。接続方法と注意点をまとめていますので、ぜひ下記記事をご参考に。

関連記事:シェムリアップ国際空港の無料WiFiの接続方法と注意点

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!