1日で巡れる!ミコノス島観光で必見のおすすめのモデルコース

「白の絶景」「白の迷路」と喩えられたギリシャのミコノス島は、世界中から観光客が訪れますが、まだまだ隠れ家的存在の観光スポット。

丘の上に立ち並ぶ可愛い風車、絵本の世界に迷い込んだような路地、色鮮やかに咲き乱れるブーゲンビリアなど、どこを切り取っても絵になる魅力的な島。

また、日本では目にすることのない大自然との出会いもあり、ヌーディストビーチやゲイ専用のビーチもあることから世界的に有名な場所でもあります。街を歩いていると、手を繋いでいる男性カップルがチラホラ。

そして、意外にも日本との交流があり、与論島と姉妹都市になっている島でもあります。与論島に行ったことがある方は、ちょっと懐かしさを感じることもあるかもしれません。

そんなエーゲ海に浮かぶ白い宝石と呼ばれている島を観光するモデルコースをご紹介していこうと思います。

ミコノス島観光のおすすめモデルコースの地図

今回ご紹介するコースは、実際に1日で巡ったコースをもっと効率が良いコースに改良したものです。大まかに、「エリアビーチ」⇒「アルメニスティス灯台」⇒「ミコノスタウン」⇒「リトルベニス」⇒「カトミリの風車」という観光ルートです。

1:エリアビーチ

市街地からはかなり離れた所に位置するビーチですが、静かでとてもキレイなビーチです。ゆっくり海を満喫するなら絶対にここです。ミコノス島には他にもたくさんビーチがあり、日本には珍しいヌーディストビーチもあるので、ビーチ巡りをするのも面白いかもしれません。

エリアビーチの場所を地図で確認

Google map:こちら

そして、何と言ってもエリアビーチ近くにあるAirbnbの宿が絶景すぎる&非日常感満載で大当たりでした。かなり人気の宿なので、特にハイシーズン中の8月はなかなか予約が取れないのですが、全力でおすすめ出来る宿です。もりだくさんの写真と動画を使ってレビューを書いていますので、ぜひご覧になってみてください。

関連記事:ミコノス島のairbnbに泊まってみた!オーシャンビューの絶景スポットで夜景も抜群

2:アルメニスティス灯台

こちらの島の中心部から離れていますが、絶景の中の絶景を見ることができ、心の中を丸ごと洗濯してくれるような感動に出会えます。日本ではなかなか味わえない断崖絶壁、海、風、空などミコノス島の大自然をじっくり堪能。本当にたまらないです。

こんなにいい場所なのに観光客が全然いないので超穴場スポットです。

アルメニスティス灯台の場所を地図で確認

Google map:こちら

アルメニスティスの行き方や注意点などの詳細は別記事でまとめていますので、確認してみてください。

関連記事:ミコノス島観光の穴場!アルメニスティス灯台の行き方。心震えるパノラマ絶景を楽しもう

3:ミコノスタウン

ミコノス島の定番中の定番スポット「ミコノスタウン」の街並み。ここを散策するのが本当に楽しいです。バイクやバギーで行く際は下記地図に表記されている「ボニの風車」の脇に少しだけ駐車できるスペースがあるので、そこに駐車して海を目指して小道の下り坂を入っていくと、そこがミコノスタウンの入口です。

何ともない普通の道から小道の下り坂を下っていくと一気にミコノス色に切り替わるので、心をグッと鷲掴みにされます。オシャレなショップが白い民家に違和感なく溶け込み「洗練」された街並みになっています。

路上駐車になるんですが、暗黙の了解で停めていい場所になっています。車で移動する場合は、後述するカトミリの風車の隣に駐車場がありますので、そちらを利用するのがベストです。

ミコノスタウンの楽しみ方はとにかく地図を捨て、効率化を捨て、迷子になるのを恐れずに、足を使って歩き回ること!これ以上の楽しみ方はありません。

ちなみに「ボニの風車」も何気に良いスポットでミコノスタウンから海までを見渡せるナイスビューになっているので、眺めが抜群です。

ミコノスタウンの場所を地図で確認

Google map:こちら

ミコノスタウンについても記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。動画でも様子をご紹介しているので、駆り立てられること間違いなしです!

関連記事:ミコノス島の絶対的観光スポット!ミコノスタウンは死ぬまでに一度は行っておきたい場所

4:リトルベニス

ミコノスタウンの中にある異色を漂わせるエリアのリトルベニス。海沿いにカフェやレストランなどが立ち並んでいます。ここでくつろぎながら、海に沈んでいく太陽をじっくりと鑑賞してみてはいかがでしょうか。

美しい以外の言葉が見当たりません。「最高か!」と連呼すること間違いありません。

リトルベニスの場所を地図で確認

Google map:こちら

駐車場は、後述する「カトミリの風車」脇にあるので、そちらの泊めるのがおすすめです。しかし、サンセット時になると大混雑するので、行動はお早めに。

5:カトミリの風車

ミコノス島のシンボル的存在となっている白い風車。なぜここを最後に持ってきたかというと、夕日時がものすごく雰囲気が良いんです。

いかがですか?めちゃくちゃキレイじゃないですか??人が多くなりますが、それでも行く価値はあります。

カトミリの風車の場所を確認

Google map:こちら

かとミリの風車の真横に、車、バイク、バギーを停めることが出来る無料駐車場があるので、なんとか利用したいですね。バイクやバギーはなんとか隙間に停めることが出来ますが、車はスペースが限られているので、夕日時より早めに行っておきたいところです。

まとめ

1日は観光スポット巡りに時間を使い、もう1日はビーチでゆっくり過ごし、もう1日は島内を一周するというプランで回ると、最高にミコノス島を満喫できると思います。個人的にはサントリーニ島よりもミコノス島の方が好きで1週間くらい時間が欲しかったなと思っています。

なので、ぜひ時間が作れるなら最低でも3日は滞在したい場所ですね。

ミコノス島内の移動手段に関する情報とアテネからの行き方をまとめていますので、ぜひ読んでみてください。ミコノス島は超最高です。もう一度訪れたい!

 

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にしたいぜ
  • 好きな事で生計を立てながら旅をしてみたいな
  • しっかり稼ぐけど自由気ままにバランス良く生きたい
  • 最新のオトクな旅行術を教えて
  • いや、好き勝手生きたいんだよ

という人に向けて、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!