アテネからサントリーニ島への行き方!飛行機・高速船・フェリーのメリット・デメリットを考察

アテネからサントリーニ島へ移動する際の移動手段についてまとめてみました。結論から言うと船を使うのが一般的で楽しいですが、飛行機を利用するのも便利です。

アテネからサントリーニ島への移動手段は3つ

アテネからサントリーニ島への移動手段は3つ。

  • 飛行機
  • 高速船
  • フェリー

です。

それぞれの料金や所要時間、メリットとデメリットをご紹介しますのでご参考になれば幸いです。

アテネからサントリーニ島まで飛行機で行く方法

アテネ(ATH)からサントリーニ島(JTR)までは直行便が運行しており、所要時間はかかっても約50分。

アテネ市内からアテネ空港まで30分、サントリーニ空港から市内まで30分、1時間半前までのチェックインを考えると、合計所要時間は3時間半くらいを見ておくと良いでしょう。

航空会社は、ライアンエア、ボロテア、オリンピック航空などが就航しており、早めに予約をすればハイシーズンの時期でも3,000円台で航空券を購入することができます。

上記はスカイスキャナーでハイシーズンの8月で検索したら出てきた航空券です。

飛行機の特徴とメリット

高速船やフェリーよりも時間が短く、早めに予約すれば船よりも安くなることがあるため、最短最安で行きたい人はチェックしてみましょう。

飛行機のデメリット・注意点

デメリットは2つです。

一つは、高速船やフェリーのようにゆったりとした旅の移動を楽しむことが出来ない点です。エーゲ海の船旅を楽しめないのは非常にもったいない!と、実際にエーゲ海の船旅をしてみて僕はそう感じています。

もう一つは、ライアンエア、ボロテア、オリンピック航空などのLCCの航空券は安いのですが、預け入れ荷物が有料で機内持ち込みの制限が厳しい点です。

荷物がバッグ1つで7kg以下の場合は特に気にする必要はないですが、荷物が多い場合は追加料金が発生します。

そして、特にライアンエアはややこしく、事前にオンラインチェックを済ませていないと50ユーロの追加料金、航空券を印刷していないと15ユーロの追加料金が発生するなど落とし穴があります。

事前に準備しておかないと、追加で65ユーロ(≒8,000円)かかってしまい、最終的な値段が購入した航空券代の倍以上になる事があるためご注意ください。

アテネからサントリーニ島まで高速船で行く方法

最も利用者が多いのが高速船での移動です。所要時間は約5時間。料金は片道約7,000円くらい〜が相場でシーズンによって変動します。

そして早めに予約するとチケットを安く購入できます。上記はヨーロッパの高速船&フェリーチケットの予約サイトでは有名なDirectFerriesの検索結果です。

一括検索でき、料金や時間の詳細が一目で分かるのでとても便利です。

高速船の特徴とメリット

アテネからサントリーニ島まで移動するのに人気の移動手段です。フェリーよりも所要時間が約3時間ほど短いです。

高速船のデメリット・注意点

人気の移動手段だけあって、当日や前日での予約では満席でチケットが手に入らないことがあります。日程に余裕を持って事前購入を推奨します。

アテネからサントリーニ島までフェリーで行く方法

料金は片道4,000円台からなので最も価格が安いですが、所要時間が約8時間で最も所要時間のかかる移動手段です。高速船と同じように相場がシーズンによって変動します。

こちらも早めに予約するとチケットを安く購入できます。上記はヨーロッパの高速船&フェリーチケットの予約サイトでは有名なDirectFerriesの検索結果です。日本語で検索できるので英語が苦手な人でも安心です。

一括検索でき、料金や時間の詳細が一目で分かるのでとても便利です。

フェリーの特徴とメリット

料金が安く、じっくりと時間をかけて船旅を味わえるのが何よりのメリットです。船の甲板上で風に当たることもでき、最高に気持ち良いです。

僕も実際に「Blue Star Ferries」というフェリーに乗船しましたが最高でした。

アテネからサントリーニ島ではなく、アテネからミコノス島へ行く際に「Blue Star Ferries」を利用しましたが、フェリーのイメージで乗船したらいい意味で期待を裏切られました。

なんと豪華客船で揺れも少なくて、めちゃくちゃ乗り心地が良かったんです。乗船レビューを書いていますので、気になる方はチェックしてみてください。

関連記事:豪華すぎる!アテネからミコノス島行きのフェリー「Blue Star Ferries」搭乗レビュー

フェリーのデメリット・注意点

所要時間がかかることが何よりのデメリットです。

船自体が大きいので船酔いの心配はほとんどないと思いますが、移動に時間をかけたくない場合はフェリーはやめておいた方がいいと思います。

ただし、じっくりと海を眺めながらの船旅を味わってみるのも悪くはないと思います。

高速船&フェリーのチケット購入方法

高速船&フェリーチケットの購入方法は、ネット予約と街中のチケット売り場での購入の2つです。ただし、ネット予約のシステムがちょっと複雑で、ネット購入後に船の発着場(港)にあるチケット売り場にてチケットを発券してもらわなければいけません。

なので、ネットで予約&購入をする際は、まずはネットで決済をして船の発着場(港)にあるチケット販売所でチケットの発券を済ませる必要があります。

それだけ抑えておけば、チケット販売所は分かりやすい場所にありますし、チケット発券は出発当日でもOKなので、時間に余裕を持って港に行けば問題ありません。

ネット予約を利用する場合は下記サイトです。購入だけではなく空席状況なども把握できるので、ブックマークして常にチェック出来るようにしておくと便利です。

ただし、日程が近づくにつれて値段が上がっていきますし、気づいたら満席になって日程をずらさなければいけないという事も起こりうるので、予約はお早めに。ネットでの購入が安心です。

高速船&フェリーチケット予約サイト:DirectFerries

まとめ

1時間でも時間を節約したい場合は飛行機がおすすめです。ただしライアンエアは要注意。

逆に多少時間がかかっても安い方がいいor船旅を楽しみたい場合は、高速船かフェリーがおすすめです。

サントリーニ島に関する記事もまとめていますので、ぜひ合わせてお読みください。

サントリーニ島内の移動手段について

サントリーニ島内の移動手段は、バス、レンタカー、レンタバイク、レンタルバギーの4つがあります。サントリーニ島に訪れた経験をもとに何が良いか特徴をまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

関連:サントリーニ島観光に便利な交通手段はどれ?バス・レンタカー・バイク・バギーのメリット・デメリットを考察してみたよ

サントリーニ島観光のおすすめスポット

サントリーニ島って何があるの?有名なスポットってどうやって行ったらいいの?などサントリーニ島の観光スポットを回りやすいプランに練り上げてモデルコースとして詳しくまとめています。

関連:1日で巡れる!サントリーニ島観光で必見のおすすめのモデルコース|フィラ・イアを効率良く回る

サントリーニ島のairbnb宿泊レビュー

サントリーニ島で宿泊したairbnb宿についてレビューしています。ホテルも素敵ですが、airbnbもかなりレベルが高く感動しました。

関連:まるで洞窟アトラクション!サントリーニ島のAirbnbに泊まってみたレビュー

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!