クスコからプーノへのバスでの行き方!値段・予約方法・レビューまとめ

バス移動が多いペルー旅。クスコからチチカカ湖のあるプーノまでも直行バスが出ています。

運賃が2万円を超える鉄道を利用する手段もありますが、そこまで鉄道に対する熱があるわけではない&クスコからマチュピチュの行き帰りで鉄道に乗れたので、僕はバスで移動しました。

という事で、クスコからプーノまでバスで移動してみた経験をもとに、バスの予約方法やバスのレビュー、注意点をご紹介していきます。

クスコからプーノまでのバス料金と所要時間

  • 料金:バス代55ソル(≒1,850円)+バスターミナル税1.4ソル(47円)
  • 手配方法:クスコの街中にある旅行会社で予約
  • 時間:8:20 → 15:50
  • 所要時間:7時間30分

バスチケットを購入する

クスコからプーノ行きのバスは、午前便と夜行便があり、直行バスとツアーバスが出ています。

ツアーバスの場合は、遺跡の観光、ペルー料理のビュッフェが付いています。

直行バス

直行バスのチケットは、クスコのアルマス広場近くにある旅行会社orバスターミナルにて予約可能です。

本当は、ペルー名物の「クルス・デル・スール」にしようと思ってネットで検索していましたが、街中でバスの値段を聞いていると、街中で購入した方が全然安かったのでこちらに。

バスの出発時刻はAM8:20。料金は55ソル(≒1,850円)。所要時間はバス会社によって異なりますが、5~8時間程度。

後述しますが「クルス・デル・スール」に引けを取らない豪華なバスでとても快適でした。

地図のリンク:こちら

ツアーバス

僕は直行バスを利用しましたが、遺跡に立ち寄りながらプーノへ行くツアーバスもあります。所要時間は約10時間。

料金は、どこで予約するかによって異なります。例えば、以下の日本語予約サイトだと60USドルです。

遺跡に興味がある場合は、ツアーバス利用も良いですね!

リンク:クスコからプーノまでのツアーバス

クスコの街中からバスターミナルへ

クスコの街中からは流しのタクシーを利用しました。早朝でもタクシーがかなり走っているので、すぐに捕まえることが出来ます。

タクシーの料金は相場通りの5ソル(≒170円)でした。

メータータクシーではないので、こちらから値段を提示するのがベターです。

地図のリンク:こちら

クスコのバスターミナルでは、バスターミナル利用税がかかります。料金は1.4ソル(≒47円)。

バスターミナル内で朝食

クスコのバスターミナルでは、朝ごはんを食べられるお店が並んでいます。

ほとんどのお店がパンとコーヒーを売り出している中、少し雰囲気の違うお店がありました。

なんと、カレーうどん風のご飯を売り出しているお店があります。

ここのご飯がめちゃくちゃ美味しかったので、ぜひバスターミナルに行った際は、食べてみて欲しいです!

料金も7ソル(≒235円)と安いです。

クスコからプーノ行きバスの様子

バスは2階建てバスで、見た目もかなりキレイで期待が持てる雰囲気です。

座席は3列シートになっていて、右側の座席だけ独立しています。かなりキレイです。

予約時に座席指定が出来るので、右側座席の予約をおすすめします。

左側の2列は写真のようにくっついています。ですが、シート自体かなり大きいので、隣がそこまで気にならなそうでした。

座席上部にはUSB端子が2口。スマホなどの充電が可能です。

そして、足元にはペットボトルホルダーがあります。南米バスでペットボトルホルダーがあるのは珍しい。

各座席にモニターは無いものの、モニターの設置数が多いので全然問題ないです。

映画が流されていますが、ストレス無く見れます。

そして、各座席に仕切りカーテンがあるんですよ。これはかゆいところに手が届くサービスですよね。

道中は南米っぽい絶景が続きます。これがあるから南米のバス移動はそこまで苦痛に感じないと言っても過言ではないです。

プーノに到着

16時前にプーノのバスターミナルに到着。所要時間約7時間30分。

プーノのバスターミナルには、路上で声をかけられた流れでツアーに申込みと、お金だけ払わされてツアーには参加出来ない詐欺の可能性があるから注意するようにという警告が掲示されていました。

バスターミナル内には、プーノからチチカカ湖のツアーの客引きが結構いたので、注意した方が良さそうな雰囲気が出ていました。

ちなみに、中心地や宿でもツアー申し込みが出来て、値段も交渉すればそこまで変わらないので、ツアー申し込みはなるべく確実な中心地で申し込むのがおすすめです。

プーノのバスターミナルから宿

プーノのバスターミナルから中心地までは、歩いて行くことが出来る距離ですが、僕らはタクシーを利用しました。

と言うのも、標高が高くて重い荷物を持って歩くのがしんどいということ。

そして、バスターミナルにホテルの客引きがいて、ちょっと交渉したらツインルームの宿泊費とバスターミナルの往復送迎付きで1名1泊25ソル(840円)だったんです。

かなり条件が良かった&客引きがホテルのオーナーだったので、安心してお願いすることが出来ました。

ちなみにオーナーさんいわく、バスターミナルから中心地までのタクシー代の相場は、5〜7ソル(≒170〜240円)だそうです。

クスコからプーノまでのバス移動まとめ

  • 料金:バス代55ソル(≒1,850円)+バスターミナル税1.4ソル(47円)
  • 手配方法:クスコの旅行会社で予約
  • 時間:8:20 → 15:50
  • 所要時間:7時間30分

チチカカ湖のツアーに関する情報は以下でまとめていますのでチェックしてみてください。

関連記事:1泊2日のチチカカ湖ツアーの予約方法・料金まとめ!ウロス島⇒アマンタニ島⇒タキーレ島を巡るインカ文化に触れる旅

プーノからウユニまでは直行バスが無いため、いったんラパスを経由して行く必要があります。

プーノからラパスまで国境越えバスでの行き方もまとめていますのでぜひご参考に。何十ヶ国も陸路で国境してきていますが、こんな国境越えはなかなか経験できません。間違いなく衝撃的です。

関連記事:プーノからラパスへ国境越えバスでの行き方!予約方法・料金・注意点・おすすめ両替まとめ

旅をしながら好き勝手生きている人の裏話

  • 旅を仕事にする秘訣
  • 飛行機代が半永久的に無料になる方法
  • 好きな事で生計を立てながら旅をするノウハウ
  • 最新のおトクな旅行術
  • 好き勝手に楽しく豊かに生きる極意

について、ノートパソコン一つで生計を立てながら世界を放浪する山際将太の裏話はメルマガを中心に発信しています。

今なら爆発的にマイルを貯める攻略方法をまとめた動画講座をプレゼント中です!

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にめちゃめちゃ好評なので、ぜひメルマガ登録しておいてください。(※もちろんウザかったら3秒で解除出来ます。)

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!