セレブの楽園!?マイアミビーチを10倍楽しむオススメ観光情報

マイアミと言えば、イチロー選手やセレブを思い浮かべる人も多いと思いますが、何と言っても魅力はビーチです。マイアミの観光といえば、ビーチで日光浴か海水浴が何よりオススメです。

本当にビーチがキレイで、見渡す限り永遠と続く白い砂浜は、見ていてすがすがしい気持ちになれます。こんな砂浜を日本で見ることは絶対に出来ません。

そして、今回は、実際にマイアミビーチに行ってみて感じたマイアミビーチで10倍楽しむ方法についてご紹介したいと思います。

サウスビーチ(アールデコ地区)

f:id:libertyfactory:20161003083837j:plain f:id:libertyfactory:20161003012833j:plain

マイアミの中でも最もリゾートや観光に適した地域と言われ、マイアミ観光の中心地として昼夜を問わず多くの人で賑わっているエリアです。1920年代にフランスで流行したアールデコ調の建物が立ち並び、昼は明るい陽射しのもとでパステルカラーが鮮やかな可愛さが印象的です。日没頃には、ネオンライトが街中を灯し、賑やかなナイトライフを過ごすことができます。

サウスビーチのアールデコ地区は、マイアミデザイン保存連盟という政府機関による保護を受けているため、100年近い歴史ある貴重なアールデコ様式のホテル、カフェ、レストランが点在し、個性的な雰囲気を醸し出しています。

このエリアはビーチも楽しいですが、街歩きをしていても楽しいエリアです。

f:id:libertyfactory:20161003083838j:plain

ビーチは砂浜が本当にキレイです。セレブな街だからなのか。ゴミ箱が置いてあるとゴミが出ないのか。全然ゴミが落ちていません。

f:id:libertyfactory:20161003083818j:plain f:id:libertyfactory:20161003012844j:plain

そして、サウスビーチのメイン通りとも言われるオーシャン・ドライブ(Ocean Dr.)は、有名モデルがファッション雑誌の撮影に訪れることでも知られています。

オシャレなカフェやレストラン、クラブやバーが並び、マイアミの若者だけでなく、観光客の定番スポットになっています。

日本食が恋しくなり、寿司を食べました。

f:id:libertyfactory:20161003012837j:plain

寿司と言ってもここはアメリカ。出てくるのはカルフォルニアロール。

f:id:libertyfactory:20161003012839j:plain

味噌汁に期待したけど、やっぱり濃すぎてしょっぱい。

f:id:libertyfactory:20161003012836j:plain

サウスビーチの夜。

f:id:libertyfactory:20161003012832j:plain f:id:libertyfactory:20161003012834j:plain f:id:libertyfactory:20161003012830j:plain

海沿いの賑わっている通りを1本中に入ると、一気に静かになります。お土産屋さんが点在しています。それにしても建物が独特でかわいい。

f:id:libertyfactory:20161003012841j:plain f:id:libertyfactory:20161003012843j:plain f:id:libertyfactory:20161003012842j:plain

サウスビーチの定番スポット オーシャントライブの場所

マイアミビーチエリアからはどこからでもバスが出ているので、バスで行くことをオススメします。

ホーローバービーチ(Haulover Beach):ヌーディストビーチ

f:id:libertyfactory:20161003083827j:plain

日体大の先輩とマイアミ男2人旅をしていたわけですが、何やら先輩の目が輝き出した瞬間がありました。

「山際、ええとこ見つけたで、とりあえず行こか。準備しいや。男なら経験しとかなあかん場所があんねん」と。

ホテルからバスに乗ること約30分。男2人でヌーディストビーチにやってきました。「え?マイアミにあるの?」と思ったんですが、先輩の嗅覚の鋭さに頭が上がりません。

先輩のテンション高めです。いや、完全に上がりきっていますね。

f:id:libertyfactory:20161003083824j:plain

普通のビーチと隣り合わせになっていて、看板と簡易的な柵で仕切りが作られています。いよいよビヨンド・ザ・ヌーディスト。

f:id:libertyfactory:20161003083826j:plain

ヌーディストビーチエリア内に売店があるんですが、みんな全裸状態で物を買いに行くんですよね。羞恥心がないようで、僕らにとっては何とも衝撃的。恐るべしヌーディズム。

f:id:libertyfactory:20161003083839j:plain

ホーローバービーチでは、何だか面白い構図になっていて、カップルで来ている人が固まるエリア。おじさんおばさんが固まるエリア。男だけが固まるエリアと、不思議とグループ化されていました。

男だけが固まるエリアは何だか独特な雰囲気が漂っていて少し怖かったです。

f:id:libertyfactory:20161003083819j:plain

こういう人たちがたくさんいます。もちろん男女どちらも。

f:id:libertyfactory:20161006052842j:plain

「郷に入りては郷に従えや。脱がんわけには何も始まらへんやろ。」と、スッと脱いで海に突っ走る先輩。

f:id:libertyfactory:20161006053028j:plain

そして、こんな写真を撮ったりして完全に溶け込んでいましたね。

f:id:libertyfactory:20161003083832j:plain

そして、日体大といえばやっぱりこれ!エッサッサをやらずにはいられません。iphoneのセルフタイマーをセッティングしてポーズを決めます。

f:id:libertyfactory:20161003083836j:plain

何事も経験が人を成長させると言いますが、人生に一度あるかないかの経験でした。

ヌードに対する捉え方の違いが日本人的な価値観とは大きく違うんだなと感じましたが、どちらかと言うと羞恥心にこそ美学があるんだなと色んな事を再確認することが出来ました。すっぽんぽんが日常になってしまったらやっぱりダメですね。

ただ、一度は訪れてみてもいいのではないかと思います。こんな光景は絶対に日本では見ることが出来ないので、10分見て回るだけでもいいので、訪れるべきだと思います。

世界は思っていた以上に広いんだなということを実感出来ますよ。

マイアミのヌーディストビーチ ホーローバービーチの場所

ここもマイアミビーチエリアからバスで行ける範囲なので、バスで行くことをオススメします。

マイアミビーチでのアクティビティ

ビーチにいると、ヘリコプターやセスナがたくさん飛んでいる事に驚きました。気になって調べてみたら、どうやらセスナ遊覧飛行というツアーがあるようです。

何ともセレブな遊び方ですが、これも一生モノの経験となりそうですね。

【最低価格保証】マイアミのオプショナルツアー予約なら VELTRA

その他にもカヤックやイルカとのふれあい体験などもありますので、昼も夜もたくさん遊ぶことが出来ると思います。

ぜひマイアミでのいい旅を!

マイアミの他の記事はこちら

>>>マイアミに行ったら絶対行っておきたいリトルハバナ!治安・観光情報まとめ

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する