バンクーバーグルメ食べ歩き【10】超穴場のワイナリーレストラン「CITYSIDE WINERY」をご紹介

オシャレで雰囲気も良く、料理も美味しくて、デートにも使えて、混雑しておらずゆっくり話が出来るお店。

バンクーバーにそんなレストランあるの?と思ってしまいがちですが、あるんです。

そんな時は、今回ご紹介する「CITYSIDE WINERY」がおすすめです。

その魅力をご紹介します。

CITYSIDE WINERY(シティサイドワイナリー)とは?

雰囲気良し。オシャレ。混雑していない。料理が美味しい。ワインが美味しい。そこまで高くない。

という驚くほどのコスパが良いお店です。

このお店に関しては、文章でお伝えするよりも写真を見て頂いた方が伝わると思うので、写真をメインで語りたいと思います。

思わず「うわぁ〜素敵〜」と言ってしまう店内のインテリア

まずは、店内の全体写真です。木をベースにした内装はすごく暖かみがあって、心地いい空間。

テーブル席のイスの背もたれが可動式になっていて、クルクル回るように設計されています。

座る姿勢に合わせて背もたれが動いてくれるので、リラックス効果が期待出来ますね。

あまりこういう表現は使い慣れていないのですが「美しい」という言葉がピッタリくるのではないでしょうか。

手前の円形のものは、レコード盤をメニュー表にしたものです。キャンドルが雰囲気を掻き立ててくれています。

お店の名前にワイナリーとつくだけあって、たくさんのワインが並べられています。見せ方もキレイですね。

覗きたくなるキッチンカウンター。

家がこんなリビングだったらいいのになぁと、グルメ女王様達と語らっていましたが、ソファ席は特にめちゃくちゃ落ち着きます。

ソファ席から眺める店内。

ある一角にこのようなテーブル席があるんですが、映画のワンシーンに出てきそう。しっぽりご飯を食べたりお酒を飲むには最高の席ですね。

トイレまでの道。まるで星付きホテルのような雰囲気が演出されています。圧巻です。

料理・飲み物を注文してみた

レコード盤をメニュー表にしていて、非日常感をさらに掻き立ててくれます。

まずは、お任せ白ワイン4種を注文。

白ワインが1種類無かったので、赤ワインが1つ混ざっています。これで14ドル=約1,150円。

各ワインの説明が書かれた紙があるのも乙な感じでいいですね。

ナプキンペーパーに、お店のスタンプがプリントされています。凝ってますよね。

ピザを注文。薄めの生地でエビとルッコラが乗っかっていました。Good!!

調子に乗って写真撮影大会が始まる

雰囲気の良さのあまり「このお店の魅力を写真でどう伝える?」というテーマで写真撮影大会開始。

上記写真では1ミリも伝わりませんね。CDジャケットをイメージしたらしいです。

こちらはまあまあって感じですが、脱ぎ捨てっぱなしのジャケットや着ている服との季節感がアンバランスすぎて、雑情報でしかありません。笑

という感じで楽しく過ごせたお店でした!

めちゃくちゃゆっくり過ごせるので、ゆっくりしたい、デートで使いたい場合は超おすすめなお店でした!

CITYSIDE WINERY(シティサイドワイナリー)の行き方・場所・営業時間

電車での行き方は、カナダラインのOlympic Village(オリンピックビレッジ)駅から徒歩3分です。

ダウンタウンから2駅5分くらいで行けるので、気軽に行けます。

住所:328 W 2nd Ave, Vancouver
営業時間:16:30-23:00
定休日:日・月
電話番号:+1 604-428-6072
HP:http://www.citysidewinery.com/

まとめ

完全に穴場のお店なので、めちゃくちゃおすすめです。

HPを見てみると、ケータリングやイベント、ミーティングにも使えるようなので、重宝するお店なのではないでしょうか。

HPもオシャレなので、ぜひ覗いてみてください。

こちらのお店のyelpで高評価のお店でした。yelpはバンクーバーで信頼度の高いアプリだと思うので、活用してみるとレストラン選びの選択肢がグーーンと広がると思います!

美味しい穴場レストランをお探しの方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

参考:日本人在住者もあまり知らないバンクーバーのおすすめグルメレストラン11選

なぜこんなにも好き放題旅が出来ているの?

  • 旅を仕事にしたい人
  • 好きな事を仕事にしながら旅をしたい人
  • しっかり稼ぐけど自由気ままに生きたい人
  • 最新の旅行術を知りたい人

に向けて表では言いづらい刺激的な秘密をメルマガで書いています。

自由なライフスタイルを送りたい旅好きな人にとって満足度100%のメルマガはこちらからご登録出来ます。

>>>クリックしてメルマガに登録する

この記事が役に立ったらみんなにシェアしよう!