日本人在住者もあまり知らないバンクーバーのおすすめグルメレストラン11選

旅と言えば、現地のローカルフード。せっかくなら現地の美味しい食べ物にありつきたい。

食べ物が旅の思い出を色鮮やかにしてくれる要素になるのは間違いありませんし、なるべく失敗したくないものです。

しかし、カナダは多国籍国家&移民大国という文化があるため、あまりローカルフードがありません。

逆に捉えると、多国籍であるがゆえに様々な国の本格料理が、バンクーバーで楽しむことが出来ます。

レストラン巡りで世界一周が出来てしまうんです!

そんな独特な文化のあるカナダ・バンクーバーでのグルメをご紹介します。

ちなみに、観光客はもちろん現地に住む日本人もあまり知らない穴場を巡ってきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【1】イタリア料理:campagnolo(カンパニョーロ)

場所は、メインストリートサイエンスワールド駅から徒歩5分。

最高にオシャレで雰囲気が良く、デートにもピッタリ。料理も美味しいです。日本人はほぼ皆無です。

1人当たりの予算は15〜20ドル。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【1】 絶品イタリア料理店「campagnolo」をご紹介

【2】カナダ流ダイニングBar:ST.AUGUSTINE’S(オーガスティン)

場所は、コマーシャルブロードウェイ駅から徒歩1分。

ナチョスが絶品。そして、日本ではあまり馴染みのないヤムイモフライが堪能できます。

クラフトビールが100種類楽しめるカナダらしさを楽しめます。

1人当たりの予算は15〜20ドル。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【2】100種類のクラフトビールが楽しめる「ST.AUGUSTINE’S」をご紹介

【3】クラフトビール専門店:CRAFT Beer Market(クラフトビールマーケット)

場所は、メインストリートサイエンスワールド駅から徒歩10分。

正直、ご飯のコスパは最悪ですが、ビール好きには最高のお店。

クラフトビールの種類は100種類以上あり、まるでビール博物館のようになっている店内が特徴的。

1人当たりの予算は20ドル(ビールを飲む量による)。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【3】100種類以上のクラフトビールが楽しめる「CRAFT Beer Market」をご紹介

【4】ウクライナ料理:Ukrainian Village Restaurant(ウクレイニアビレッジレストラン)

場所は、ダウンタウンのデンマン通りとロブソン通りの交差するところにあります。

最寄り駅のバラード駅から徒歩20分以上かかるので、バスを使っていくのがおすすめです。バラード駅から5番のバスでたどり着けます。

ロールキャベツとペローギ(ウクライナ風野菜の水餃子)は、どこか安心する味です。

1人当たりの予算は15〜20ドル。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【4】ウクライナ料理が楽しめる「Ukrainian Village Restaurant」をご紹介

【5】エチオピア料理:HARAMBE ETHIOPIAN RESTAURANT(ハランベエチオピアンレストラン)

場所は、コマーシャルブロードウェイ駅から徒歩5分。

エチオピアでは、シチューを酸味のあるパンケーキに巻いて食べるのが主流だそうです。

上記写真は、シチューとパンケーキです。

エチオピア料理も滅多に食べることが出来ませんが、冒険したくない方は避けるべし。

1人当たりの予算は10〜15ドル。

上記写真のものを2皿注文して、6名で割り勘して、1人1,000円(チップ込)。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【5】エチオピア料理が楽しめる「HARAMBE ETHIOPIAN RESTAURANT」をご紹介

【6】レバノン料理:nuba(ヌバ)

場所は、ウォーターフロント駅orグランビル駅から徒歩約5分。ガスタウン方面にあります。

グルテンフリー、ベジタリアン、ビーガンにも対応している健康的な食事が出来ます。

料理はめちゃくちゃ美味しいです。

1人当たりの予算は15〜20ドル。上記写真は16ドル(チップ込で約1,500円)。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【6】レバノン料理がヘルシーで旨い!雰囲気も良し!「nuba」をご紹介

【7】キューバ料理:HAVANA Restaurant(ハバナレストラン)

場所は、コマーシャルブロードウェイ駅から徒歩15分。

キューバっぽい雰囲気が出ていてすごく良かったです。ご飯もGood!!

上記写真以外に、タコスとビールを注文して、2人で3,700円(チップ込)。

1人当たりの予算は、お酒を飲まなければ12〜19ドル(1,000〜1,500円)。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【7】濃厚なキューバ料理を味わえる「HAVANA Restaurant」をご紹介

【8】カンボジア料理:Phnom Penh(プノンペン)

場所は、メインストリートサイエンスワールド駅から徒歩10分。

劇的に美味さを感じたことで、自分がアジア人であることを実感。

路地裏的な場所にあるので、人が来にくそうなんですが、ピーク時はかなり混雑して行列になります。

上記写真の生肉のパクチーサラダ?以外に、Luc Lacとフォーを注文して、2人で3,600円。

1人当たりの予算は、1,000円〜1,500円ほど。上記写真のものはちょいと割高でした。

衝撃が走りましたね。美味すぎて。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【8】カンボジア料理で話題のレストラン!「Phnom Penh」をご紹介

【9】タイ料理:KIN KAO Thai Kitchen(キンカオタイキッチン)

場所は、コマーシャルブロードウェイ駅から徒歩20分。

本格的なタイ料理を堪能できます。辛さもしっかり。

店内がかなりオシャレなので、女性一人でも行けちゃいます。

上記写真のものは15ドル(約1,200円)。1人当たりの予算は15〜20ドル(1,200円〜1,600円)。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【9】本格タイ料理を堪能できる「KIN KAO Thai Kitchen」をご紹介

【10】ワイナリー:CITYSIDE WINERY(シティサイドワイナリー)

場所は、オリンピックビレッジ駅から徒歩3分。

完全に最高にオシャレ。しかも全然混まないので、超穴場です。個人的に超絶おすすめです。

ゆっくり話しながら食事を楽しんだりデートに最適です。女性を口説くにもピッタリではないでしょうか(笑)

1人当たりの予算は、何とも言えませんね。金額は普通のレストランと同じくらいです。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【10】超穴場のワイナリーレストラン「CITYSIDE WINERY」をご紹介

【11】ギリシャ料理:Mediterranean Grill(メデイテレーニアングリル)

場所は、イングリッシュ・ベイから徒歩2分。

ここに行ったらラム肉を食らうべし!最高に旨いギリシャ料理が身体を喜ばせてくれます。

1人あたりの予算は7〜12ドル(600円〜1,000円)。財布に優しい金額です。

レビュー記事:バンクーバーグルメ食べ歩き【11】ラム肉が旨いギリシャ料理「Mediterranean Grill」をご紹介

まとめ

いかがでしたか?

日本にいると、珍しい国のレストランがあるので、日々レストラン選びに苦労しました。選択肢が多いって時に苦しいですよね。

ただ一つ分かったことは、どこの国の料理も美味しいんだということです。

毎日違った国の料理が食べられるのは、本当に幸せでめちゃくちゃ楽しかったです。

レストラン選びは、ダウンタウンエリアだけで探すのではなく、電車で2〜3駅の範囲まで広げると、かなり選択肢が増えて、しかも美味しい食事にありつける確率が上がります。

ぜひ、行動範囲をもう少し広げてみてください!

生涯旅人というライフスタイルを構築する方法


・ハワイ行きのビジネスクラス航空券を無料でゲットする方法
・70%OFFになるホテル予約術
・ワガママなライフスタイルを構築する方法
など、貯金を切り崩して旅をするのではなく、お得にかつお金を稼ぎながら旅をするために役立つ情報が満載です!

そして、何やらここでは言えない期間限定の 『超豪華特典』が付いています。

今のうちにゲットしてくださいね。
それでは、メルマガでもお待ちしています。